ライブチャット AV

税理士を辞めた理由!次の転職先はどこ!?

 

 

個人事業主をメインの顧客層として依頼を受けている税理士事務所に税理士として採用されたのは、おおよそ半年前でした。

 

それ以前にも税理士の仕事を他の事務所で行っていましたから、経験者として期待されていたと思います。入所した翌日から案件を担当させてもらうことになり、私はそつなくこなすことができていました。

 

複数の案件を抱えるようになったころ、私は税理士の仕事に誇りを持つことができなくなっていました。原因は私自身にはなく、クライアントのせいであると言っても過言ではありません。

 

どういうことかと言えば、クライアントが会計処理を私に依頼してくるときに収入を少しだけ少なくしたりなどという違法行為ができないかということについて相談してきたのです。それも一人や二人だけではなく、一気に四人のクライアントから相談されたときには税理士とは違法行為を手助けするために存在しているのだろうかと考えたほどです。

 

所長に相談してみても、業界内ではよくあることであると言われてあまり真剣になってくれませんでした。仕事に対して情熱を燃やすことがままならなくなってしまい、もう別の仕事に取り組むことしか頭の中にありませんでしたから、転職してしまおうと思いました。

 

転職活動の結果、現在の私は食品加工会社の製造オペレーターとして働いています。確かに給料は減り、金銭的な悩みは増えたかもしれませんが、食品偽装や衛生管理などに大変厳しい会社なので、法に反することについて悩むことなく仕事ができて嬉しいです。

 

 

 

 

このページの先頭へ