ライブチャット AV

【注意】アパレル販売員がヘッドハンティングされた時の注意事項

 

私は学生時代にアパレル販売員のアルバイトをしていて、大学卒業と同時に一度は一般企業へ就職したものの、その後中途入社でアルバイトをしていた会社とは別のアパレル会社へ正社員として転職しました。

 

最初は研修生からのスタートでしたが、5年働き、退職する時には店長を任せられていました。

 

 

どんな人がヘッドハンティングされやすい?

 

アパレル販売員は給与など待遇面のアップを狙い、転職する方も多い業界なのですが、私が入社してまだ下っ端だった頃に私の店舗近隣を管理していたエリアマネージャーがヘッドハンティングされました。

 

ヘッドハンティングはアパレル業界ではよくある事で、ヘッドハンティングされる方というのはとても優秀な人材であることは間違いないのですが、具体的にどのような方がヘッドハンティングされるかというとまずは販売力のある方です。

 

 

そもそも企業側が欲しいと思っているのは、即戦力となる人材です。つまり販売職においては即戦力=売上を作れる方であり、個人ノルマを常に達成している方は販売力がある人材と評価されます。

 

また単に数字としてノルマを達成するだけでなく、ノルマを達成する為にさまざまな戦略を考え、実行出来ることも販売力のうちと言えます。

 

 

そして顧客を多く抱えている販売員もヘッドハンティングされやすいと言えるでしょう。上記の販売力と同じく重視されるポイントは顧客様をどれだけ多く持っているかというところです。

 

なぜなら顧客様というのはショップやブランドだけではなく販売員そのものにつくものだからです。絶大な人気がある販売員が別のショップに異動、また転職した場合に顧客が移ってくるという現象もよくある事です。

 

 

また販売職で欠かせないのが、お客様を笑顔で接客できる人材です。ブランドや企業ではブランドイメージを作り出すために、外見に対して独自の基準を設けているところも多くありますが、実際にお店を覗いてみると、素敵な笑顔を向けてくださる販売員の方が多いことに気づくと思います。

 

持って産まれた容姿は、簡単に変えられるものではありませんが、輝くような笑顔はその人次第で作れる事ができます。

 

 

ヘッドハンティングされた時の注意点は!?

 

以上の事を満たしているアパレル販売員は優秀と判断されてヘッドハンティングの声がかかる機会もあると思いますが、ヘッドハンティングの声がかかった時に注意しなければいけない事があります。

 

まず自分のどのような能力を買われてヘッドハンティングされているのかを明らかにしてもらい、自分はどのような待遇面を重視するのか、役職か給与面かをしっかりと考え、今の環境と比較して待遇面を交渉する事が大切です。

 

もしもヘッドハンティングの条件に満足できないのであれば、転職エージェントを利用して求人を紹介してもらい、求人の条件を比較してから転職することでより後悔の少ない転職が可能となるので、自分でよく考えて決断するようにしましょう。

 

『販売員』検索結果【クリーデンス】

 

 

クリーデンスというアパレル専門の転職エージェントです。ヘッドハンティングされるほど優秀な人なら、より有利な条件での転職先が見つけられるかもしれませんね。

 

別に転職先だけではありませんが、なんでも大切なのは情報収集そして比較です。よりいい転職先を見つけたいのであれば、より多くの求人情報を入手されることをおススメします。

 

 

 

 

このページの先頭へ