ライブチャット AV

【辞めてどうする!?】8年間働いたMRがMRを辞めたくなる理由!?

医者

 

私は大学を卒業後、8年間製薬/医療機器系企業のMRとして勤務しておりました。 扱っていた製品は処方医薬品/医療器材でした。

 

製薬/医療機器業界が他業界と最も異なる点は営業をかける相手がいわゆる医療のプロである 医療従事者であることです。

 

 

 

MRは医療に必要な製薬知識や医療常識など最低限の知識を学ぶためMR試験という業界の試験をうけますが 基本、どんなに勉強しても臨床現場経験のある医師をはじめとした医療従事者よりはるかに劣る知識しかない状態で営業を行います。

 

 

その点、知識の未熟さを指摘され、罵詈雑言を浴びせられたために涙する人もとても多くこの業界で営業をするうえで辛いことの一つと言えるでしょう。

 

 

顧客からの依頼を受け毎日死ぬほど論文を読んだり全く興味がない医療知識を習得する辛さもあり、転職を考えたことは何度もありました。

 

 

 

 

もちろんMRも他業界の営業職も、営業として感じるつらさというのは基本的に同じだと思いますがMRの場合は営業職特有の辛さを感じる機会が多いように思いました。

 

さらにMRとして仕事をしていて、私にとって最もつらかった側面は、MRが会社から任される顧客を定期訪問するルートセールスを行う点にあったと思います。

 

 

ルートは基本数十件の顧客を担当して製品の売り込みをかけますが、PRした製品に対して「要らないよ」と言われても、 再度あの手この手でPRを行う義務を会社から負っています。

 

 

その顧客に嫌われても、唾をかけられても関係ありません。 その度、自分のことを嫌いな人に笑顔で会いに行くことほどつらいことはありませんでした。

 

これはMRに限らずルート営業を行う営業職の方が例外なく感じていることと思います。

 

 

現在は営業から本社企画系職種に転籍となりましたが、以後に感じることは朝出勤するときに自身の体調にかかわらず 「これから顧客に良い顔をしなくて良いんだな」と考えるだけで気持ちが楽になります。

 

営業は自身の都合ではなく顧客本位で動く仕事であるが故、つらい仕事だったなと思います。

 

 

 

 

 

 

なぜMRを辞めたくなるのか?

なぜMRを辞めたくなるのか?

 

今回ご紹介した体験談はMRとして8年間働き、最終的に社内の事務員として働いている方の体験談ですそもそもなぜ「MRを辞めたい」という人が多いのでしょうか?

 

よく聞く理由として…

 

  • 医者にひどい扱いを受ける
  • 卸(MS)との人間関係を構築するのが大変
  • 社内からの必要以上の圧力

 

こういったことが挙げられるでしょうか。

 

 

医者にひどい扱いをうける

医者にひどい扱いを受ける

 

2013年のピーク(65,752人)を境に減少傾向にあるMR。

 

 

今後は「医者に付加価値のある情報を与えられないと淘汰される」という話はよく聞きますが、医療のプロである医師に価値ある情報を伝えることは非常にハードルが高いです。

 

当然、そんな価値あるMRでなければ医師にとっては邪魔な存在です。医師はただでさえ忙しいのに、貴重な時間を少しでも無駄にするMRに対しては冷たく接しがちです。

 

 

なのでそもそも「医療に対して全く興味が持てない」という人は知識もあまり頭に入ってこず、付加価値をあたえられないため医師から邪険に扱われMRを辞めたいと感じがちになります。

 

そういった人がMRとして働き続けるには相当メンタルが強くなければ無理なはなしでしょう。

 

 

 

卸との人間関係を構築するのが大変

卸との人間関係を構築するのが大変

 

また、他業界なら卸とメーカーというと、立場的にメーカーの方が強くなることが多いですが、なぜかことMRとMS(卸)に関してはMSの方が立場が上のことも多いようです。

 

 

今回の体験談の方のように毎日顔を会わせなければいけないMSに嫌われでもしたらとてつもないストレスで、MRを辞めたくなっても仕方がありません。

 

 

社内からの必要以上の圧力

社内からの必要以上の圧力

 

これはMRに限定された話ではありませんが、社内で「もっと売り上げをあげろ!」と必要以上に営業にプレッシャーをあたえ、無理やり売り上げをあげさせようとする企業も存在します。

 

このようなことが理由でうつ病となり、自殺してしまったMRの方もいますが、社外(医師や卸)でも社内(上司)でも絶え間なくストレスを感じていたらうつ病となってしまってもおかしくありません。

 

 

MRを辞めたいけど…どこに転職すればいいの!?

 

 

ではもしMRを辞めるとするならどのような転職先が考えられるのでしょうか。

 

 

医療機器メーカーの営業

 

先ずMRを辞めたい一番の理由である、MR特有の人間関係から解放されたいのであれば、これまでのMRとしての経験を活かせる医療機器メーカーへの転職が考えられます。

 

 

慢性疾患の薬のような場合、どのメーカーの薬を使用してもたいして違いがなく、どのメーカーの薬を使っても同じという理由から医師にとってMRの存在価値はどうしても下がってしまいがちです。

 

ですが医療機器メーカーの場合、メーカー毎に製品の特長に違いがみられることも多く、医師としては情報収集のために医療機器メーカーの営業は(少なくともMRよりは)無下に扱われることも少ないです。

 

 

もちろん、製品力の低い医療機器メーカー(シェアが徐々に落ちているようなメーカー)の営業として転職してしまっては、また営業として苦戦してしまうことは目に見えているので、どの医療機器メーカーの商品力が強いか、情報収集するのは必須です。

 

もし真剣に医療機器メーカーへの転職を考えているなら、現在通っている病院に出入りしている医療機器メーカーの人と仲良くり、メーカーの内部情報についてMRとして働いているうちに仕入れておきたいところです。

 

MRから転職するならこちら

DODA

 

 

CRAはノルマ嫌いの営業におススメ?

