ライブチャット AV

ITをうつ病で辞めた!転職先は介護業界!?

 

 

以前IT業界に勤めていた経験のある30代の男性です。大学を卒業してIT業界に入りましたが、入った会社がブラック企業に近い待遇の会社で、入社当初は交通費なし、厚生年金にも未加入という状態でした。

 

その当時は仕方ないとして泣き寝入りして頑張っていましたが、残業代も支払われずに毎日深夜に及ぶ業務に従事しているという状態でした。2年ほどすると、会社の母体が変わり、福利厚生などの待遇面では大きく改善されるようになったものの、相変わらず残業代に関しては厳しい状況で、退職するまでの間ほとんど支払われていません。

 

 

私が勤めていたIT会社は、いわゆる末端の会社で、開発を行う会社へ出向し、業務に従事する形をとっていました。勤めて5年ほどすると、ミスが重なるようになり、会社からの重圧も重なり、精神的に病んでしまいました。

 

病院を受診し、うつ病の一歩手前の状態と診断され、これ以上会社に勤めていたら精神衛生上良くないと判断し退職に至りました。自己都合による退職となってしまいましたが、ハローワークに通いながら、手に職になるような異業種の業界を探そうと思い、転職支援サービスにも登録してみましたが、決め手になうような職に巡り合えませんでした。

 

 

そこで、当時募集していたホームヘルパー2級の職業訓練基金による資格取得の講座の募集を見つけ、応募したところ5倍の倍率を運よく通過し、3ヶ月の受講を経て資格を取得することができました。介護業界には元々興味を持っていたため、改めてハローワークで介護施設の求人募集を探すことにしましたが、思ったよりも男性の求人が少なく、思うように進まなかったのを覚えています。

 

根気よく探しているうちに、条件の合う募集を見つけることができ、介護士として働くことになりました。仕事に慣れるまでは、チームメンバーとのやり取りの面で非常に苦労しましたが、やりがいを感じられる仕事として長く勤めた結果、国家資格の介護福祉士も取得し、キャリアアップに至る資格を得るに至りました。

 

現在は引越しの都合で介護職を退くことになりましたが、これからの超高齢化社会に向けて有利になる資格が得られたことに満足しています。機会があれば介護職に復帰して、ケアマネージャーなどの資格も取得できるようになれればと考えています。

 

今は条件の良い施設を探しながらフリーランスとして働く日々を送っており、求人広告などを確認しながら生活しております。

 

 

 

 

このページの先頭へ