ライブチャット AV

家族サービスのために会社を辞めた!転職後の状況は?

 

 

38歳の男です。6年前に辞めましたが、以前はアミューズメント施設、分かり易く言えばゲームセンターで働いていました。

 

その会社はレンタルビデオとゲームセンターを主軸業種として、その業界では珍しく私が在籍していた時に東証一部上場を果たすなど、2005年くらいまでは業績好調で店舗も東京、神奈川、千葉など、首都圏の一帯に展開していました。

 

 

ただ、会社は仕事がきつかったり、働きやすい環境が整っていなかったこともあり離職率が高くそれが人員不足をつくり、さらに社員が辞めていくといった悪循環が入社してからずっと顕在化していました。

 

追い討ちをかけるように、世の中は不景気の中でレンタルビデオは動画配信に市場を二分され、ゲームセンターも携帯ゲームの台頭やハンディゲームの流行で、日に日に”ゲームセンターに行かなくても別に家でゲームはできるし充分”というようなゲームセンター離れが深刻となり、それに伴い会社の業績も悪化の一途をたどり、気付いた頃には経営が立ち行かなくなってしまったのです。

 

私が退職したのは、その真っ最中でした。辞めた理由は会社の業績が悪く、給与も上がらなくなってきたこともありますが、その当時、私には2人目の子供が産まれて妻の協力をしてなるべく家にいる時間を長く持たなければいけない時期だったのにも関わらず、会社は次女が産まれて3日後に店舗異動を命じてきたり、その次の店舗では3週間以上休みなしという、一番家族と一緒に居てあげなければならない時に非情すぎる指令をしてきたのです。

 

そこで私は強く感じたことがあります。「この会社は社員の幸せなど何も望んではないのだ」と。その直後に私はその会社を辞めて、転職することにしました。

 

 

転職には、はじめリクルートエージェントという会社を利用し、いくつか面接まで組んでもらいましたが、採用にはいたらず、転職活動を当時東京を中心で行っていたんですが、ふと、「何故私は東京にこだわっているのだろう」と思ったのです。

 

東京に就職するのは、私が本当にしたいのではなく、周りから見られた時に「東京の方がなにかとかっこよく映るから」なのではないかと思えてきたのです。そこからは地元のハローワークで求職するようになりました。

 

そして今では、まったく畑の違う、小中学校の教材販売会社へ転職することができ5年が経ちます。給与の面では確かに少し下がりましたが、それ以上に、地元で就職したことで、通勤時間が大幅に短くなり、子供達と同じ土日の休みとなり、休みの日には色々な場所へ2人を連れて出掛けられる楽しみを知りました。この転職には今では本当に満足しています。

 

 

家族をとるか仕事をとるか

 

家族を養いながら働いている方なら一度は抱えたことのある悩みかもしれませんね。家族をとるか仕事をとるか。「もっと家族サービスをして欲しい!」とパートナーから訴えられても「こっちはそんな家族のために仕事をしているんだ」といいたくもなります。

 

しかし、ここはしっかり考えて見なければならないところでしょう。「本当に仕事と家族を両立することは不可能なのか」ということを。一つの会社で長く働いている人にとっては今の会社の状況が普通に感じられるかもしれませんが、世の中には家族と仕事を両立されている方もたくさんいます。

 

もちろんそれが「あなたの選んだこと」なのだとしたら、もはや何も言うことはありませんが、もしも「もっと家族サービスをしたい!」にも関わらず嫌々働いているのだとしたら少し今後の方向性について考えなければなりません。

 

 

「家族のために…」といって家族と時間を共有することもできず働いていては、子供が成長する過程をみるという「親としてのもっとも幸せな時期」を逃すことになってしまいます。これは親としてあまりに辛いことではないでしょうか。

 

そのような方は家族と一緒に過ごす時間を増やすためにも一度、転職活動をしてみることをおススメします。「こんな時代に転職先なんて見つかるのだろうか…」と不安に感じる気持ちも強いでしょうが、そんな方のために転職エージェントがあるわけですからね。

 

ぜひ今抱えている問題を転職エージェントの方とよく話しあい、今後の方向性を決定していただければと思います。

 

 

このページの先頭へ