ライブチャット AV

大企業&中小企業の仕事を辞めたくなる人のおススメパターン

 

新卒のころはついつい「大企業」に憧れがちですが、大企業には大企業の悩みがあるものです。

 

そして、大企業に入ったものの社風になじめなかったりすると「中小企業に転職しようかな…」と悩んでしまいがちですが、当然、中小企業には中小企業の大変な面があります。

 

では、どのような人には大企業 or 中小企業がおススメなのでしょうか。「大企業&中小企業の仕事を辞めたくなるアンケート結果」と共にご紹介したいと思います。

 

 

大企業の仕事を辞めたくなる理由

 

キャリアが築けない

 

大企業の仕事を辞めたくなる理由は自分でキャリアや職種を選択できないことですね。 中には柔軟な会社もあると思いますが、自分のやりたい事に辿りつけないまま何年も仕事をたらい回しにされるのは時間の無駄だと思います。

さらに福利厚生が充実している訳でもなく、残業代も固定で労働時間も長いところが多いです。 自分の納得する職種で、やった分だけ自分にリターンが返ってくるような柔軟な職場が自分にとってはベストだと思いました。

 

大企業はいまだに新卒を「総合職」として一括採用し、一から育て上げるという社員の育成方法をとっているところも少なくありません。

 

総合職として入ってきたあとは、どのような職場、職種、仕事内容が割り当てられるか、あなたが決めることはできません。なのである意味、キャリアは「会社まかせ」になりがちです。

 

もちろん、企業によっては自分の意思でキャリアを選択できるような企業もあるかもしれませんが、もしそんな企業でないのなら、働いているうちに「この方向性でキャリアを築いていきたい!」という思いが出てきたなら、それは大企業を離れ、自分自身の道を歩むべきときなのかもしれません

 

 

何をするにも時間がかかる

 

大企業だと自分のやりたいことがなかなか通りません上司が何段階にもいて決済が下りるまで時間がかかってしまいます。提案に対しても横槍や反対意見も出やすくボツになることも多いのでやる気がなくなってやめたくなることもあります。

 

以前は大企業に勤めていました。 大企業で最も特徴的なのは、会社の組織が複雑すぎて、職員ですら、社会保険や労災、転居などの届け出をどの部署に提出したら良いか分からなくなる点です。 過去の勤め先は、全国に支店があり、さらにその下に営業所がありました。 勤務先が地方の営業所でも、東京の本社に手続きをしなくてはいけませんでした。 遠い部署とのやり取りで間違いも多く、何をするにしても時間がかかってうんざりして辞めたくなったことがあります。

 

仕事でスピード感を重視している人にとって、大企業の動きの遅さはかなりのフラストレーションになることが予想されます。

 

関係部署に稟議書を通すだけで何週間もかかったり…なんてこともあったりしますので、「自分のやりたい仕事をもっとテンポよくこなしていきたい」人は大企業に向いていないかもしれません。

 

 

成果が見えにくい

 

自分の替わりがいくらでもいると思った時でしょうか。特に自分なりには短期的な仕事の成果を出したとしても、その会社の創設から見たら、過去にその短期的な仕事でより利益を出している人は沢山いることを知って、上司からそれがスタンダードだという決めつけ等をされると、やはり大企業だなと感じ辞めたくなりますね。

 

私が勤務する会社はグループ全体で数万人が働く一部上場企業です。本社は現場のことを考えない。現場でどんなにがんばっても給与に反映されることはほとんどなく、出世することもありません。ただ、仕事が増えて、精神的に肉体的に疲れていくだけだからです。

 

大企業の売り上げは中小企業のそれと比べると当然大きくなりますので、一人のひとりの結果が非常に見えにくいです。

 

もしあなたが独立心が強く「自分の行ったすべてのことが自分の給与に反映される」コミッション制(歩合制)のような働き方を望むのであれば、もう少し小さな規模の企業に転職するか、そういった給与制度をとっている企業に転職すべきでしょう。

 

 

転勤がある

 

大企業は転勤族になる事を覚悟しなければなりません。転勤を望まないという希望も出せるかもしれませんが、そうしたものなら仕事が充実していると思わせてくれない雰囲気の中で居なければなりません。

 

大企業は往々にして全国展開し、全国に支社があるため転勤を言い渡される機会も中小企業に比べると多いです。

 

