ライブチャット AV

農機具メーカー⇒介護職に転職した体験談!

 

 

私は、46歳 男性 既婚者です。2015年1月に転職をしました。

 

前職は、某有名農機具メーカーに勤めていました。所属は営業です。担当する地区を3~5地区任され、担当地区内の取引のある農家さん宅を訪問して歩くというルート営業です。

 

営業と言っても商品を売るだけの営業では無く、現場で修理も出来ないといけない営業です。会社としては、「修理が出来る事でお客さんの信用を得て、信用があるから機械を買って貰える」と言う考え方のようでした。

 

ですから、商品の販売は勿論ですが、機械のメンテナンス、修理、部品・資材の受注販売、点検受注等が主な仕事内容でした。

 

 

しかし農家も大変な時代で後継者不足や就労者の高齢化、肥料や資材の値上がり、農作物の販売価格の下落等、農業経営が年々厳しくなり、離農される農家さんも増える一方でした。

 

そんな中で私の営業成績も伸びず、農業の将来、会社の将来、自分自身の将来に不安を持つようになりました。 私には「心の師匠」と言える人が居て、仕事について相談しました。その方は「仕事的な対象が少なくなる業界より、多くなっている業界に転職した方が良い」とアドバイスしてくれました。

 

 

例えば「福祉関係」の仕事です。 私もそう思い、介護職の仕事を探す事にしましたが、とにかく無資格・未経験では話にならないと思い、農機具メーカーを退職する前に「介護職員初任者研修」と言う資格を取得しました。

 

しかし未経験という事と私が46歳と言う事で、なかなか面接までして頂けなくて、本当に困っていました。 就職活動を始めて10ケ月くらい経った時です。

 

縁があって今の事業所の求人を見つけ応募してみた所、面接の段階で採用して頂ける事になりました。 1からのスタートなので、収入は前職より下がりましたが、病院が母体と言う事もあり福利厚生はしっかりしていますし、雰囲気も良く働きやすい職場です。 転職して本当に良かったと思っています。

 

 

 

他業界への転職はお早めに

 

恐らく、転職者の中で最も難しいのが「40代・50代」という年齢になってから「他業界」へ転職することでしょうか。

 

当然ながら40代・50代にもなればポテンシャル採用なんてされないでしょう。このため必然的に「同業界」の転職になりがちです。もちろん、同業界でも「圧倒的な実績」などがなければ、転職も難航してしまうでしょうが。

 

○年目で転職におススメのタイミングは!?

 

 

詳細は上のページにて解説していますが、もしも今働いている業界自体が「下降気味」だったり、そもそも今の会社の上司を見て「将来こうはなりたくない…」と思っているのであれば早めに転職活動を行うことをおススメします。

 

会社の上司はいわゆる「あなたの将来像」ですからね。そうはなりたくないと思っているのであれば、そんな会社で働いていてもモチベーションも維持できないでしょうからね。

 

 

このページの先頭へ