ライブチャット AV

クレジットカード会社をうつで辞めた!転職先はどこ!?

 

 

私は、33歳女性です。大学を卒業してからすぐに、クレジットカード会社に就職しました。

 

不正利用を検知するセンターに所属しており、カード会員の情報のオペレーションや電話応対なども行なっていました。また、中堅になった頃には、主任という立場にもなったので、派遣社員や後輩社員の教育なども行なっていました。

 

私が所属していたセンターは、24時間体制で土日も営業していたこともあり、土日出勤やシフト出勤も多かったです。そのシフトを組むという重要な役割も担っていました。責任のある立場にもなり、仕事を任されているというプレッシャーもありましたが、やりがいを持って働いていました。

 

 

しかし、上司との相性が悪かったり、更に上の先輩からパワハラまがいのことをされてしまって、精神的に病んだ時期もあります。会社を一定期間、休職するということもありました。それは、完全なうつ状態に陥ってしまったためで、通院していた心療内科の先生から出勤停止の診断を受けたからでした。

 

一度は職場復帰したものの、長期間に渡って休んでしまったこともあって、職場の風当たりもきついものがありました。みんな忙しい中、有給休暇もなかなか取れずに頑張っているのに、私は悠々と休みを取っていたと言われることもありました。

 

そこでまた精神的に追い詰めてしまい、退職という選択をするしかありませんでした。会社で働きたいという気持ちはあるものの、会社に着くと気持ち悪くなってしまい、当時は通勤が困難な状態でした。

 

 

そして退職を決め、会社へはもう行かないと決めたらすっかり良くなりました。そして、次の就職先が決まっていないまま退職したのですが、しばらくゆっくりした後はリクルートエージェントに登録をして、転職活動に励みました。

 

こういったサービスを利用するのは初めてでしたが、転職に関する基礎知識からコツまで、色々と丁寧に教えていただくことができました。そして、私は金融系で働いていたのでそれを生かして同じ業界で転職とも考えましたが、せっかくなら全く違う世界でも経験を積んでいきたいと思い、アパレル業界へ転職しました。

 

元々接客が好きだったので販売を希望し、それが叶ったのです。転職をすると条件は下がりがちではありますが、ほぼ希望通りの転職先を提案してもらうことができ大満足です。元々好きなブランドのショップですし、お客様とちょくせつ接する接客が楽しく、やりがいもあります。

 

 

 

自分でうつ病かどうか見極めるのは難しい

 

今回の投稿していただいた体験談の方の場合、職場を変えることでうつの症状も収まったのでよかったですが、人によっては知らない間にうつ病が深刻化し、「数年間は治療に専念しなければならない」という方もいますので注意が必要です。

 

なので、もしもあなたが今、パワハラ(モラハラ)やセクハラを受けていて精神的に追い詰められている場合、ぜひ一度心療内科や精神科などで診てもらってください。自分がうつ病なのかどうかは本当に自分で判断することができず、一番怖いのが知らない間に深刻化してしまうことですので。

 

 

また、現在パワハラやセクハラでお悩みの方は「職場環境を改善」するための行動を起こしていきましょう。そのためには先ず「社内の上司に相談(上司からパワハラを受けている場合は上司の上司)」したりするところから始めてみましょう。

 

 

もう辞めたい!職場のパワハラ・モラハラ(セクハラ)の原因と対策は!?

 

 

上のページでハラスメントの対策についてはご説明していますが、先ずは社内での問題解決、それでも無理なら今度は社外に、という順番になります。

 

パワハラやセクハラを受けていて一番よくないのは「一人で抱えこんでしまうこと」です。そうすると「悪いのは自分なんだ…」と自分で自分を精神的にさらに追い込んでしまうことにもなりかねません。そうなればうつ病の症状もより深刻化してしまいます。

 

このような方はぜひ一度、回りの人間(もちろん社外の)に相談してみてください。もしも回りに相談したいと思うような人がいない場合は厚生労働省が運営している総合労働相談コーナーなどをご利用ください。

 

 

このページの先頭へ