ライブチャット AV

営業で結果が出せずに給料未払い!?転職後に請求したものの…

 

以前勤めていた会社では、私ともう一人の社員に対してだけ給料を3ヶ月も未払いにされていました。

 

理由は単純です。不景気である最中にもかかわらず、私たちが営業としての責務を果たせず、結果を上げられないからです。たしかに私たちは営業成績が極端に悪かったことは事実ですが、それだけを根拠に給料の未払いを行っていいわけがありません。

 

何度も社長に直談判しましたが、目立った効果は出ませんでした。社内でも社長に同調して私たちを無能呼ばわりする風潮が当然のようになっていたので、最終的に私は転職することを決意しました。

 

 

手始めに、リクナビネクストという転職サイトに登録してみました。不動産関連の営業を行っていたので、その経験が活かせる仕事に就きたかったですが、公開されている営業職の求人はコンピューターや自動車関連のものが多かったです。

 

もちろん、営業職経験者としてアピールはできますが、業界としては未経験ですし、転職活動に少し躊躇したのは事実です。しかし、今の会社に残って給料の未払いなんて「2度と経験したくない!」と固い意志の元に初めて転職活動です。なので結局、私は営業経験のみを武器に他業界への面接に臨むことにしました。

 

 

最終的に私は味噌の製造販売を行う企業の営業職として採用されましたが、転職してから前の会社に給料の未払い分を請求たところで全く取り合ってもらえませんでした。そのときは本当に悔しかったです。

 

しかし、そのような悔しい事態を帳消しにしてくれるぐらいに新天地での仕事は充実しています。昇格のチャンスも巡ってきましたので、しばらくはこの会社で頑張り続けたいと思います。

 

未払いの給料は取り戻せる!

 

こちらは給料未払いを経験された、とある営業の方の体験談ですが、営業で結果を出そうが出せなかろうが、給料は必ず払われなければなりません。

 

しかも3ヶ月なんて…ちょっと考えられないですね。はっきりいって今回、体験談を投稿された方は転職されて大正解だったと思います。しかし、残念なのが「結局、未払いの給料を払ってもらえなかった」ということでしょうか。

 

基本的に、給料や残業代などの請求は2年間で時効ですので、もしも現在、給料や残業代を請求しようと考えている方はできる限り早めに行動されることをおススメします。(先ずは弁護士に相談されるところからです)

 

労働問題に強い弁護士が最短5秒で見つかる

 

こちらは得意なジャンル別に弁護士を検索できるサービスです。弁護士に相談しようかどうか迷っている方は、ぜひ一度相談していただければと思います。

 

 

また、未払いの給料や残業代を請求するのであれば、その後、会社ではいづらくなることが予想されますので、よほどの理由が無い限り、今回の体験談の方のように転職先は探しておいたほうがいいでしょう。

 

転職支援サービスまとめ&おススメランキング!

 

 

今回の体験談を投稿していただいた方の場合、転職サイトしか利用されなかったようですが、転職サイトと同時に転職エージェントの利用もおすすめです。転職サイト、転職エージェント共にメリット・デメリットがありますが、両方とも利用するのは無料なので、利用しないほうがもったいないといえます。(それぞれのメリット・デメリットは上のページでご紹介していますので参考にして頂ければ幸いです)

 

会社の給料未払いは、どのような事情があっても許されるべきではありませんが、そのような会社に長々と勤めること自体がリスクでしかありません。「資金繰りに困っているから未払いにされた」というのであれば、なお更、早めに転職されることをおススメします。(そういった会社はいつ潰れてもおかしくないですので)

 

 

 

このページの先頭へ