ライブチャット AV

売れる?売れない?住宅の営業の向き不向きについて!

 

私はこれまで戸建て住宅の営業を行って14年が経過しますが、未だに難しい仕事だと感じることがあります。

 

この仕事内容には向き不向きがあることは理解していますが、簡単に向いているから初めてみたい、または向いていなからこの仕事内容は選びたくないと考えられる仕事内容ではありません。

 

 

住宅営業に向いている営業マンの2つの特徴

 

確かに住宅の営業マンとして結果をしっかり出している人は多くいます。そういった人の特徴としては、やはり前向きにお客様とのコミュニケーションを取ることができる人でしょう。

 

個人のお客様を対象としていますので、そのお客様と合うか合わないかは実際にコミュニケーションをとってみないと分かりません。住宅の営業は、新築の戸建て住宅の場合、とくにお客様と長期間に渡りコミュニケーションを取らなければならない仕事内容なので、どのようなお客様とも上手に接することができる人が圧倒的に有利だと言えます。

 

また、ただコミュニケーションを行うだけではなく、素晴らしい提案を行える提案力も必要でしょう。お客様と話をしながら聞き出したニーズに合うような商品(戸建て)をうまく提案できなければなかなか売れる営業マンにはなれません。

 

 

ただ、こうした能力は無理に自分自身で勉強することではありません。必要であれば、技術職の専門知識を取得している社内の者と一緒に行えば良いのです。突き詰めて考えると、最も大切なことは「お客様に提案を行いたい!」という前向きな姿勢だと思います。

 

 

売れない住宅営業マンとは?

 

反対に営業マンとして結果を出すことができない人もいます。結果を出すことができない人は、まさに結果を出すことができる人の真逆の考えの営業マンだと言えます。

 

積極的にお客様とコミュニケーションが取ろうとしなければ「お客様の本当のニーズ」を聞き出すこともできず、結果的にとんだ方向違いの提案をしてしまうことになりかねません。

 

さらいえば「そもそもお客様のために役立ちたい」という感情が心の奥底から出てこない営業マンは営業に向いていないといわざるおえませんし、そのような考えでは住宅の営業はなかなか続かないと思います。

 

お客様は人生でとても高い買い物をしようと考えています。そのお客様が必要としている営業マンは、前向きに人と接することができるコミュニケーション能力をもち、会話から聞き出したお客様のニーズと本当に合致した商品を提案するだけの提案力を併せ持った、「お客様の役に立ちたい!」と心の底から思える営業マンといえるでしょう。

 

 

「向いていないから辞める」前に考えてほしいこと

 

どのような営業職でも、営業マンにしか分からない辛い部分はたくさんあるでしょう。自分には向いていないから辞めてしまおうと考えている人も多くいるはずです。

 

しかし、まずは自分自身の営業スタイルをもう一度客観的に確認し、自分であればどのような営業マンに携わって欲しいかを考えてみてください。じっくり考えてみることで、自ずと進むべきである方向性が見えてくるはずです。

 

 

また、住宅の営業職は一般的な営業職と比べるととても過酷な状況にあることは間違いありません。人生で一番高い買い物になる可能性がある物を販売するのですから、お客様からの要望も必然的に非常に高くなりがちです。

 

ですが、だからこそ営業として成長するのにうってつけの環境といえます。ある意味、住宅の営業として結果を出せるのであれば「どんな営業職としてでもやっていける!」と自信をもっていいのではと思います。

 

 

合わせて読みたい記事はこちら⇒入社して2年以内に退職!住宅の営業が辞めた後の転職先とは!?

 

 

 

このページの先頭へ