ライブチャット AV

会社の将来性に不安を感じ辞めた!新たな転職先は栄養士?

 

 

愛知県在住、男性で現在30歳になります。学歴は経済学4年生大学卒業後、栄養士専門学校を卒業しました。職歴は自動車関係の総合職として1年勤めていました。

 

会社を辞めた理由は、トヨタショックによるリストラです。そのまま会社に残る事も可能でしたが、自動車の仕事ではなく全く違う業務(携帯の販売など)に就く事になると説明を受けました。

 

この時結婚し、持ち家を購入もしていたのですが、今の会社では将来的な出世や経済的に伸びないと感じたため転職を決めました。そのときに利用したのが転職サイトのリクナビNEXTです。

 

理由は大学卒業時にリクナビを利用していて、慣れていると同時に使いやすかったからです。実際に転職サイトに登録してから勤務地で検索をかけたところ、ちょうど2つの企業から募集があるのを見つけましたのでキープしておきました。

 

その2社の詳細を調べる中で、1社に絞り応募しました。その後は、書類審査の連絡を受けて審査をして頂き、試験・面接を経て転職しました。このサイトを利用して良かった点は連絡が早いところですね。気になる内容の返信などが数日かからずにメール等で連絡が来るところはとても良かったです。

 

 

悪かった点は特にありません。大学時代から利用していましたが、そこまで不満はありませんでした。勤務地の希望や給与面、仕事内容などが詳細に記述されていたので、スムーズに検索ができたのが良かったです。

 

そして転職後の職種は栄養士です。現在は病院給食の献立と調理を仕事にしています。全く異なる職種に就く事はとても不安で、料理に関してはアルバイトでの経験しかなく、作ると言っても家庭料理やアルバイトのマニュアル通りに仕上げる物しかやった事がなかったので、責任をもって出来るのか心配でした。

 

また1から始めて、仕事に付いていけるのかも不安の1つでした。給料面では満足しています。転職前の年間給与額は280万で、転職後の年間給与額は320万と上がっています。多くは賞与や残業代が充実している為、生活にも余裕が出ました。

 

さらに社員数が多いため、勤務の希望の休みが取りやすくなりましたが、実際に転職してみて「ここまで労働環境が変わるのか」と実感しております。まず休みの日が全く違います。前職は土日休みで正月、お盆には大型連休がありましたが、病院なので正月もなく、不定休になりました。

 

勤務時間も早番という6時出勤があったり、11時に出勤する勤務体系で、体調が優れない場合が多くなりました。しかし、平日が休みと言うメリットがあるのでどちらがいいとは言いがたいですが。

 

手続きの申請や外出する際の渋滞がないなどのメリットがあり満足しています。しかも全く土日休みがない訳ではなく、指定休という有休とは違う枠があり、土日に連休も取れます。2日勤務して2連休といった勤務もあり、精神的にリフレッシュできます。

 

悪くなった点としては残業がとても多く、帰宅時間が遅くなるところです。仕事量は多いですが、その分やりたい考えを通してくれるため、やりがいがあります。

 

 

 

 

会社の将来性よりも「自分のキャリアプラン」を考えよう

 

今回は会社の未来を考慮して仕事を辞めた方の体験談をご紹介しましたが、確かに会社の将来性について考えることは大切です。「誰がどうみても数年後には潰れるであろう」会社で働いているなら今すぐ転職されることをおススメします。

 

ただ、正直いって一個人が会社の将来性をそんなに簡単に見越せるのであれば、世の投資家達は投資先に困ったりしないでしょう。なので「会社の将来性を考えることが果たしてそこまで重要なのか」と少し疑問に思います。

 

 

それよりも大切なのは「あなたの将来(キャリアプラン)」ではないでしょうか。例えばあなたが(たとえ漠然とでも)「将来は○○がしたいな~」と考えていて、そのキャリアプランを今の会社で叶えられないとしたら。

 

もちろん、そのようなキャリアプランが「全くない」という方の場合、今の会社でとりあえず全力で働いて「自分を鍛える」という考え方はありだと思いますが、自分のキャリアプランと会社のキャリアプランが全くあっていない場合。将来的にやはり「転職しよう…」となってしまうのではないかと思います。

 

 

当然ながら年齢が上がるにつれて「転職できる幅」は限られていきます。若いときの方が確実に他業界に転職できる可能性は高いですからね。(転職のおススメのタイミングはこちら⇒○年目で会社を辞めたい!転職におススメのタイミングは!?

 

なので、会社の将来性を考えるよりも「先ずは自分がどのようなキャリアを歩みたいか」を考える。そしてそのキャリアプランを今の会社で絶対に叶えることができないのであれば、そのときに初めて転職を考えればいいのではないかと思います。

 

 

このページの先頭へ