ライブチャット AV

ネットワークエンジニアを辞めたいと思わない!その理由は!?

 

 

 

ネットワークエンジニアとして働いております。

 

業務内容は私の場合、機器障害に備えた監視と運用、ネットワークの構築、保守、設計などに携わっております。大抵は監視と保守が主だった仕事です。これは至極稀ですが物理的な配線などもいじるケースもあります。

 

私の勤務先というか時期がたまたまそうだったのかは分かりませんが、まったくの未経験で大学卒業後正社員として入社し、研修形式で「いろは」を学んでいきました。本来であれば最初に専門スキルを持っていてそこからの採用が普通なのでしょう。今も先輩方に支えられながら障害への対処やコールセンターのような業務をして9年目です。

 

 

ネットワークエンジニアとして一人前になった気はまったくせず、つねに半人前であるという認識で望んでいますが、賞与も出、福利厚生もしっかりしているところなので職場環境にはなんら不満なく働かせて頂いております。今では守るべき妻子もいる身なので転職というリスクある危ない橋はとても渡る気はありません。

 

 

緩いレベルのネットワークエンジニアに分類され、シフト制でもないので特に体力を消耗する職種ではない状態にあります。ですが休日など障害発生の連絡が先方から入り、家族サービスデイがおじゃんになるといった経験は何度かありました。

 

しかしそれらも良い経験で出勤する度にスキルアップしていっている感じなのだと思います。牛歩の歩みでしょうけども。

 

 

給料はサラリーマンの平均年収に届かず良いほうではありません。仕事内容の薄さからいって妥当だとも言えます。そこは妻との共働きによって子供に不自由のない暮らしをさせてあげるようにしています。

 

最近ではテレビなどでも、ブラックのIT関連企業が新卒を使い捨てるようにひどい働き方をさせている。そして、社員がその会社を訴える、なんていう報道を度々目にしますが、そのような企業と比べて(確かに給料は若干平均より劣るものの)私は本当に恵まれているなと思えてなりません。

 

 

ここは人によって価値観が変わるかもしれませんが、お金はそこそこでもプライベートと仕事を充実させることができる、今の職場を私は気に入っています。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