ライブチャット AV

【売れない!】アパレル販売員としての向き不向きってあるの?

 

 

私は学生時代にアパレル販売員のアルバイトをしていて、大学卒業と同時に一般企業に就職したものの、その後中途入社でアルバイトをしていた会社とは別のアパレル会社へ正社員として転職しました。

 

中途入社して研修生としてのスタートでしたが、その後5年間勤め、退職する時には店長を任されていました。

 

 

アパレル販売員に向き不向きってあるの?

 

私が実際にアパレル販売員として働いていて感じましたが、アパレル販売員には向き不向き、適性は確実にあると思います。それではここからは、私が実際に感じた「こんな人はアパレル販売員に向いていないのでは…」という特徴を紹介していきたいと思います。

 

 

ファッションについて勉強する気がない

ファッションについて勉強する気がない

 

私が働いていた会社でも個人ノルマというものはありましたが、私は個人ノルマを常に達成する事ができていました。

 

私はアパレル販売員のアルバイトはしていたものの、転職して正社員になるまではアパレル販売員として洋服に対する知識などは持っていなかったので、まずは個人ノルマを達成するために洋服についての勉強やその時のトレンドついて雑誌を読んで一生懸命勉強するようにしていました。

 

特にトレンドについては洋服だけでなく、メイクやヘアスタイルなどについてもしっかり把握してヘアスタイルについてはできるだけトレンドのアレンジができるように自分の髪の毛で何度も練習しました。

 

 

アパレル販売員として個人ノルマを常に達成するには、ただ洋服についての説明だけができたらいいのではなく、洋服と合うメイクやヘアレンジなどもある程度知っておいた方が会話が広がりますので、可愛いヘアレンジをしたりアクセサリーを付けたりしてお客様と会話を盛り上げる事ができる工夫をしていました。

 

そうすることでお客様からも自分の事を覚えておいて頂ければ、また来店してもらえる可能性もあがり、そうして自分の「顧客」を作ることによって個人ノルマを安定させることができました。

 

また、1点洋服を購入してくれそうだなという雰囲気を察する事ができればその洋服に合うインナーやボトムス、アウターなどを提案してセット売りを心がけ、お客様1人あたりの客単価をできるだけ上げて個人ノルマを達成していました。

 

私の周りでも同じようにセット売りを心がけているスタッフは常に個人ノルマを達成する事ができていましたし、そのスタッフも常にヘアアレンジやネイルなど自分磨きをしていて、同じ店舗の私から見ても洋服を買うならあの販売員さんにアドバイスして欲しいなと思うような方でした。

 

 

他人の話を聞くのが苦手な人

他人の話を聞くのが苦手

 

アパレル販売員はどうしてもお客様に接客しに行かなければいけませんので、人と話す事が苦手な方は向いていないように思いますが、では逆に「人と話すのが好き!」ならアパレル販売員に向いているのかというとそうではありません。

 

もしあなたが人見知りなのだとしても、人見知りは(病的なレベルでもない限り)トレーニングによってある程度改善できます。もっと大切なのが「人の話を”聞く”ことが得意か」どうかです。

 

もちろん、最初はアパレル販売員のほうからお客様に話しかけるわけですが、アパレル販売員の最終的な目標はお客様のニーズ(手ごろな値段のスカートが欲しい、高くてもいいから○○なデザインのTシャツが欲しいなど)を聞き出して、そのニーズにマッチする商品を提案することです。

 

 

なのでお客様との会話のなかでうまく質問し「何が一体欲しいのか」をお客様自身に話してもらう必要があるのです。このため、友人や知人との会話において「気づけばいつも自分が話している側」という人は、もしかするとアパレル販売員としてあまり向いていないのかもしれません。(もしあなたが”聞くのがうまい”なら相手が必然的に多く話しているはずですので)

 

 

目標を達成することにやりがいを感じられない

目標を達成することにやりがいを感じられない

 

また、アパレル販売員として働いていると必然的にノルマを課せられるようになります。恐らくこれは、どのようなアパレルショップでも同じだと思います。

 

私の働いていたアパレルショップではたとえノルマを達成できなかったとしても上司から叱責を受けるようなことはなかったのですが、ショップや店長によっては「お前なんてアパレル販売員に向いてないからやめちまえ!」というようなパワハラまがいの詰められ方をするようなところもあります。

 

 

言い換えればそれだけアパレルショップにとってノルマは非常に大切な存在なのですが、人によっては「ノルマに常に追われるのが精神的につらい…」と感じる人も多いです。事実、私の回りで働いていた多くのアパレル販売員の退職理由がノルマでした。

 

もしあなたが「定められた目標を達成することにやりがいを感じられる」タイプの人間なら、ノルマを達成することによって大きなやりがいを感じられると思います。

 

しかし、もしノルマを達成したとしてもなんのやりがいも感じられず、ノルマに追われることがただただ「辛い」と感じるのであれば、ノルマの設定などない事務職のような職種の方が向いているのかもしれません。

 

 

体力的に自信がない

体力的に自信がない

 

また、アパレル販売員に体力は必須です。そもそも仕事中は常に立ちっぱなしで、夏の時期に冬物を売らなければならないため、アパレル販売員自身が暑い季節に厚手の服装をしなければならなかったり、アパレルショップは体調を崩しやすい職場環境ともいえます。

 

また、アパレル販売員は服の入った重たいダンボールを運ばなければならなかったりとかなり重労働だったりします。このため、体力がある人じゃないと長く続きません

 

言い方を変えれば「服が好きだから!」「お客様と話すのが好きだから!」といった理由だけでは続けられない厳しい職業ともいえます。なので、子供の時からあまり体力に自信がないのであれば、早めにあなたにあった仕事を探すべきかもしれません。

 

 

適正が無いからといって落ち込む必要はない

 

ここまで、私が実際に働いていみて感じたアパレル販売員の向き不向きについてご紹介しましたが、例え今回ご紹介した不向きの特徴にあなたが複数当てはまったからといって別に落ち込む必要はありません。

 

誰にでも向き不向きはあります。自分が向いていない職業で働くのは「身長が低いのにバレーボールのプロ選手を目指す」ようなものです。たしかに努力することで得られるものはあるでしょうが、「自分が向いていない」と分かった時点でより自分に向いている職業を探すべきだと思います。

 

 

なので、「アパレル販売員としでやれるだけのことはやった」ものの「どうしても結果がついてこない…」というのであれば、他の仕事にトライしてみるのもいいかもしれません。

 

アパレル販売員から違う業界へ転職!何が一番改善された!?

 

 

もしアパレル業界から他の業界に転職しようと考えているのであれば、実際に他の業界へ転職した人の体験談が書かれている上のページが少しは参考になるかもしれませんのでよければご確認ください。

 

「自分ってアパレル販売員に向いていないんじゃ…」と疑問に思っている方の参考になれば幸いです。

 

 

 

このページの先頭へ