ライブチャット AV

仕事辞めたいけど「有休消化させてくれない」場合どうする?

 

 

退職する時に多くの人が有休消化について考えると思います。 仕事が忙しくて今まで休むことができず、有休がたくさん残ったまま退職するのはもったいないですよね。

 

有給休暇は「労働者の請求する時季に与えなければならない。ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。」と労働基準法で定められています。

 

つまり、請求者の好きなタイミングで有休を請求しても問題ないのですが、会社の都合によっては有休の時季を変更できる(時季変更権)ことが認められています。

 

 

しかし、この時季変更権は単に人手不足や繁忙期というだけでは認められません。 同時にたくさんの社員が休んだり、その人しかできない仕事があって休まれると業務が回らなくなる時などの限定された状況で行使できる権利なので、大抵は請求者の希望通りに休めるでしょう。

 

ましてや、退職日が決まっていて在籍日数が残り少ない場合には変更できる日がありませんので、会社は有休を認めるしかないでしょう。

 

他の社員が働いているのに有休を消化するのは後ろめたい、と思う人は多いと思いますが、有休は労働者の権利です。 今まで頑張って会社に貢献してきたのですから、その権利を最大限利用しましょう。

 

 

退職時に有休を消化する場合、余裕をもって!

 

有休を消化して退職するのは問題ありませんが、有休がたくさん残っているので退職届を出した次の日からもう会社に行かない、というのは避けた方が良いでしょう。

 

違法性はありませんが、十分に引継ぎを行うことができず、多くの人に迷惑をかけてしまうので円満退社とは言えません。 では、退職前の有休消化をスムーズに行うためにはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

 

 

まず、可能なら今まで会社を退職した人がどのように有休を消化していたかを調べておきましょう。 いくらまとめて有休を消化できるといっても、過去にそういった実績がないとどうしても印象が悪くなってしまいます。

 

会社によっては、まとめて有休を取るよりもコツコツとこまめに取ってほしいというところもあります。 また、長期の休暇を取る場合には前もって申請が必要な会社もあります。

 

すでに退職日が決まっている人は難しいかもしれませんが、会社の慣習に従うことでより円満に退職することができるでしょう。

 

 

そして、有休消化日数と引継ぎにかかる日数を考慮した上で退職日を相談しましょう。 有休があと何日残っているかは給与明細に載っていますし、担当部署に聞いて確認することもできます。 退職後に会社に迷惑をかけないように、引継ぎはきちんと行いましょう。

 

退職日までに有休を消化しきれなかったら?

 

引継ぎを終わらせつつ、有休を完全に消化するのが一番良いのですが、転職先の入社日が近かったりするとどうしても有休を全て使い切ることができなくなってしまいます。

 

その場合は、消化しきれない有休の買い取りを会社と交渉してみるのが良いかもしれません。

 

有給休暇の買い取りは原則禁止されています(昭和30年11月30日基収4718号)。 しかし、「退職時に残っている有給休暇を買い取る場合」は、例外の1つとして認められています。

 

買い取り金額は会社が自由に決められるようです。 また、この買い取りは義務ではないので会社が拒否しても違法ではありません。

 

会社によって買い取ってもらえるかどうかは分かりませんが、何も言わないで退職してしまうと残った有休はただ消滅して終わりです。 一度確認してみましょう。

 

会社が有休を消化してくれない場合どうする?

