ライブチャット AV

子育てをしながらアパレル販売員として働く上での注意点は?

 

私は学生時代に2年間アパレル販売員としてアルバイトをして、その後大学を卒業後、一度は一般企業に就職したものの中途入社で転職して、再度アパレル会社で正社員として5年間働いていました。

 

中途入社で最初は研修生として働いていましたが、退職する時には店長を任されていました。

 

 

結婚しながら働いていたアパレル企業のエリアマネージャー

結婚しながら働いていたアパレルマネージャー

 

アパレル企業では入れ替わりが激しい会社が多く、結婚して子供がいてアパレル販売員として正社員で働いているという人はそう多くはないのですが、私が店長していた時の直属のエリアマネージャーは結婚して子育てをしながらアパレル販売員として仕事をされていました。

 

その人は規模の大きい店舗に配属され、さらにエリアマネージャーですので、担当店舗を視察したり新店舗の立ち上げ、そして社員採用の面接など仕事内容も多義に渡っていますが、今ではお子さんが3歳になり、今でも仕事を続けておられます。

 

その人がここまで仕事をしっかり続けられたのは、まずは会社自体が女性が結婚や妊娠をしても長く働ける会社であるように産休や育休はもちろん、正社員でも6時間や4時間雇用の制度が整えられていたためです。

 

なので、他のアパレル会社よりは仕事と家事、育児を両立しやすい職場環境だったと言えるでしょう。

 

また私はその人の御主人も知っているのですが、御主人がとてもアパレル販売員の仕事を理解してくれていて、セール時期などは帰宅が遅くなっても御主人が家事や育児をしてくれるから大丈夫というようにおっしゃてました。

 

 

どのようなアパレル企業が子育てしながら働きやすい?

どのようなアパレル企業が子育てしながら働きやすい?

 

このようにご主人の理解の他、子育てをしながらアパレル販売員として仕事をするのであれば両親の助けも必要ですし、私の会社はこのように子育てをしながら働ける環境が整っていましたが、働き方を正社員ではなくパートやアルバイト、派遣などに変えるという選択肢もあると思います。

 

また、アパレル会社でも子育て中のママが働きやすいショップとそうでないショップがあり、子供服の取り扱いをしているショップや、ターゲットをママ世代にしているショップなどでは必然的にスタッフに同じような子育て中の人が集まりやすく、働きやすいのでは思います。

 

 

アパレル販売員は若い人がとても多いですし、子育てをしながら仕事をする大変さは子育てを経験している方でないと理解しにくいかと思います。

 

子供の急な体調不良などは子供を育てている方であれば当たり前のように思えますが、育てた事がない人には想像のつかない事であり、子供のせいで急きょ仕事を休んだりしていると「あの人また休んでいる」と非難の目を向けられ、店舗にいづらくなる可能性も考えられます。

 

 

子育てをしながらアパレル販売員をしたいのであれば、雇用形態やアパレル会社の年齢層色々な視点から自分で見て、働きやすいと思える会社を選ぶようにしたいところですが、そういったアパレル企業を探すのにおススメなのがクリーデンスでしょうか。

 

アパレル経験を活かせる求人多数!【クリーデンス】

 

 

クリーデンスはアパレル企業専門の転職エージェントなので、アパレル企業の求人の豊富さはもちろんのこと、専任のキャリアアドバイザーもアパレル業界に精通しているため、手厚いサポートが受けられるでしょう。

 

アパレル業界での転職を考えている方にとって非常におススメのサービスですので、転職を考えている方は一度利用してみて頂ければと思います。(登録も5分で完了します)

 

 

「子育てしながらもアパレル販売員として働きたい!」と考えている方の参考になれば幸いです。

 

 

 

このページの先頭へ