ライブチャット AV

農協辞めたい!ノルマに自爆にもうイヤだ!

 

農協辞めたい

 

 

私がしていた仕事は農協の事務です。仕事内容は、伝票整理や電話対応、組合員さんの接客、農薬、肥料、飼料の販売です。

 

仕事内容的にはかなり楽な仕事だと思います。 しかし、給料が少なくて生活が苦しかったです。月の給料が手取りで98,000円でした。年収だと夏、冬のボーナスを入れて、170万くらいですね。

 

 

ボーナスは、夏、冬合わせて5倍だったのでよかったです。でも、もらった金額全てが使えるわけではなかったんです。農協にはノルマがあり、そのノルマがひどいノルマで、毎月農協新聞や宅食、季節でジュースや酪農マザーズの紙パックのジュースをケースで20箱〜30箱買わなくては、なりませんでした。

 

 

そしてボーナスの後にノルマが課せられたりするのですが、ボーナスの金額=ノルマの金額でした。もうボーナスではないですよね。

 

電化製品30万円、冠婚葬祭の衣類10万円などがボーナスの後のノルマでした。 私は、その時は電化製品と冠婚葬祭の衣類のノルマを達成したんですが、よく考えると毎年そのノルマを達成するのは無理だと気が付きました。

 

毎年買う物ではないですからね。 そんな理由で私は生活して行くために、転職することを決意しました。せっかく正社員で入ったのに勿体無いと思いましたが、生活できないなら意味ないです。

 

今度は、工場の組み立て作業の仕事に就きました。給料は、倍の金額になりました。ボーナスの倍率は減りましたが転職して満足です。残業でも稼ぐ事ができるので生活が本当に楽になりました。

 

 

 

 

農協の運営方針に疑問を持っている人は多い?

 

 

農協の運営方針(共済の加入や物品購入など)を嫌に感じている人も多いです。確かにノルマを課されるのは通常の会社では普通のことですが、自爆(自分で商品を購入してノルマを達成すること)してでもノルマを達成することには疑問を感じる方も多いはずです。

 

特に農協の共済のノルマについてはLA(ライフアドバイザー)として働いてでもいない限り、ノルマを自爆なしで達成するのはとてもハードルが高いです。

 

 

保険のような難しい商品をほとんど研修もなしに普段は事務や窓口業務をしている社員に推進させても、売れないのはほぼ目に見えていますからね。

 

なので、これからも農協職員としてずっと働いていきたいという方は、一度真剣に共済(保険)のことについて勉強してみることがおススメです。農協で働いているとノルマからはどうしても逃れられないため、これからも農協で働くのであれば、この共済としっかり向き合った方がいいです。

 

 

もちろん異動はあるかもしれませんが、この共済のノルマから逃れることができません。今回の体験談の方のように農協のノルマがいやで退職する人は非常に多いですが、農協を辞めるべきかどうかは、このノルマ(特に共済)が受け入れられるかによって変わってきます。

 

人によっては営業的なものが受け入れられない人もいるでしょう。そんな人は転職されることをおススメしますが、もし辞めることを考えているのであれば、在職中に転職活動を行って内定先を確保しておくなど、仕事を辞めるための計画をしっかりとたてて行動しましょう。

 

農協から転職するならこちら!

DODA

 

 

 

農協を辞めるなら何年目!?転職のタイミングって?

 

ちなみに、農協をやめて転職するとするなら何年目がおススメなのでしょうか?

 

 

○年目で会社を辞めたい!転職におススメのタイミングは!?

 

 

上記のページで詳しくご紹介していますが、一つの転職のタイミングとしておススメなのは2~3年目です。いわゆる第二新卒の時期ですね。

 

この時期ともなると社会人として基本的なマナーは身についていると考えられ、他企業に転職しても即戦力として働くことは難しいですが、研修コストを削減することができ、転職先の企業からしてもメリットがあります。

 

 

ただ、これ以上の年齢となると基本的にはできる限り早い年齢での転職がおススメでしょうか。というのも、農協で長く働けば働くほど、当然ながらあなたも農協の色に染まっていきます。気づかないうちに、農協の働き方に慣れていってしまうのです。

 

その期間が長ければ長いほど、当然ながら企業はあなたの採用に躊躇します。「本当にこれだけ農協で長く働いていて、うちの働き方に馴染んでくれるんだろうか…」という感じで。

 

 

もちろん、たとえ何年働いていても他の企業で「即戦力として働いていけるだけのスキル」(営業力とか)を身につけている(もしくは身につけられる環境)なら話は違うかもしれませんが、そうでないなら早めの転職をお勧めします。(転職は若ければ若いほど有利というのも事実ですので)

 

 

農協をやめて次の仕事が見つかるか不安…

 

 

また、農協を辞めようかどうか迷っている人の中には「本当に次の仕事が見つかるか不安」だからなかなか踏ん切りがつかない、という人も多いです。

 

これは当然ながら、実際に転職活動をしてみないとわからないですが、できれば仕事を辞める前に次の転職先を見つけておくのがベストです。

 

ただ、働きながら転職活動を行うのもかなりの負担で、中には「辞めてから転職活動を行った方がいいのでは…?」と考える人もいます。そんな方は辞める前と辞めた後、転職活動を始める時期による「メリット&デメリット」をしっかりと把握するようにしてください。

 

【見つけ方は?】次の仕事が決まっていないけど限界だからやめた話

 

 

そうすれば自分は辞める前に転職先を見つけておくべきなのか、それとも辞めてから転職活動をしても大丈夫そうなのか、なんとなく転職活動をいつ行うかの目安も見えてくると思いますので。

 

 

 

農協からの転職時におススメのDODA

 

ただ、経験年数にかかわらず、転職先が見つかったのなら転職すればいいと思いますが、そのためには当然転職活動を行う必要があります。

 

そこで農協から他企業に転職したいという方におススメなのがこちら。

 

DODA

 

 

DODAという転職エージェントです。上のページから転職サービスに登録すると、担当者から電話 or メールにて連絡がきますので、そこで担当者との面談の日程を行います。

 

次に担当者と面談を行い、あなたの希望の転職先などをヒアリング後、おススメの求人が紹介されて転職活動開始です。

 

DODAのような転職エージェントを使うと、あなたの代わりに企業との面接日程の調整、履歴書や職務経歴書の準備の手伝い、求人を厳選して紹介してもらえるので求人を探す手間が省けるなど…。あなたの転職活動の手間を大きく減らすことができます。

 

 

農協を辞めたいものの次の転職先が見つかるか不安…という方には非常におススメのサービスですので、興味のある方はぜひ利用してみてください。

 

「農協を辞めたい…」と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

このページの先頭へ