ライブチャット AV

医療事務として転職!まさかの給料アップのカギとは!?

 

 

36歳、男性 医療事務として働いており、1部署を任されていました。

 

職場を退職した理由としては、いろいろありますが大きな問題として弱者を救う立場の医療業界の人間がその弱者からのお金稼ぎに動き出したので少し感覚が違うなと感じました。

 

もちろん、病院経営も慈善事業ではないことは理解していますし私たちもそのお金で生活していることも分かります。しかし、理想論なのかもしれませんが病気を患った弱った方々から病院の都合で請求できる金額を多くして患者様を苦しめるその関係は間違っているように感じました。

 

更に、支払いを出来ない患者については家族にまで連絡を入れて治療費回収に力を注ぐ部署を立ち上げたり、私自身が感じた医療業界とは大きくねじ曲がっていることに気づき、転職を決断いたしました。

 

 

転職を決意した時に使用したサービスはリクナビとマイナビで登録を行いそのうちのマイナビの転職斡旋エージェントより連絡を頂き、現在はその紹介して頂いた病院で勤務しています。

 

転職の際に不安だった要素は収入面そして条件面です。今のものよりも何とか同じ、もしくはそれ以上で検索していたのでエージェントの方より連絡を頂いてその条件を相談したところ、先方の方と話をして下さり条件を先方側が飲んでくれるよう交渉していただきました。

 

 

正直自分でもいくつかの活動は行いましたが条件面では下がるもばかりだったのでこのような結果になるとは想像もしていませんでした。現在はまた患者様のためと日々考え何とか患者様に対してこの高い治療費分を還元できるかと模索しながら病院で働いております。

 

以前の病院も昔は患者様の事だけを考え日々の業務を送っていたのですが、いつしかお金のことを言うようになり結果退職をすることになりましたので、現在の職場では自分自身も患者様のために日々何が出来るかを念頭に置いて仕事に取組み続けております。

 

転職先では条件面が高かった分いろいろと無理難題が押し付けられるのかと少し不安はありましたが、そんなことは一切なく気持ちよく歓迎してくださり人間関係も良く仕事が出来ています。

 

給与面の話はしたくはないですが条件をのんでくださった職場に還元もしないといけないのでこれからもしも無理難題を与えられても少々のことなら受け入れて仕事をしていき、職場に自分の給与以上の働きをしていると認めて頂けるように日々頑張っていきたいと考えています。

 

 

 

好条件での転職なら転職エージェントを

 

 

今回は自分の理想をかなえつつ転職に望まれた方の体験談をご紹介しましたが、やはり給料などの条件面を一人で事業主と交渉するのは少しハードルが高いでしょう。そのような経験がある人の場合、自分でやってもうまくいくかもしれませんが、経験の無い方が交渉しても失敗する確立の方が明らかに高いです。

 

そのため、給料面や労働条件において納得しつつ転職を実現させたい場合は間違いなく転職エージェントを利用したほうがいいといえます。転職エージェントのキャリアアドバイザーならそのような交渉ごとになれている方も多いですからね。

 

 

今回の体験談を投稿された方が利用した「マイナビエージェント」もおススメの転職エージェントの一つですが、当サイトで何度も触れている通り「転職エージェントは一つに絞るのではなく、複数を同時に利用」したほうが転職活動もよりスムーズに事が運びます。

 

一つの転職エージェントに絞って活動すると紹介される求人に偏りがある可能性もありますからね。2~3の転職エージェントを同時に利用して転職活動を行えばそのような可能性も少なくなりますので。

 

 

 

このページの先頭へ