特に海外への転勤などを言い渡されると数年間は(結婚しているなら)家族と離れ離れになったり、見知らぬ地で不便を感じながらの生活を余儀なくされます。

 

もちろん、数年後に(もともとの勤務地に)戻してくれるというのであれば、その間なんとか耐えられるかもしれませんが、「事情が変わったから戻りが延期」になるような話もよく聞きますし、そもそも「絶対に今、働いている場所から離れたくない!」というのであれば地元に根を張って商売しているような企業に転職すべきでしょう。

 

 

中小企業の仕事を辞めたくなる理由

 

さて、大企業の仕事を辞めたくなる理由についてご紹介しましたが、今度は「中小企業」の仕事を辞めたくなる理由についても見ていきたいと思います。

 

 

制度(システム)が確立されていない

 

 

仕事のル-ルが曖昧な為、核心をついた疑問や質問に先輩社員が答えることが出来ないあるいは『好きに進めて大丈夫だよ』と何の確信も無い回答が帰ってきます。当然好き勝手に進め失敗すると責任を問われることばかりです。

 

私は、20代の頃、ある中小企業のコピー機等のリース会社に事務員として入社しました。私と同時に入社した者は、9名ほどいたのですが、何故か私だけ、倉庫に回され、来る日も来る日もコピー機等を出し入れする体力仕事をし、他の同期は皆快適なオフィスでデスクワーク行っていたのですが、その時は本当に辞めたくなりました。

 

IT関連の情報やスキルに疎く、社内での事務作業の環境が悪い中小企業は仕事を辞めたくなってしまいます。手書きの帳簿などのアナログ的な事務作業もまだまだ多く、社内での情報共有や経理処理などのためのIT環境が整っていないと、今の時代、とても業務効率が悪く大変だと思うからです。

 

中小企業は大企業ほど仕事のやりかたが確立されているわけではなく、まだ発達段階であることも多く、自分で仕事のやり方を確立しなければならなかったりします。

 

さらに、企業によってはろくにIT技術をとりいれていなかったりし、その場合は見積書など、必要な書類が全部手書きでかなり面倒だったり…。

 

こんな企業で働いていると、「システムがしっかり整備されている大企業がうらやましい…」なんて思ってしまうかもしれませんね。

 

 

人手不足

 

本来担当するはずだった社員が抜け、ひとりで仕事をしょい込む羽目になりました。手伝いが欲しい、と何度も課長に要請したものの、「暇な人間なんていない」と断られたのにも関わらず、いざ業務が破綻を来そうと言う場面では、「一人で仕事を抱えた責任」とされました。

 

大企業なら人手が足りなくなるとどこかの部署から人を異動させるなどして人手不足を解消させることも簡単かもしれません。

 

ですが中小企業の場合、もともとそんな多い人数がいるわけでもないためどこかから異動してもらうわけにもいきませんし、、金銭的に余裕のない企業も多いですから新しい人を雇うのに躊躇する企業も多いです。

 

なので、どこの中小企業でも「即戦力ならいつでもほしい!」という人手不足が慢性化している職場も少なくありません。結果、少人数で多くの仕事を担当させられがちで、業務量の多さから辞めたいと考える人も多いようです。

 

 

人間関係

 

100人弱の中小企業に勤めていますが、辞めたくなる1番の理由はやはり人間関係です。全体的に体育会系なところがあり社内にいるだけで気を遣うほか、他の人への苦言を聞かされたりとストレスが溜まります。大企業の場合、部署異動もあるかもしれませんが、うちのような小さな会社の場合そんなものはなく、自分もその空気に染まってしまうのが嫌で、早く仕事を辞めたいと考えてしまいます。

 

大企業に比べ、中小企業は人と人との距離がとっても近いです。なので、ちょっとしたことでトラブルが起きた時などに集中砲火を受けたり、それによって会社に居づらくなってしまったりと人間関係の問題で仕事を辞めたくなってしまうことが多いと思われます。

 

もちろん社風によっても違いはあるでしょうが、中小企業は大企業と比べて人数が少ないことからも、人間関係が(よくも悪くも)近いです。このため、悪い人間関係の職場に入ってしまうとその影響をもろにうけ、仕事の能率も下がってしまうでしょう。

 

 

モラルが低い

 

営業職で入社したのに女性だからという理由でお茶くみや電話番をさせられます。ときには夜の接待の席にも呼ばれます。「女性に淹れてもらったほうがおいしく感じるから」という理由なら嬉しいのですが、「女だから」というのであれば見下されている感じがして不快に思います。

