ライブチャット AV

アパレル販売員を辞めて事務職に転職するメリット&デメリット

 

私は学生時代にアパレル企業で2年間ほどアルバイトをして、その後他の職種で就職したのですが、アパレル企業に中途入社で正社員として転職して5年間ほどアパレル販売員をしていました。

 

そして最終的には店長として接客の他にも店舗管理や部下の管理などマネジメント業務も経験してきました。

 

アパレル販売員を辞めたくなる理由&事務職を希望する理由

 

アパレル販売員は一見華やかな職業に見えますが、なかなか「好き」という感情だけで続けるのが困難な仕事でもあります。その主な理由が…

 

  • 一日立ちっぱなしだったり、意外に肉体労働が多い
  • ノルマがあるため、精神的にも辛い
  • サービス業なので土日や祝日などは出勤
  • 洋服を購入しなければならないので必然的に可処分所得(自由に使えるお金)が少なくなる
  • ヘアスタイルやヘアアレンジなどにもお金がかかる

 

といったあたりにあります。つまり給料が安く、精神的にも肉体的にも辛く、不規則な勤務形態ということですね。この条件で長く働けるということは、ある意味この仕事が天職なのではないでしょうか。

 

そんな人に関してはぜひアパレル販売員を続けて頂ければと思いますが、現実は「そろそろ限界…」と転職を考える人が後を絶ちません。(私の回りでは特に30代を境に転職を考える方が多かったように思います。)

 

 

そしてアパレル販売員として働いていて転職を希望する時に将来性を考えて「事務職」を希望する人は非常に多いです。事務職に転職することには大きなメリットがあるからです。

 

  • 事務職だと年齢に関係なく働き続けられる(年齢が上がるとアパレル販売員は体力的に辛い)
  • 事務職はカレンダー通りの休日である会社が多い
  • 給与が今までよりは多く頂ける事がほとんど(アパレル企業は正社員の求人も多く、他職種に比べると正社員での就職はしやすいですが、給料などやボーナスは低く、私が働いていた周りでも中々貯金できないというスタッフは多かったです。)
  • ノルマが無い

 

現在、アパレル販売員として働いているものの「辞めたい」「転職したい」と考えている人にとってはなんとも魅力的な条件かと思います。

 

 

アパレル販売員から事務職に転職するデメリットは?

 

このようにアパレル販売員から事務職へ転職をするメリットはたくさんあるので転職したいと思う人が多いわけですが、実は事務職に転職することによるデメリットもあります。

 

それが事務職の仕事は評価されずらいということでしょうか。恐らく、この部分がアパレル販売員の仕事と最も違うのでは、と思います。

 

事務職の仕事は評価されずらい

 

事務職は楽だというイメージを持っている方は多いと思いますが、事務職は企業の中でもあまり目立つ仕事ではない分、自分がした仕事を評価されにくいです。

 

アパレル販売員ならば個人売上を設定している企業が多く、個人売上の達成度合いで評価される事も多い業界ですが、事務職はどちらかというと「できる事が当たり前」と周りからも思われている事が多いので、仕事に対するモチベーションを保ちにくいです。

 

 

このため、褒められたり評価される事で仕事に対するモチベーションを保てていたという人にとって、事務職は何か物足りないと感じられるかもしれません。なので「売り上げを達成したときにやりがいを感じられる!」という人は事務職より、営業などの方が向いているかもしれませんね。

 

 

アパレル販売員から事務職に転職する時の注意点?

 

このようなメリットとデメリットをしっかりと認識した上でそれでも事務職に転職したいという場合、特に大切なのが”志望動機”をよく考えることです。

 

アパレル販売員と事務職はそもそも仕事内容が大きく違うため、「なんでこの人は事務職に転職したいんだろう…」と採用側の企業から疑問に思われることは間違いありません。

 

ここでしっかりとした志望動機を答えられなければ面接で落とされる可能性も非常に高くなります。そこで利用して頂きたいのが転職エージェントです。

 

転職エージェントに登録することによって相談可能となるキャリアアドバイザーは、何人もの希望者を転職に導いているため、志望動機の”作り方”についても素晴らしいアドバイスをもらえることが多いですので。

 

そして転職エージェントの中でも他業界に転職するのにおススメなのがDODAです。

 

DODA

 

通常、転職エージェントはキャリアアドバイザーが転職希望者からヒアリングを行い、求人を紹介するのですが、DODAの場合…

 

  • キャリアアドバイザー(ヒアリング)
  • 採用プロジェクト担当(求人紹介)

 

の2名から転職サポートを受けられます。キャリアアドバイザーがあなたの希望をヒアリングし、そして企業が求めている人物像を深く理解している採用プロジェクト担当が求人の紹介を行うため、より転職時にありがちなギャップを少なくしつつ、転職に望めるでしょう。

 

他業界(他職種)に転職する際はあなたが想像している以上に企業とあなたとの間でギャップが大きくなりがちです。なので、DODA のような転職エージェントに頼りながらうまく転職活動を進めて頂ければ幸いです。

 

 

「事務職に転職したい!」というアパレル販売員の方の参考になれば幸いです。

 

 

このページの先頭へ