 

ちなみに営業の中でも「ノルマが嫌い」なのであれば、MRの経験を活かした転職先としてCRAも考えられます。

 

CRAもおススメの転職先

 

CRAとは

CRA(Clinical Research Associate)とは、モニター(臨床開発モニター)とも呼ばれ、治験に関する治験契約、モニタリング業務、CRF(Case Report Form:症例報告書)チェック・回収、治験終了の諸手続きなどを行う専門職です。

 

 

芸能プロデューサーがまだ世に出ていない芸能人(アイドル)を育てて、人気芸能人や人気アイドルにしようとするのに対し、CRAはまだ世に出ていない”薬”を世に送り出すためのプロデューサーのような仕事です。

 

CRAとして働いると当然ながら医師とコミュニケーションをとらなければなりませんが、CRAと医師は「被験者の症例登録数をとる」ということで一致しているため、医師に「何かを売り込まなければならない!」というような感覚はずっと薄れ数字に追い回されている感は減ります。

 

 

ただ、CRAのデメリットとしてMRからの転職が難しいという側面があります。また、CRAのほとんどの求人が28歳前後が年齢制限として設定されているため、MRからCRAへの転職を考えているのであればできるだけ若いうちから転職活動を行いましょう。

 

そもそも、MRとして何年も働いたとしても、CRAへの転職にはそこまで有利に働きませんので。

 

 

営業を辞めたい人におススメなのは本当に事務員?

営業が嫌なMRのおススメ転職先は?

 

また、営業が嫌というのであれば営業職以外に転職することも考えられますが、まず営業職以外の職種と聞いて真っ先に思い浮かぶのが事務ではないでしょうか。

 

今回の体験談の方のように社内公募をとおして事務員になれる人もいますが、いつ出るかわからないものを待つのもどうかと思いますし、何より営業が嫌いだからといって事務に転職するのはあまりおススメできません

 

一般事務は人気職種のため倍率が高く、採用までのハードルが高いからです。

 

 

もちろん派遣などなら比較的簡単に職に就けるでしょうが、正社員として事務への転職を考えているなら転職活動は長期化することを考えておいた方がいいでしょう。

 

転職活動が長期化しそうなら辞めてからでなく働きながら転職活動を行うことを強くお勧めします。

 

【見つけ方は!?】次の仕事が決まっていないけど限界だからやめた話

 

 

ちなみに事務でなくとも営業以外の仕事というのは探せばみつかるものです。

 

コールセンターやWeb関連の職種(WebディレクターやWebマーケター)など。最近は業界的に人材不足の傾向にあり、技術さえあれば結婚してからでも仕事を続けやすいWeb関連の仕事は女性にもおススメの職種の一つです。

 

 

さらに、たとえあなたが「営業嫌い」だったとしても営業にはいろいろな種類が存在します。

 

MRだとルート営業がメインですが、新規開拓の方が得意な人もいるでしょう。法人向けか個人向けなのかによっても営業スタイルは変わりますし、扱う商品や業界が変われば営業として一気に花開くこともあります。

 

営業職を辞めたい人が転職時に気を付けるべき悩みについて!

 

 

営業として転職するならこれまでのMRとしての経験も活かせるため、例え業界が違っても転職しやすいのは事実です。

 

なので、営業が嫌いだからといって最初から営業という選択肢を転職先から排除してしまうのはもったいない気がします。

 

異業種(営業以外)や他業界(製薬以外)への転職はそうそう何度もできることではありません。やはり年齢が上がればあがるほど転職しずらくなりますからね。

 

 

 

また、働きながらMRからの転職を真剣に考えているのであれば、ぜひ転職エージェントのようなサービスを利用してください。

 

転職エージェントに登録しておけば、面倒くさい企業との面接日程交渉や、初めてだとよく分からない履歴書や職務経歴書の書き方についても教えてくれ、単純に転職活動の負担が減ります。

 

また、履歴書や職務経歴書の書き方を誤ってしまい、いきなり第一候補の企業に応募したものの、あえなく落選し「転職エージェントに登録して、しっかり書類を用意しておけばよかった…」と後悔する人も多いですからね。

 

 

ちなみにMRにおすすめの転職エージェントはDODAでしょうか。

 

DODA

 

 

メディカル業界に熟知した担当者もいるので、そんな人ならこれまでMRとして働いてきたあなたの強みをうまく引き出して転職活動をサポートしてくれるでしょう。

 

そんな人に転職活動をサポートしてもらえるのと、してもらえないのとでは、おのずと転職結果にも大きく影響してきます。

 

ぜひ、自分の転職活動を最高の結果にするためにもDODAのような転職エージェントで優秀な担当者にサポートして頂ければと思います。

 

 

「MRを辞めたい…」と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