ライブチャット AV

SE⇒介護職へ転職した体験談!

 

 

私は5年前にSEから介護職へ転職した経験があります。 まずは、転職する為には、自分がどんな人間になりたいか考えた時に今までマシン相手に仕事をしていて、人と話せるようになりたいと思ったのがきっかけです。

 

近くのハローワークに行くと福祉専用窓口があり、そこで話を聞いた結果、年齢関係なく始めることができ、今後の社会でも活かせる職業だと思ったので、目指すことに決めました。

 

福祉業界では、特に未経験の場合は資格が重要視される業界になります。未経験でも取得できる資格としてヘルパー2級がのぞましいとのことだったので、早速ハローワークから職業訓練校に応募しました。

 

ちなみに、職業訓練校の介護過程を修了すると、ヘルパー2級の資格が取得できます。これは、介護職の為の新人研修のような講習でした。

 

幸い応募した結果、試験に合格して入学することができました。2か月だけだったといえど、自分が知らないことばかりだったので、とても視野が広がりました。実際に職務体験や介護実習により、現場の雰囲気を体験することもできました。

 

何よりも同じ境遇の仲間が出来たことが嬉しかったです。就職活動は基本的に訓練期間が終わってからでしたが、その後も皆とは連絡を取り合っていました。色んな情報交換ができて楽しかったです。

 

やはり、どこの施設もヘルパー2級を所持しているだけでも印象は大分ことなり、複数の施設に内定を頂くことができました。中でも3か月間はトライアルといって、未経験者向けの訓練システムを採用している施設があったのでそこに就職しました。

 

就職してからはいろいろと大変なこともありますが、なんだかんだ楽しみながら仕事を続けています。

 

 

 

他業界への転職は早いうちに!

 

今回はSEから介護業界に転職した人の体験談をご紹介しましたが、基本的に他業界への転職は早めに行うことをおススメします。

 

というのも、年齢がたつにつれて他業界への転職がどんどん難しくなっていくからです。やはり、若ければ若い方がポテンシャル採用をされる可能性もあがりますからね。(詳細についてはこちら⇒○年目で会社を辞めたい!転職におススメのタイミングは!?

 

 

介護業界などの人材が慢性的に不足しているような業界だと話は違うかもしれませんが…。ただ、何にせよ他業界への転職は早めに考えられることをおススメします。

 

 

このページの先頭へ