 

事前に準備を重ねたとしても、有休を消化させてくれない会社もあるそうです。 退職者も諦めて、円満に退社するために何も言わずに辞めてしまうようです。

 

退職時に有休消化を拒否されたけれど(買い取りもできない)、どうしても有休を消化したい場合にはどのような対応をしていけばよいでしょうか。

 

 

まず、こちらの要求に無理がないかどうかを確認しましょう。 会社の事情をきちんと配慮している姿勢を見せると、有休も取りやすくなります。

 

引継ぎの日数は十分確保できているでしょうか? 繁忙期の真っ只中に退職するのではありませんか? 会社は、繁忙期を理由に退職前の有休消化を拒否することはできないはずですが、繁忙期に退職し、有休まで取る、となると印象が悪くなるのは確かです。

 

この場合は、労働者の権利だからといって「有休完全消化」と主張を通すのではなく、一部消化や退職時期を遅らせるなど、退職者側も譲歩した方が良いでしょう。

 

 

もし、直属の上司の感情だけで有休消化を拒否されているのなら、その上の上司や総務の担当者に相談してみましょう。

 

部署の人員調整などを検討してくれるかもしれません。 間に人が入ることによって、直属の上司とよりまともな交渉ができるようになるでしょう。

 

たとえ有休完全消化はできなくても、交渉で半分は取得できるようになるなど、双方が納得できる結果になるかもしれません。 何より、上司と変なわだかまりを残さずに気持ちよく退職できるのではないでしょうか。

 

 

社内に相談できる人がいない場合は、会社を管轄する労働基準監督署に行って相談してみましょう。 労働基準監督署は、労働基準法が守られていない会社を監視・指導する機関です。

 

しかし、相談しても必ずしも行動を起こしてくれるわけではありません。 むしろほとんどの場合は動きません。 大抵は初回に「もう一度会社に請求してみてください」と言われ、それでも拒否された場合は「法律に違反している点と会社が本来すべき対応」について教えてくれると思います。

 

ここで大事なのは「労働基準監督署に相談しているという事実を会社に示すこと」です。 退職者は「労働基準監督署に相談したら、○○の点が違法で、会社はこのように対応すべき、と言っていた」と根拠を持って会社に主張することができます。

 

後ろ盾があるという圧力により、会社側の対応が変わってくるかもしれません。

 

 

転職先が決まっていない人は早めに転職活動を

 

また、転職先が決まっていない人は有休を取得しての転職活動をおススメします。

 

「すぐに決まるだろう」と思って辞めてから転職活動を始めたものの、なかなか決まらず「貯金が底を尽きてしまう…」というプレッシャーと向き合うのはかなりのストレスです。

 

 

ですので、早めに転職活動を始めて頂ければと思いますが、その場合は転職エージェントのDODAがおススメでしょうか。

 

DODA

 

 

DODAに登録し、面接に行くことで10万件以上の求人の中から希望にそった求人を厳選して紹介してくれるため、求人探しの手間が大きく省けます。

 

転職活動のサポートも充実しているため、効率的に転職活動を進めるためにもぜひ利用して頂ければ幸いです。

 

 

「仕事辞めたいけど、有休ってどうしたらいいの?」と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

 

どうやって使った?有休消費体験談

 

ここからは他の方がどのように有休を使ったのか、体験談をご紹介させて頂きますので、「他の人はどうやって有休消費してるんだろ?」と疑問な方はちょっと覗いていってくださいね。

 

 

友達と遊んだ

 

 

38歳女性事務員です。会社が倒産することになったので、就職活動のために有休を消化するように代表から言われました。零細企業だったので、ひとり事務のわたしにしかわからないこともあり、完全消化とはいきませんでしたが、丸一か月あったうちの3分の2は休めたので納得しています。

 

半日だけ出て作業したりというときもありましたが、午前行くか午後行くか、何時に帰るかなども自分で決めて行動できたのでとても自由を感じました。休みの日は日頃休みが合わず会えなかった友人とランチをしたり、自宅の大掃除をしたりで忙しかったです。

 

もともと在職中は有休を消化したいとまでは言わないが、月に1度でも平日に休みが取れたら幸せですねという会話をしていたのでこんな結果になるとは驚きです。

 

 

 

引っ越しに使った

 

 

退職当時の年齢29歳、女性、会社員です。仕事を辞める際に有休は半分消化しました。

 

年休は20日でほとんど使っていない状態だったのですが、しかしさすがにまるまる一ヶ月休んでおいて給料は満額いただくって、人としてなんか道理が通っていないように思いましたので、気が引けたのです。

