ライブチャット AV

【辞めてどうする!?】8年間働いたMRがMRを辞めたくなる理由!?

医者

 

私は大学を卒業後、8年間製薬/医療機器系企業のMRとして勤務しておりました。 扱っていた製品は処方医薬品/医療器材でした。

 

製薬/医療機器業界が他業界と最も異なる点は営業をかける相手がいわゆる医療のプロである 医療従事者であることです。

 

 

 

MRは医療に必要な製薬知識や医療常識など最低限の知識を学ぶためMR試験という業界の試験をうけますが 基本、どんなに勉強しても臨床現場経験のある医師をはじめとした医療従事者よりはるかに劣る知識しかない状態で営業を行います。

 

 

その点、知識の未熟さを指摘され、罵詈雑言を浴びせられたために涙する人もとても多くこの業界で営業をするうえで辛いことの一つと言えるでしょう。

 

 

顧客からの依頼を受け毎日死ぬほど論文を読んだり全く興味がない医療知識を習得する辛さもあり、転職を考えたことは何度もありました。

 

 

 

 

もちろんMRも他業界の営業職も、営業として感じるつらさというのは基本的に同じだと思いますがMRの場合は営業職特有の辛さを感じる機会が多いように思いました。

 

さらにMRとして仕事をしていて、私にとって最もつらかった側面は、MRが会社から任される顧客を定期訪問するルートセールスを行う点にあったと思います。

 

 

ルートは基本数十件の顧客を担当して製品の売り込みをかけますが、PRした製品に対して「要らないよ」と言われても、 再度あの手この手でPRを行う義務を会社から負っています。

 

 

その顧客に嫌われても、唾をかけられても関係ありません。 その度、自分のことを嫌いな人に笑顔で会いに行くことほどつらいことはありませんでした。

 

これはMRに限らずルート営業を行う営業職の方が例外なく感じていることと思います。

 

 

現在は営業から本社企画系職種に転籍となりましたが、以後に感じることは朝出勤するときに自身の体調にかかわらず 「これから顧客に良い顔をしなくて良いんだな」と考えるだけで気持ちが楽になります。

 

営業は自身の都合ではなく顧客本位で動く仕事であるが故、つらい仕事だったなと思います。

 

 

 

 

 

 

なぜMRを辞めたくなるのか?

なぜMRを辞めたくなるのか?

 

今回ご紹介した体験談はMRとして8年間働き、最終的に社内の事務員として働いている方の体験談ですそもそもなぜ「MRを辞めたい」という人が多いのでしょうか?

 

よく聞く理由として…

 

  • 医者にひどい扱いを受ける
  • 卸(MS)との人間関係を構築するのが大変
  • 社内からの必要以上の圧力

 

こういったことが挙げられるでしょうか。

 

 

医者にひどい扱いをうける

医者にひどい扱いを受ける

 

2013年のピーク(65,752人)を境に減少傾向にあるMR。

 

 

今後は「医者に付加価値のある情報を与えられないと淘汰される」という話はよく聞きますが、医療のプロである医師に価値ある情報を伝えることは非常にハードルが高いです。

 

当然、そんな価値あるMRでなければ医師にとっては邪魔な存在です。医師はただでさえ忙しいのに、貴重な時間を少しでも無駄にするMRに対しては冷たく接しがちです。

 

 

なのでそもそも「医療に対して全く興味が持てない」という人は知識もあまり頭に入ってこず、付加価値をあたえられないため医師から邪険に扱われMRを辞めたいと感じがちになります。

 

そういった人がMRとして働き続けるには相当メンタルが強くなければ無理なはなしでしょう。

 

 

 

卸との人間関係を構築するのが大変

卸との人間関係を構築するのが大変

 

また、他業界なら卸とメーカーというと、立場的にメーカーの方が強くなることが多いですが、なぜかことMRとMS(卸)に関してはMSの方が立場が上のことも多いようです。

 

 

今回の体験談の方のように毎日顔を会わせなければいけないMSに嫌われでもしたらとてつもないストレスで、MRを辞めたくなっても仕方がありません。

 

 

社内からの必要以上の圧力

社内からの必要以上の圧力

 

これはMRに限定された話ではありませんが、社内で「もっと売り上げをあげろ!」と必要以上に営業にプレッシャーをあたえ、無理やり売り上げをあげさせようとする企業も存在します。

 

このようなことが理由でうつ病となり、自殺してしまったMRの方もいますが、社外(医師や卸)でも社内(上司)でも絶え間なくストレスを感じていたらうつ病となってしまってもおかしくありません。

 

 

 

MRを辞めたいけど…本当に次の仕事が見つかるか不安!

 

このようにMRとして働くことには様々なストレスがつきものです。なので、もし「もうMRとして働くのは限界…」と感じているのであれば、他の仕事を探してみるのも一つの手といえるでしょう。

 

ただ、いきなり次の仕事が見つかるかどうかなんてわかりません。なので、可能であればMRとして働きながら仕事を探してみるのが最もリスクの低い方法といえるでしょう。

 

 

ただ、働きながらの転職活動は肉体的にかなりの負担となるのも事実です。MRとして働いているとどうしても時間との勝負になりますからね。

 

そこで働きながらMRからの転職を真剣に考えているのであれば、ぜひ転職エージェントのようなサービスを利用してください。

 

転職エージェントに登録しておけば、面倒くさい企業との面接日程交渉や、初めてだとよく分からない履歴書や職務経歴書の書き方についても教えてくれ、単純に転職活動の負担が減ります。

 

また、履歴書や職務経歴書の書き方を誤ってしまい、いきなり第一候補の企業に応募したものの、あえなく落選し「転職エージェントに登録して、しっかり書類を用意しておけばよかった…」と後悔する人も多いですからね。

 

 

ちなみにMRにおすすめの転職エージェントはDODAでしょうか。

 

DODA

 

 

メディカル業界に熟知した担当者もいるので、そんな人ならこれまでMRとして働いてきたあなたの強みをうまく引き出して転職活動をサポートしてくれるでしょう。

 

そんな人に転職活動をサポートしてもらえるのと、してもらえないのとでは、おのずと転職結果にも大きく影響してきます。

 

ぜひ、自分の転職活動を最高の結果にするためにもDODAのような転職エージェントで優秀な担当者にサポートして頂ければと思います。

 

 

「MRを辞めたい…」と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

このページの先頭へ