 

私が所属していた会社は、商品先物取引のクズレの会社でした。預かりが10億円くらいしかないのに、一か月5000万円の手数料を成績として出せとか「お前らの仕事は金をかき集めてくる事だろうが」と言った会社でした。当然の結果ながら法律が出来たら即潰れました。良心を失ったら人間終わりです。

 

大企業よりも知名度が低く、「他人の目があまりない」中小企業の方がパワハラやセクハラは起こりやすいのかもしれません。

 

ちなみにですが、【もう辞めたい!】職場のパワハラ・モラハラの原因&対策!ページの「1000人以上の規模の企業はパワハラ対策が進んでいる」でもご紹介している通り、大企業の方がパワハラ対策により取り組んでいる傾向があることからもわかる通り、中小企業の方がパワハラやモラハラ、セクハラ等で仕事を辞めたい人は多いのかもしれません。

 

 

大企業に比べて不安定

 

大きな企業だと仕事にムラがなく続いてあります。中小だと急に取引がなくなったりして暇になったりするときは不安になります。給料がそれでも安定的に出ていればいいですが、遅れたりするとやはり会社を変わったほうがいいのではないかと思ってしまいます。

 

「今の時代は大企業でも潰れる」とはよく言われることですが、それでも中小企業と比べるとやはり大企業の方が潰れる心配はなく、”安定”しているといえるのではないでしょうか。

 

ですがもちろん中小企業によっては「高い技術力を持っている」ことから、経営状態が安定している企業も多数存在することから、「中小企業だから不安定」というより、その企業が展開しているビジネスがどれだけ安定しているのかを考えたほうがいいかもしれません。

 

給料が安い

 

アベノミクスで給料が大きく増えたのは1部の大企業だけで中小企業の多くはそんなに給料が増えていません。だから家計も潤わず生活が苦しいです。求人表に残業無しと書いてあっても入ってみると多くの残業があったりするけれど残業手当があまり出なかったりすることがあるので生活面と給料の面で中小企業の仕事をやめたくなる人が多いと思います。

 

中小企業より大企業の方が福利厚生しかり、給料も高い傾向にあるでしょう。ただ、これも先ほどの「大企業に比べて不安定」という項目と同じように、中小企業でも給料が高いところもありますから、これも一概にはいえないでしょう。

 

 

大企業と中小企業…転職するならどっち?

 

さて、ここまで大企業と中小企業、両方の「仕事を辞めたくなる理由」をご紹介してきましたが、ではどんな人に大企業が、どんな人に中小企業がおススメなのでしょうか。

 

大企業での仕事がおすすめな人のイメージ像

 

  • 仕事において回りとの”調和”をとることに重きを置いている人
  • 確実に、着実に仕事を進めていきたい人
  • 「今のところ明確なキャリアビジョンはない」という人
  • 転勤や異動も気にならない人

 

 

中小企業での仕事がおすすめな人のイメージ像

 

  • ”人間関係”よりも「仕事で実績をあげること」にやりがいを感じる人
  • ある程度自分の裁量で、スピード感をもって仕事を進めていきたい人
  • すでに明確なキャリアビジョンを持っていて、キャリアを積み上げていきたい人
  • 転勤や異動は受け入れられないという人

 

 

これはあくまでの今回の「仕事を辞めたい体験談」から見えてきた話をまとめているだけですので、「大企業」「中小企業」といった企業規模だけで会社を選んでしまっては危険です。

 

もし仕事を辞めて転職するのであれば必ず何かしら「転職理由」があると思いますので、先ずはその転職理由を満たせる企業を探してみて、なおかつ「企業規模によってこういった傾向がある」ぐらいにとらえて頂くぐらいがちょうどいいのではないかと思います。

 

 

ちなみにもし転職するのであれば先ずは求人情報を集めるところからですが、求人情報を集めるのにおススメの転職エージェントがこちら。

 

DODA

 

 

転職エージェントの中でも求人数において1,2を誇るDODAです。担当者があなたの代わりにあなたの希望の求人を厳選して紹介してくれますので、働きながら転職活動をしたいものの「時間がない」という人におススメです。

 

「大企業」や「中小企業」の仕事を辞めたいという人の参考になれば幸いです。

 

 

 

このページの先頭へ