ライブチャット AV

【1年目からうつ!?】1年目で幼稚園教諭を辞めたくなった理由とは?

新卒で就職した幼稚園で1年目から主担任!

 

新卒で就職した幼稚園は、お嬢様学校の幼稚園で毎年退職者が絶えない所でした。

 

私は一年目で主担任を任され嬉しい反面、殆ど研修などは行わず「明日から担任宜しくね。」と言われ不安もありました。

 

新学期が始まると31人の一人担任で一人で連絡帳の記入、シール帳の管理、新人ということで様々な係りを任され、毎週1,2枚のお便りの作成、日々の活動の準備。それに加え、主任の先生からピアノを習うように強要され週一のレッスン。

 

勿論、睡眠の時間は取れず寝れても2,3時間。半分ぐらいは寝てない日がありました。

 

そして眠っても明日までにやらなきゃいけないことは無いかと考え満足に睡眠を取れませんでした。

 

 

活動で使う絵本や駐車場代なども自腹でした。ある時一人暮らしをしたいと主任に相談すると「そんな事は認めない」と言われ休みの日は幼稚園で使う物も買い出しをしようと言われプライベートも管理されていました。

 

 

主任の先生は良く先輩の先生も怒鳴り付けていてとても怖い印象しかありません。保護者の方、子ども達はとても可愛く、疲れていても顔を合わせれば笑顔になり元気もみなぎってきました。

 

また理事長先生と園長先生も変わっており、会議の時に熱が出たり風邪を引いても休むな。

 

インフルエンザ以外、休養は認めないとお話になり、実際に私も溶連菌とういう感染症になり高熱が出ても出勤してくださいと言われ出勤し声がまったく出ない中保育を行いました。

 

 

この様な毎日を送っていたらある日、涙が止まらなくなり病院に行くと鬱病の手前と言われ精神安定剤や抗鬱剤を処方されました。

 

薬を飲みながら何とか一年を乗り越え、園長先生に退職したい旨を伝えるも「あなたには期待してる。もう少し頑張って欲しい。」と言われ続けようと思いましたが、身体が限界だったため退職しました。

 

仕事を辞めた後は心も体もボロボロでさすがにすぐには職に就けませんでしたが、半年後ぐらいから転職活動を行い、現在は以前よりも何倍もましな労働環境のもと働かせていただいています。

 

今すぐ違う保育園に転職する!

保育ひろば

 

 

1年目から無理な仕事を任されることについて

 

こちらは、とある幼稚園で働いていた先生の体験談ですが、1年目からろくに研修も行われず、いきなり担任をまかされるなんてちょっと考えられないですよね。

 

毎年退職者が絶えない幼稚園とのことですが、このような常に人手不足の幼稚園では新人といえども戦力になってもらわないと人手が足りない、という事情があります。(離職率が高い幼稚園や保育園では注意が必要です)

 

 

また「主任の先生は良く先輩の先生も怒鳴り付けていて」とありますが、これも全て園長や理事長の人柄、経営方針によるものなのかもしれません。園長、理事長といったトップの人間次第で職場の雰囲気もガラッと変わりますからね。

 

うつ病になりかけながらもなんとか転職活動を行い、以前よりもマシな職場環境で働いているとのことで本当によかったですが、幼稚園や保育園で働いていつつ、似たような悩みを抱えている方は多いのではと思います。

 

 

 

ただ、もしあなたが1年目、2年目の教師だった場合、「本当にいま辞めてしまってもいいのだろうか…?」「3年務めなくても大丈夫なの…?」といった不安がどうしてもつきまとうものです。

 

また、「そもそも違う幼稚園(保育園)にいったところで同じなのでは…?」と疑問に思う方もいるかもしれません。たしかにもし他の幼稚園(保育園)に転職したところで状況が変わらないならその転職自体無意味になってしまいます。

 

【1年目?2年目?】保育士が転職を考えるのにベストなタイミング!

 

 

上記のページで保育士のベストな転職のタイミングや1年目、2年目で辞めるべき保育園(幼稚園教諭にも当てはまります)についての判断基準について解説していますので、同じような悩みを抱えられている方の参考になれば幸いです。

 

 

 

幼稚園教諭はもう限界…そんな人は早めに転職を

 

ただ、人によってはすでに「もう絶対にやめる!」と、幼稚園を辞めることをかたくなに決心されている方もいると思います。

 

ここで、もう何十年も幼稚園教諭として働いているのであれば、他の道を目指すことも難しいかもしれませんが、「まだ1年目」で「幼稚園教諭自体を辞めようかどうか迷っている…」という方の場合、幼稚園教諭自体を辞めてしまうべきなのでしょうか。

 

 

先ずここで考えて頂きたいことが…

 

  • 幼稚園教諭としての仕事自体は好きなのかどうか

 

 

という点です。

 

 

例えばあなたの保育園を辞めたい理由が「子供たちの面倒を見ること自体になんのやりがいも感じられない」というのであれば、幼稚園教諭なんて早く辞めてしまうべきです。

 

「実際に働いてみたら想像していた仕事と全然違った…」ということはよくありますので、決してあなたをせめているわけではありません。

 

想像と現実の違いに気づけたのであれば、できるだけ早く「違う業界に転職」した方が、より理想に近いキャリアを歩めるのは間違いありません。(基本的に「他業界」への転職は早い方がとくですからね。詳細はこちら⇒【〇年目で仕事を辞めたい】転職におススメのタイミングは!?

 

 

ただ、もしもあなたが保育園を辞めたい理由が人間関係残業の多さといった職場環境によるものなのだとしたら「ちょっと待った!」と言いたいです。

 

こういった職場環境は、職場が変わればガラッと雰囲気が変わることも多いからです。それなら、どうせ幼稚園教諭を辞めてしまうのであれば、先ずは思い切って違う幼稚園に転職してみてから「本当に自分は幼稚園教諭を続けられないのか」判断してみるべきでしょう。

 

もし「幼稚園教諭の仕事自体は好きなんだけど…」というのであれば尚更です。人間、心の底から「好き」と思える仕事に出会える機会はそんなに多くありません。それなら少しでもあなたの好きな仕事を大切にするべきです。

 

 

幼稚園&他業界に転職するのにおススメのサービス

 

ちなみに他の幼稚園に転職するなら保育ひろばが、他業界に転職するならDODAがおススメでしょうか。

 

保育ひろば

DODA

 

 

それぞれ、専任の転職エージェントがあなたの転職をしっかりサポートしてくれます。職務経歴書や履歴書の書き方など、初めての転職では分からないことだらけでしょうから、思いっきり彼らに頼ってみてください。転職の成功率もグッとあがりますので。(ちなみに名前は”保育”ひろばですが、幼稚園教諭の求人も扱っています

 

 

先ほども少し触れた通り、転職は基本的に「若い」ほうがより有利になります。(他業界なら尚更です) もちろん、初めての転職は不安で、ついつい足踏みしてしまうものですが、「自分がなぜ転職したいのか」「転職することによってどのようなメリット・デメリット、そしてリスクがあるのか」よくよく考えてみてください。

 

そうすれば自然と今転職すべきなのか、それとももう少し頑張ってみるべきなのか、これからの方向性が見えてくると思いますので。

 

「幼稚園教諭を辞めたい…」と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

このページの先頭へ