ライブチャット AV

【すぐは危険?】派遣の仕事を辞めるときの注意点&対処法

 

非正規代表の働き方として真っ先に思い浮かぶのが「派遣」ではないでしょうか。派遣会社に登録し、派遣会社の社員として派遣先に勤めます。

 

しかし、この派遣には派遣の辛いことも多く、派遣先で「契約終了前にも関わらず辞めたい」なんて状況になってしまうことも少なくありません。

 

そんな時はどうすればいいのでしょうか。派遣の仕事を契約終了前に辞めるときの注意点に加えて「派遣の仕事を辞めたくなる理由&対策」についても同時に見ていきたいと思います。

 

 

派遣社員の仕事を辞めるときの注意事項

 

会社など組織の一員として仕事をする時、誰もが契約を交わします。その内容の中には、「契約期間」についても明記されているはずです。

 

同意できる方が社員となり、雇われます。派遣社員は派遣会社の社員であり、派遣先の会社の社員ではないとの認識が必要です。派遣会社と派遣先、二つの会社が関わっている分、注意を払う必要があります。

 

 

もう出勤したくないからと、いきなり出社拒否をするとどうなるでしょうか。 まず派遣先の会社が損害を被り、所属する派遣会社を「迷惑をかけるような社員を派遣した会社」と判断するでしょう。

 

これ以上その派遣会社を利用しなくなる可能性さえ生まれるかも知れません。となれば、派遣会社にも大損害です。 たった一人の派遣社員が二つの会社の契約を一度に破ることになるのです。

 

 

どうしても辞めたい時には、まず派遣会社に相談するのが先決です。一人一人の派遣社員には担当がついているのが普通ですので、まずは担当に「辞めたい」気持ち、「どうしてか」と言う理由、「いつ」辞めたいか、「別な派遣先を求めるか」と言う具体的な希望をはっきりと相談しましょう。

 

派遣契約の多くは1か月、3か月など短期間契約であることも多いです。この期間を満了するまで待つことによって、「契約延長をしない」と言う選択もできます。これが最も迷惑を掛けない派遣先の辞め方であると言えます。

 

契約を一方的に破棄する行為は、お金で解決できないほどの大きな問題につながります。派遣先と派遣会社、二つの会社からの信頼を失う事を想像しながら、冷静に対処することをおすすめします。

 

いざ辞めたくなった時にこそ日ごろからの意識、「困ったことは派遣会社の担当に報告、連絡、相談」が生きて来ます。

 

派遣社員の仕事を辞めたくなる理由

 

将来性

 

正社員は期限を決めない雇用契約です。20代の若いうちに雇用することは、10年たてばその人は30代に、20年たてば40代になることを見越しています。

 

若いうちに経験を得る場を与えたり、資金をつぎ込んで教育をする場合もあるでしょう。「会社が社員を育てて使う」イメージになります。

 

しかし派遣社員はどうでしょうか。多くの場合が簡単な作業を手早く教えるだけだったり、専門分野に特化した人材を求める傾向があります。

 

「補てん要員」としての存在が派遣社員です。つまり誰でもできる仕事しか受け持てず、専門分野であっても補てんする必要がなくなれば、契約打ち切りになります。

 

「必要に応じていつでも増減できる、便利な助っ人」のイメージになります。派遣先の会社は、派遣社員の将来を見越していません。むしろ新しい仕事をすんなり覚えてくれる、若い派遣が好まれているのが実情です。

 

 

給料

 

多くの派遣会社にはボーナスがありません。専門職でもなければ正社員と格差があることが多く、「責任の少ない仕事を低い賃金でこなす」ことに。しかしこの場合はまだ良い方かも知れません。

 

問題は、「低い賃金で責任を押し付けられる」ことさえあり得ること。「重要な業務を任されているはずなのに、一向に時給が上がらない」ことを不満に感じる派遣社員は、案外多いはずです。

 

仕事内容

 

