ライブチャット AV

アパレルから雑貨卸の事務員へと転職した体験談!

 

洋服が好きで服飾販売の仕事をしていました。少し人見知りな性格だったので治したくて人と接する仕事を選んだ目的もありました。

 

接客にも慣れ色々な洋服に囲まれながらの仕事は楽しく、女性が20人位いる職場だったので自然と仲良くなる仲間も出来、仕事が終わった後仲間とご飯を食べに行ったり、お酒を飲みに行ったりしてそれなりに充実していました。

 

でも職場の場所が地下街で隣には駅の改札口。人の往来が激しく店の中はスゴイ埃で何度モップを掛けても中々取れないくらい。しかも空気も乾燥していてノドに負担が掛かるようになりました。

 

元々、気管支が弱く、一度痛めると一ヶ月くらいノドを痛めっぱなし。食事をするのも困難なくらいノドが腫れ上がって声が出なくなり、「そろそろこの職場では仕事は無理かな…」と思うようになり転職を考えました。

 

 

体調もすぐ崩しやすくなっていたので、かなりナーバスになっていましたね。それで退職して新しい仕事を探し始めました。

 

少し人間関係や人と接する事にも疲れていたので、事務職メインで探しました。でも洋服や雑貨が好きなのでそれに関連する仕事がないかと探していたら、雑貨卸の会社を見つけて就職できました。

 

ファンシー雑貨を取り扱う会社で社長と奥さんと営業が2~3人、事務の女の子が2人いるようなアットホームな会社でした。経理を求めていたらしく配送事務を希望していたのに、何故か経理事務に就かされましたが、可愛い雑貨に囲まれて、皆が和気藹々と仕事をする雰囲気に安心しましたね。

 

制服もなくジーンズなどの普段着で良く、割と自由な社風にホッして安心しました。結果として思い切って転職して良かったかなと思います。

 

 

転職するときは自分の軸をしっかりと!

 

今回はアパレル販売員から雑貨卸の事務員へと転職した方の体験談でしたが、いかがでしでしょうか。

 

今回、体験談を投稿した方が転職に成功した理由はずばり「自分の軸をしっかりと持っていた」という1点につきます。「洋服や雑貨が好き」という点ですね。

 

 

ここでもしも「洋服や雑貨も好きだけど、やっぱり給料が高いほうがいいし…」とか「やっぱり大企業の方が安心だし…」と様々な条件を出していては、恐らく決まるものも決まらなかったでしょう。

 

なので、転職するときはぜひ「自分なりの軸をしっかりと持つ」ことを意識していただければと思います。「これだけは譲れない!」というポイントをハッキリとさせる、とでもいいましょうか。

 

 

ただ、一人で黙々と考えていても気づいたら「同じことばかり考えている」というような、思考の迷路に迷い込んでしまう方も多いです。そんな方はいくら一人で考えても時間を無駄にする可能性が大ですので、一度転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみてください。

 

転職エージェントのキャリアアドバイザーなら、これまで何人もの転職者をみてきた経験から適切なアドバイスをもらえるでしょうから、一人で悩んでいるよりも思考が進み易いです。なので、転職活動の時間を無駄にしないためにもぜひ有効活用してください。

 

 

そんな転職エージェントの中でおススメなのがこちら

 

あなたの適職探します。パソナキャリア

 

 

転職エージェントのパソナキャリアです。オリコンの転職・紹介会社の女性部門で1位に選ばれているので(男性はもちろん)女性にとって非常に使いやすい転職エージェントといえます。

 

ぜひ、転職エージェントを有効に活用して転職活動を有利に進めていただければ幸いです。

 

 

 

 

このページの先頭へ