 

これでブラック企業勤めでしたら、「社員の権利を執行させてもらうぜ!」とばかりに、有休すべて消化してしまったこととは思うのですが、比較的ホワイトな会社でしたので。

 

そして人間関係も良かったものですから、さすがにほぼ一ヶ月を休むことはできなかったのです。けれども一週間ほどはお休みをいただき、引っ越し作業などを行いました。引っ越しに伴う退社でしたし。

 

 

趣味に没頭する

 

28歳、男。小売業界で働いていました。

もともとプライベートで怪我をして、ほとんど退職する前にけがの治療等で休みを消化していたため、実質一週間ほど有給が残っていました。

 

そのため退職予定日を逆算して、職場を退職する日にちの一週間前に職場を休みはじめて退職日まで+一週間の休みをもらい、有給消化としました。またあとから元上司から手違いで一日有給が少なかったと連絡があり退職日が予定より一日短くなりました。

 

次の職場の内定は出ていたので、約2か月ほど休み(ブランク)がありました。その期間は主に二つの趣味に費やしました。一つは雪山に一ヶ月ほど一人で籠り、スノーボードに勤しめました。

 

またもう一つはロードバイクで中部圏から関東地方まで、自転車一人旅をしたりして、人生の余暇を楽しみました。

 

 

転職活動&もろもろの手続き

 

 

現在27歳の女性です。私は新卒で金融系の企業(かつて省庁だった企業の子会社)の総合職として入社し、財務部に配属されました。その中で放置プレイからの激務で転職を考えてはいましたが、体調も良くなく、なによりも仕事が忙しすぎて何も転職のための活動はおこしていませんでした。

 

2年目の夏の深夜に突然会社で倒れてしまい、そこから上司や人事に業務量や業務分担や人事配置などについて相談しました。そして、2年目が終わる時に人事部の強権発動で地方都市の営業職への異動が決まりました。

 

しかし、私は体調の面からも、その会社で総合職を続けるのは無理だと感じていました。また、財務経理の仕事を東京で続けたいと考えていました。

 

そこで、内々示の際に上司に転職希望の旨を伝えました。形ばかりかの無意味な慰留をされるので、正直に体調面の問題と、職種・勤務地に関する希望を話しました。

 

すると、やはり職種転換やそのような職種のみのグループ会社への斡旋は無理だとのことで、体調の問題であれば「休職してはどうか」との回答のみでしたので、「では、自分で外で自分に合った仕事を探したいと思います。まだ何もしていないので、可能であれば有休を消化しきってから退職したいのですが。」と相談しました。

 

上司も私の事情や状況を理解してくれ、人事などに伝え、人事も了承し、残っている有休全てを消化させてもらえました。退職前の有休消化は大変ありがたいものです。

 

私の場合、ゴールデンウィークが挟まったこともあり、2か月近くの余裕がありました。私はまだ転職活動もしていなかったので、その有休期間中に転職活動をし、次の勤務先を決め、入社手続きや健康診断、運転免許証の更新、定期券の解約・新規購入など、様々な手続きをしていました。

 

そして、それまでまとまった休みは取れていなかったので、久しぶりに少しゆったりと休むことができました。

 

頭は次の会社のことでいっぱいで、面談でも「入社前に準備として何をしておいた方が良いでしょうか?」と尋ねると、「リフレッシュしといてもらえればそれが一番だから」との回答でした。

 

転職前にしっかりリフレッシュするというのは大切なようです。私は休むのがあまりうまくないので家で寝ることが多かったのですが(平日にもかかわらずどこにも出社していないということに後ろめたさを感じていました。)、せっかくのまとまった休みなのでもっと上手く休めれば良かった、と今振り返って思います。退職前に有休を取らせてもらったことには非常に感謝しております。

 

 

 

 

以上。有休消化体験談でした。

 

 

 

このページの先頭へ