ライブチャット AV

30代女性!結婚目前で仕事辞めても正社員で転職できた理由!?

 

 

32歳、女、以前は文具店で正社員として働いていました。

 

店舗にもよるかもしれませんが、私の勤めていたお店は非常に忙しく、特に繁忙期の12月~4月上旬までの土日はほぼ毎週何らかのイベントやデモ販売がありました。土日が休みづらく、季節商材、新商品もひっきりなしに入荷してくるのでお店が閉店してからの商品入替作業などで帰りは深夜、休日出勤もありました。

 

唯一の楽しみは、文具や雑貨の新商品をいち早くチェックできること。発売前の新商品をいち早く試せる機会があったり、売場に自分で考えたコーナーを作ったりする仕事はとても楽しく、忙しいながらも充実した日々でした。

 

 

会社を辞めるきっかけは、結婚を前提に考える恋人ができたこと。私の場合は相手が県外在住だったので、県外出店していない今の会社で働き続けることは不可能でした。

 

ただ、勤務時間や仕事量を考えると相手が県外でなくても、同じ環境で働きながら結婚後の生活を両立することは厳しいと考えていました。

 

 

退職後は県外の引っ越し先ですぐに職業訓練を3か月間受けました。内容はパソコンやウェブに関する訓練です。再就職に有利なスキルを取得できるとともに、新しい土地での企業研究をしたり、次にする職種や業種を考えたりしようと思ったからです。

 

実際職業訓練に、就活に関する情報を集め、履歴書などの書類作成をし(訓練の中で作成でき、先生からアドバイスももらえます)、また、同じ境遇の訓練生との情報交換もできたので、訓練を受けてよかったと思います。

 

並行して転職サイト(リクナビ、マイナビなど)を数社登録&転職エージェント(リクナビエージェント)に登録をしました。転職サイトは、ハローワークに掲載されていない情報(特に大手)が沢山掲載されていて、細かく条件を絞って検索ができるので情報集めに効率的でした。

 

転職エージェントは、登録すると実際担当者から電話がかかってきて、自分の状況や思いを伝えた上で、担当者が選んだ募集を紹介してくれるので、こちらも効率が良かったです。

 

特に登録して良かったと思うことは、自分だけだと「この会社良さそう…でももっといい条件のところもあるかもしれないし」」と、会社を選びあぐねて転職活動が遅れがちになってしまうところを、エージェントの担当がつくと、定期的に電話で状況を尋ねられたりするので、就活を進める上で、良い意味で背中をぐいぐい押してくれる役目を果たしてくれました。

 

個人的な結論から言うと、情報は多い方がいいので転職サイトはなるべく多く利用すべきです。転職エージェントも少なくとも1社は利用してみると、就職が早まると思います。

 

また、利用できる方は教育訓練も受けると、スキルUPに加えて、面倒な履歴書や職務経歴書作成の手助けをしてくれるのでオススメです。

 

一番のポイントは、転職サイトもエージェントも教育訓練も、全てお金がかからない点です。ただひとつ、不満をあげるとすれば、転職エージェントの応募方法です。

 

私の利用した転職エージェントでは、予め履歴書や職務経歴書を登録しておきます。そして、担当者が探してくれた応募先にエントリーすると、その登録済の書類で一次審査をしてくれます。一次審査が通れば、面接の日程を担当者が調整してくれるのですが、その書類審査が通らない場合もあります。

 

私の場合は転職活動中すでに30歳を超えていて、結婚を控えている身だったので、企業側からすれば自分の履歴書を見て、若くなく近々妊娠する可能性もあるのは条件が良くない、と考えるところもあったのではないかと思います。

 

そこを、今後の働く見通しや意欲を企業に伝えてカバーしたかったのですが、予め登録した書類には、特定の企業に対する自己PRを記入する場所がありませんでした。そのことが原因かどうかはわかりませんが、書類審査が通過しなかった企業もありました。

 

なので、どうしても入社したい!と思った企業があれば、直接応募する選択肢もありです。(もちろんエージェントを通しての方が、メリットがある場合もあると思います)

 

 

結局私は、教育訓練校で紹介のあった会社へハローワーク経由で応募し、入社できました。業界は、通販やアプリ開発をしているIT企業でした。

 

希望通り正社員で就職が実現し、満足しています。全く違う業界なので、自分に合うかどうかはこれから見極めが必要ですが、土日が休みのデスクワークに転職でき、今後家庭との両立も現実的に考えられるようになりました。

 

 

 

転職活動におススメの転職エージェントを今すぐ確認する!

先ずはここから!仕事を辞める前の転職エージェント選び!

 

 

 

 

このページの先頭へ