「給料」での説明に通じますが、単純作業のみや事務作業のみとなることも多く、やりがいに欠ける点を問題とする場合があります。

 

そして逆に、正社員と遜色ない仕事をしているのに評価をしてもらえないことも。短期で入れ替わる人員であること、派遣先の会社の人員評価とは関係ない位置にあることから、誰もやりたがらない仕事ばかりさせられることも多いようです。

 

単純な仕事をしているうちはまだ大丈夫。責任転嫁されないよう気をつけなくてはならない、悪質なケースもあります。

 

 

人間関係

 

正社員と派遣社員でのもめ事が起こることも良くあります。必要なことを教えてくれなかったり、ろくに引き継ぎもなく仕事を任されたり、前任の派遣社員の評判が良くなく、そのままのイメージを押し付けられてしまうことも。

 

「どうせすぐ入れ替わる人」として見られるためか、扱いが粗雑になりがちな職場もあるそうです。

 

 

上記で紹介した「仕事を辞めたくなる理由」の対策

 

「将来性」を心配するなら、派遣会社に相談しておくべきです。「できれば正社員になりたい」と伝えておけば、担当もそれを見越した派遣先を探してくれるでしょう。

 

派遣の世界ではよく、30歳の壁、35歳、40歳と段階的にどんどん派遣先が見つかりにくくなると言われています。たくさんの会社での仕事を経験できるのが派遣の強みです。このメリットを活かし、様々な経験をとおして独自のキャリアを積み、正社員を目指すのが理想的でしょうか。

 

 

「給料」と「仕事内容」についてはなかなか難しい問題です。派遣先でも、自身のスキルによっても左右されます。

 

しかし最初から時給の高い職場を求めるより、望まれて働ける職場で一生懸命務め、人間としての評価をあげる方法もあります。

 

派遣会社からの評価が上がればよい職場へ派遣してくれるでしょうし、実際に働きぶりを見た派遣先からは「ぜひ雇いたい」と声をかけてもらえるかも知れません。希望がないわけではありません。

 

「人間関係」については、まずは卑屈にならないことが一番。「私はこの働き方を選んだ」と自信を持って、しっかり日々の暮らしを営みましょう。

 

しっかり働いて、しっかり楽しみましょう。魅力的な一人の人間として存在感を発揮できるようになれば、周囲の印象もどんどん変わるはずです。

 

 

終わりに

 

派遣という働き方は「不安定」ということで叩かれることが多いですが、回りの意見なんて関係なく「なぜ派遣として働いているのか」、目標がしっかりしていることが重要です。

 

例えば、「新しいキャリアをスタートさせたいものの、未経験だと正社員の仕事が見つからないから派遣で」という場合、自分の軸をしっかりと持っているといえるでしょう。

 

 

ですが、もし「できたら正社員で働きたいけど、正社員の仕事がなかなか見つからなかったから、仕方がなく派遣で」というようなネガティブな理由で派遣社員として働き続けているなら、早く正社員の仕事を見つけるべきです。

 

いうまでもなく正社員の仕事の方が待遇もいいですし、給料も高いですし、なにより「会社に守られている」という安心感があります。

 

このご時世ですから自分の希望する正社員の仕事がなかなか見つからないことも予想されますが、それでも探し続けなければ可能性はゼロですからね。

 

もちろん、仕事を辞めて転職活動をするという場合、収入が絶たれた状態になるためかなり不安を感じるでしょうが、派遣社員として働きながら転職活動を行えば少なくともそういったリスクは避けられますので。

 

 

ちなみに働きながら転職活動を行うなら先ずはDODAのような転職エージェントに登録し、求人情報を集めるところからスタートするのはいかがでしょうか。

 

DODA

 

 

DODAに登録、担当者との面接を行えば10万件以上の求人の中から自分の希望の求人を選定して紹介してくれますので、効率的に求人情報を集めることができます。

 

派遣の仕事を辞めたく、さらに「次は正社員として働きたい」と考えている人の参考になれば幸いです。

 

 

 

このページの先頭へ