ライブチャット AV

キツイ!せっかく合格した消防士を辞めた理由

 

35歳の男性です。

 

私は高校を卒業して製造業で臨時職員として2年間雇われていました。そんなあるとき、私の両親に「消防士の採用試験があるよ」と言われて、受けてみました。

 

そこの試験は1次には筆記試験がありそれに合格すると2次では体力試験があります。それに向かって勉強と筋トレを必死にしました。

 

受からないと思っていましたが、努力の甲斐があって合格することができました。その後、また半年程度消防の学校に行かなければいけないのですが、そこでも、勉強と訓練ばかりで体的にも精神的にもかなり苦労しました。

 

 

ほかの職員に迷惑かけながらかろうじて学校を卒業することができました。その後、晴れて消防署に配属されたわけですが、訓練、体力錬成、勉強、現場活動と精神的にも体力的にもかなりきつかったです。

 

 

災害が何もないときは、体力錬成を行ったりするのですがグラウンドを真夏の昼に2時間走りっぱなしだったりとしましたが猛烈にきつかったです。

 

もちろん、この間に火災があれば出動します。運がいいと思いますが猛烈に厳しい体力錬成を行った時に火災が起こったことが一度もありません。

 

しかし、スクワット1000回し終えたすぐ後に救急出場したことがありまして、そのときは、足がプルプル震えながら出場したことがあります。

 

そんな消防人生ですがついていけなくなり、3年前に退職しました。こんな厳しいことをしていたにもかかわらず、給料はあまりよくはありませんでした。

 

私自身消防がすごく好きで入ったというのではなかったため、モチベーションが保てませんでした。

 

 

 

「消防士を辞めたい」という人におススメのページがこちら

【何年目なら仕事を辞めてOK?】転職におススメのタイミングは!?

 

 

 

このページの先頭へ