ライブチャット AV

訪問介護のヘルパーを辞めたいと思った不規則な勤務形態!

訪問ヘルパーを辞めようと思った理由は!?

 

 

介護保険が始まる直前にホームヘルパーの研修を受けた後、ちょうど募集チラシを目にしたのでその居宅介護訪問事業所に登録してヘルパーとして働き始めました。

 

登録ヘルパーは常勤と違って、自分がどれだけ働きたいかを申し出て、自由に働けます。仕事は在宅で介護保険を受けていらっしゃる利用者のところに出向いて、生活援助や入浴介助などの身体的な介助を行うのが主です。

 

 

しかし、常勤とは違い利用者の方が入院したり利用者都合でこの日は訪問は不要ということになれば仕事はなくなり、結果報酬も少なくなります。その日の朝急にぽっかり時間が空くということも免れない仕事です。

 

また日に何件か訪問するのですが、空き時間をどう過ごすかという問題もあり、移動が長く大変という問題もありました。

 

季節的には寒い時はそうでもないのですが、暑さの厳しい時には体を動かすのでたいへんつらい時もありました。また病気の高齢者を相手にしているので、精神的にダメージを受けるようなことも多々ありましたね。

 

 

でもそんなことはあってもやめたいという気持ちはわかなかったのですが、決定的だったのはあまりに変更が多かったこと。常勤社員さんの指示が的確でなかったのだと思いますが、担当の利用者宅ではなく、他の利用者のところに代行を、それも当日申し渡されたりして自分なりの時間配分がうまくいかなくなりました。

 

ただでさえ不規則な仕事なのにますます不規則度合いがあがって不満が多くなったので、きりがいいところでその事業所はやめました。そのあと他の所で働こうかと思いましたが、親の介護と重なりなかなか働けない現実があります。

 

また親の介護が落ち着けば今度は、有料老人ホームの移動なしのヘルパーで働きたいなと考えています。

 

介護業界で転職するならメドフィット!

メドフィット

 

 

訪問介護をやめたい理由って?

 

こちらは登録ヘルパーとして訪問介護をされていた方の体験談ですが、「訪問介護を辞めたい」と考えている人は意外に多いようです。

 

理由としては…

  • 訪問先の利用者様との人間関係(クレーム)
  • 移動が大変(車の免許を持っていないので自転車で移動する人も)
  • 一人で訪問先に行き介護を行うのでプレッシャーがかかる
  • (登録ヘルパーの場合)時間が空いてしまったりして非常に非効率

などなど。他にもまだまだあるかもしれません。

 

この中でも特に多い相談が「訪問先の利用者との人間関係(クレーム)」ではないでしょうか。軽い認知症の利用者様に訪問先で罵声を浴びせられた、という話もよく聞きますからね。

 

もしも訪問先の利用者様とトラブルが起こり、これ以上お宅に伺いづらいのであれば、上の人間に相談して訪問先を変えてもらうという対処方法もあります。ただ、相談しても変えてもらえないような事業所もあることでしょう。そうなったら、その後ずーっと辛い思いをしなければいけない羽目になります。

 

他にも訪問介護の条件でいろいろと不満点があるかもしれませんが、そんな方は転職するというのも一つの方法です。他の訪問介護の求人を見てみたり、訪問介護ではなく施設勤務の求人に意外に希望のものがあるかもしれませんからね。

 

 

もちろん、それぞれ事情が違うため「そう簡単に転職なんてできないよ…」と思われる方もいるかもしれませんが、介護職はどこもかしこも慢性的な人材不足です。案外、近所にいい求人があったりするかもしれません。

 

介護業界で転職するのにおススメのサービスとは!?

 

 

正社員、契約社員、パート…などなど。様々な求人情報を扱っている介護専門の転職サイトや転職エージェントをご紹介しているページです。意外に見落としている求人があったりするかもしれませんので、一度、確認しておいていただければと思います。

 

 

「まだ仕事を辞めたい理由が解決できない!」という人はこちら

仕事を辞めたい!~仕事を辞めるときに考えるべきこと!

 

 

 

 

このページの先頭へ