ライブチャット AV

入社して2年以内に退職!住宅営業を辞めた後の転職先とは!?

入社して2年以内に退職!住宅営業を辞めた後の転職先とは!?

 

私は住宅営業の仕事を14年間行っており、今でも住宅の営業職として働いておりますが、今までに数多くの転職希望者を見てきました。

 

転職をしようとかんがえる理由はさまざまですが、その転職を考えるタイミングはほとんどが入社して2年以内です。

 

とても早いタイミングで転職を考えるのは、やはり厳しい仕事内容についていくことができず、早目に見切りを付けておこうと考えるのだと思います。

 

 

実際に私の後輩の転職理由で最も多かったのが「体力が続く自信がない」という内容でした。 また、人間関係などの理由も多くあります。

 

お客様とのコミュニケーションを取ることが難しいと考えて辞めてしまう人や、社内の人間関係について行けないという人もいました。

 

住宅営業の部署内の雰囲気は少し独特感があるかもしれません。さまざまなお客様のパターンがあり、やはり愚痴をこぼしてしまう社員も多くいるのです。

 

こうした中で、社内で気持ちの良い人間関係を築いていくことは簡単なことではありません。

 

また、私が転職希望者に対して相談 を受けたときは、強く引き止めるようなことは基本的にはしません。転職は若い頃におこなった方が間違いなく有利だと考えるからです。

 

 

住宅営業の転職先で多かったのは?

住宅営業の転職先で多かったのは?

 

私が相談を受けた人の実際の転職先で最も多かったのは、実は営業職でした。

 

住宅営業に転職をした人もいますが、ほとんどの人が車のディーラーの営業であったり保険の営業であったり、やはり何らかの形で営業と言う仕事に携わりたいのだと感じました。

 

 

そして私がお勧めする転職先はやはり営業職です。この仕事が天職と感じている人は多いと思います。きっとみんな、人と関わる仕事を心のどこかで望んでいるのではないかと思うのです。

 

おそらく、転職をしても過酷な状況から抜け出すことは難しいでしょう。どのような仕事内容を選んだとしても、大変であることに変わりはありません。

 

 

しかし、年齢が若いときにはそういったことまで考えることなく転職を考えるはずです。そして 転職を強く希望している人に辞めるなと言う言葉をかけることは難しいことです。

 

本人は悩んで考えた結論かもしれませんので、その考えを一瞬にして否定することは、本人にとってとても辛い言葉になるはずだからです。

 

なのでもし、今この文章を読んでいるあなたが住宅営業を辞めようと考えているのであれば、私は次の職場は「絶対に自分に合った職場を探す」ようにアドバイスしたいです。

 

辞めて転職を繰り返すことの悪循環は、将来においてとても不利な状況になることは間違いありません。必ず長く続けることができると確信できる職場をじっくり見つけて転職活動を行うようにしましょう。

 

 

営業を辞めたい人に考えてほしいこと

営業自体を辞めたい人に考えてほしいこと

 

このように個人的に住宅営業の転職先としておすすめしたいのが”営業”になるわけですが、もしもあなたが

 

「営業なんて絶対にやりたくない!」

 

と思うのであれば、転職先として営業をおススメするのはナンセンスです。

 

しかし、一言で営業といっても営業スタイルは会社によって大幅に変わります。

 

例えば飛び込み営業ですと、どうしても門前払いを食らったり罵声をお客様から浴びせられたりすることも多いと思いますが、ルート営業ならそういったこともグッと少なくなります。

 

すでに関係のあるお客様のもとへ伺うのですが、そのような対応を取られるときというのはよほどのミスを犯したときぐらいです。

 

このように、もしも現状のあなたが「営業はもういやだ!」と思っていたとしても、もう一度冷静にどうして営業が嫌なのかということを考えてみる価値はあります。(もしかすると「飛び込み営業」という営業スタイルが嫌なだけなのかもしれませんからね)

 

営業職を辞めたい人が転職時に気を付けるべき悩みについて!

 

 

上のページでは営業を辞めたい”よくある理由”別に対策ページをご紹介しているので、「もう営業自体を辞めたい…」と悩んでいる方はよければ参考にしてみてください。

 

もちろん、営業意外に挑戦したい仕事が存在するので転職する、というのであれば止めはしませんが、ただ単に「今の営業の仕事がつらいからもう営業は嫌だ!」というのであれば、あなたは一面的にしか営業という仕事を見ていない可能性があります

 

そんな方は、業界研究や会社研究を行った結果、面白そうだと感じる業界や企業の営業とし転職してみるのも悪くないのではと思います。営業としての転職なら住宅営業としての経歴も活かせるケースが大半で、それこそ結果を残せている営業マンなら、営業としての転職もそこまで難しくないはずです。

 

 

ちなみに、もしも転職活動をこれから行うのであればぜひ利用して頂きたい転職エージェントがDODAです。

 

DODA

 

 

通常、転職エージェントに登録すれば専任のキャリアアドバイザーがあなたの転職活動をサポートしてくれますが、DODAの場合…

 

  • キャリアアドバイザー:転職希望者のニーズの汲み取り
  • 採用プロジェクト担当:企業の求人を紹介

 

と、キャリアアドバイザー以外に企業が求めている人物像をしっかりと理解している採用プロジェクト担当が求人の紹介を行ってくれるため、実質2人のプロから転職をサポートしてもらえるので、転職時にありがちな企業と転職希望者のギャップをできるだけ小さくして転職することが可能となります。

 

転職後に「自分が想像していた企業と違った…」もしくは企業側が「うちが求めていた人物ではなかった…」となってはまさに悲劇です。これではまたすぐに転職活動を始めなければならないことになりかねません。

 

 

そんな転職時のギャップで苦しまないためにも、住宅の営業として働いているものの転職を考えているのであればぜひDODA をうまく活用してもらえればと思います。

 

「住宅の営業から転職したい」と考えている人の参考になれば幸いです。

 

 

 

このページの先頭へ