ライブチャット AV

24時間体制のシステムエンジニアを辞めた!転職先は!?

 

 

私はIT業界でシステムの運用エンジニアをしていました。

 

今の時代、24時間稼働しているシステムが非常に多いです。 インターネットが24時間出来るのも、土日も平日と変わりなく生活する事が出来るのも、24時間体制で働いてる人が大勢いるからです。

 

私は某金融機関向けシステムの運用現場で働いていましたが、夜間、土日祝日を問わず、24時間365日常に仕事があるような状況でした。

 

勤務はシフト制で夜勤は2時間休憩の17時間労働です。 繁忙期などは、夜勤明け後に会議、資料レビュー等があったため職場に24時間いるなんてこともざらにありました。

 

そんな状況に加え、家から職場まで往復4時間掛かっていたこともあり、次第に精神的に辛くなっていきました。

 

 

辞めようと思ったきっかけは、前述のとおり24時間以上勤務していて、注意力が散漫になっていた時にミスをしてお客様にご迷惑をおかけしてしまったことです。

 

ミスをした自分が悪いと思います。しかし、どうしても納得いかない部分がありました。 根本原因の究明と対処を社内で進めていく中で、働き方の抜本的な改革や人員増加の話が一切出ずに、無茶な勤務体系が継続する事になった事から会社の体質に疑問を抱くようになりました。

 

このままでは精神的にも肉体的にも追いつめられてしまうと感じた私は、転職を決意しました。 今は同じIT業界ではありますが、社内システムの管理を行っております。

 

たまにサーバメンテナンス等で土日出社もありますが、基本残業なしの定時帰りで働いています。 転職して良かったのは、仕事が規則的なのでプライベートが充実したことです。

 

新しい資格を取るための勉強時間も十分確保出来ている事から、更に知識・スキルを身に着けていきたいと思っています。

 

 

 

システムエンジニアを辞めたい?転職先は?

 

システムエンジニアを激務が理由で辞めたいという人は多いです。今回紹介したような体験談の方のように、24時間体制で働かなければいけないような職場で働いている人も少なくありませんからね。

 

このような環境で働いていて「辞めたい」と思ったことが無い人は、よほど今の仕事が好きということでしょう。ただ、例え好きでも限界がきてしまいそうですが…。

 

 

とはいうものの、システムエンジニアの職場が全てそのようなところばかりというわけではありません。今回の体験談の方のような定時に帰れるような職場も存在します。

 

社内SEなどがそうですね。なので、激務で限界を感じている方はそういった転職先も選択肢として考えていただければと思います。

 

もちろん、どのような職場にもメリット・デメリットがあると思いますが、転職エージェントを利用すればそれぞれの職場の情報も手に入れることができるでしょうからね。ぜひ有効に利用していただければと思います。

 

 

このページの先頭へ