ライブチャット AV

部署異動や転勤によって仕事を辞めたくなる理由&その対策は?

 

全国展開しているような会社で働いている社員なら切っても切り離せない「転勤」、または「部署異動」が原因で仕事を辞めたくなる人は少なくありません。

 

では実際に転勤や部署異動によって職場が変わり、辞めたくなった時はどうすればいいのでしょうか。

 

部署異動や転勤によって仕事を辞めたくなる理由

 

先ずは部署異動や転勤によって仕事を辞めたくなる理由について一通り見ていきたいと思います。

 

 

転勤(異動)先の人間関係が不安

 

異動や転勤があるたびに、入社する時と同じ不安を何回も味合わなければなりません。これは異動する側だけではなく、新しく迎える側も不安だと思います。

 

新しい先輩、上司と合わなかったらどうしよう。自分の後輩を上手く扱えるだろうか。異動に関わらず、仕事にはいつも人間関係の悩みがつきものですが、異動の数だけその悩みも増えてしまい、辞めたくなります。

 

 

転勤(異動)先の仕事内容が不安

 

今までの仕事内容とはまるで違うところへ配属させられ、今までの苦労が水の泡となる。仕事がきついと有名なところへ配属される。仕事自体が苦手でやりたくない、全くやりがいのない仕事をやらされるなどの理由で辞めたくなります。

 

 

私生活が転勤に対応できない

 

転勤で辞めたい多くの理由がこれだと思います。入社時には転勤がある会社だと分かっていても、結婚、子供の誕生、育児、介護、住宅購入した途端、転勤が困る時期というのは必ずあります。

 

家族を大きく巻き込み、転勤によって家族の人生まで変えてしまいかねない事もあります。むしろ、20代~40代の私生活の様々なイベントと重なる時期にこそ転勤が多いです。

 

家族を連れて行くか、単身赴任するか、もう転職するか。短い時間に決断しなくてはなりません。

 

 

会社に対する不信感

 

どうして自分がそこに転勤(異動)になったのか不満や不信感をもつ人もいると思います。

 

人事異動の意味は欠員補充の他にも目的があります。適材適所に配置して効率的に労働、生産をして利益を上げる事と、社員にスキルを習得させ、経験を積ませて能力あるリーダーを育成させる事です。

 

成績の悪い部署を向上させるために抜擢された異動という可能性はありますが、逆に使えないからお荷物扱いされて回されている可能性もあります。

 

自分がどうして転勤になったのか、自分が転勤出来ないから「辞めます」と会社は言って欲しいのか。その不信感が募ると辞めたくなります。

 

 

異動で仕事を辞めたくなった時の対策

 

では次に、それぞれの「部署異動や転勤によって仕事を辞めたくなる理由」についての対策も見ていきたいと思います。

 

 

人間関係の対策

 

もし、移動先で人間関係の悩みを抱える事になったなら。 異動というシステムがあるという事は、またそこから抜けられるチャンスもあるという事です。

 

自分が異動しなくても、周りが異動して出入りする可能性もあります。それで苦手な人が出て行かなかったとしても、なんらかのいい人間関係を運ぶ可能性もあります。

 

異動が決まったら、早めに移動先の人の名前、それぞれが担当している仕事内容などの情報を仕入れましょう。知らないところへ飛び込むより、ある程度知っている事があると不安が和らぎます。

 

 

異動後、時間が経ってもなかなかなじめないという人は、飲み会への参加や、普段の挨拶に一言加えたりする、無理のないコミュニケーションを心がけてください。

 

朝早く出社をすると印象もいいですし、そのわずかな始業時間前のコミュニケーションはその日一日の仕事を円滑に進められる事に大いに役立ちますので是非、朝を大切にしてみてください。

 

 

仕事内容の不安の対策

 

異動の度に最初の数日~数か月は修行のような期間があると割り切る事です。何回か異動を経験すると、「あの部署へ行った時は経験があった仕事だったから即戦力になれたのに、あの部署に異動した時は仕事覚えるのに苦労したな~。」など、振り返って思えるものです。

 

しばらくしてみて、どうしても自分に不向きな仕事だと思ったら、次の異動の希望はちゃんと出しておきましょう。

 

今の仕事が嫌だからではなく、あくまで会社の為に○○方面に貢献したい。勉強したい。という会社にとってプラスになる希望の伝え方をしてください。

 

その部署を改善する為に呼ばれた場合、またはその仕事内容にぜひ改善してほしい事がある場合、前に居た部署のやり方を通すのではなく、一度郷に入れば郷に従ってみて、それから初めて改善案を出すことをお勧めします。もどかしいですが、それは人間関係を円滑にすることにもなります。

 

 

私生活が転勤に対応できない対策

 

人事異動の「辞令」は断る事は出来ませんが、その前に打診や内示の段階があります。そこでやむおえない理由があれば断る事は出来ます。

 

理由として認められるケースは、介護や子供の育成支援やトラブル、自身の病気などでその土地にとどまらなければならない事情です。

 

ですが理由があっても断る事は大変勇気が要る事で、居づらさを感じたり、今後の昇進も不安になったりしてきます。結局続けることが難しくなり、退職をせざるおえない状況も考えられます。

 

転勤に従う手間に比べ、労働者の権利を主張して闘う手間のほうがはるかに大きくなる事が多いです。そうなると転職という選択を考えなくてはならないと思います。

 

会社に対する不信感が募る時

 

自分がどんな理由で異動になり、配属先が決まったのか、いい事なら聞く事が出来るかもしれませんし、本当の意味を知る事は出来ないかもしれません。そもそも意味がない巻き添えかもしれません。

 

内示の時に、上司に今までのお礼の言葉と期待の言葉をかけられても素直に受け取る事が出来ない事もあります。そんな風に不信感を感じているなら上司もしくはさらにその上の上司に思い切って異動の意図について聞いてみるしかないかもしれません。

 

もちろん、それはかなり勇気がいることですが、不信感を感じながら働き続けるのはかなりの苦痛です。その苦痛のことを考えると、一時の勇気ならでるのではないでしょうか。

 

 

 

終わりに

 

これまでに挙げた対策は、「その時の職場」の悩みや不信感は努力と今度の異動でなくなるかもしれないという事を多く紹介しました。

 

ですが、異動する事自体が辛い上に会社自体への不信感が強い場合、転職する事をお勧めします。もちろん、その不信感も一気に次の異動で解決する可能性がゼロではないのですが、我慢して異動を重ねながら一生尽くすことは無理があるように思います。

 

ちなみに辞めてからの転職活動はリスクが高いので、働きながらの転職活動がおススメですが、働きながら転職活動するならDODAのような転職エージェントの利用をおススメします。

 

DODA

 

 

10万件以上の求人を保有しているDODAに登録し、面接にいけば希望の求人を厳選して紹介してくれますので、転職活動の負担を大きく減らしてくれます。

 

登録したからといって絶対に転職しなければならないわけでもありませんので、少しでも転職を考えているならぜひ利用してみてください。

 

 

会社の為ではなく、貴方と貴方の大切な人を大事にできる決断してください。「異動や転勤で仕事を辞めたい」と悩んでいる人の参考になれば幸いです。

 

 

 

このページの先頭へ