ライブチャット AV

人間不信で仕事を辞めたくなった体験談+対策は?

 

仕事で人間不信になることほど辛いこともないかもしれません。「本当にこの人のことを信頼してもいんだろうか…」なんて誰かと関わるたびに考えていては仕事に集中できず、作業効率も落ちてしまいます。

 

では、仕事において人間不信になってしまった人はどうすればいいのでしょうか?今回、「実際に人間不信になってしまった人」の体験談をご紹介しつつ、対策について考えてみたいと思います。

 

 

人間不信になってしまった人の体験談

 

1.女性特有の人間関係で不信に

 

 

20代後半で女性、もう何年も前のことになります。

 

入社して仕事を色々と教えてくれる親切な先輩(女性)と仲良くなりました。一緒にお昼ご飯を食べたり夜お酒を飲みにったりなどプライベートで遊ぶようにもなり、人見知りの私はその華やかで綺麗な先輩に気に入られとても嬉しかったです。

 

しかしある日を境に急に冷たくなったのです。私はわけがわかりませんでした。職場の人に相談してみたところ、その先輩が私は男にだらしないから近づかないがほうが良いって言いふらしていると・・。とてもショックでした。私は彼氏さえもいません。「一体どうして?」とショックで食事が喉を通らず激やせしました。

 

あとでわかったのですが、先輩の尊敬する上司(男性)が私に優しくしたことが原因だとわかりました。嫉妬をして悪い噂を流されたんです。先輩と話そうと何度か話しかけたのですが、完全に無理されました。外見が綺麗で明るくて優しい先輩が別人のようになり、私は人間不信で会社を辞めました。

 

 

 

 

 

一番信頼していた同期の女性の話ですが、実は私のありもしないことを上司に告げ口していたのです。

 

例えば、私がその上司のことが大嫌いでいつも上司のことをグチグチ言ってる事や上司がやった仕事をわざと訂正してミスしているようにみせかけているなどです。

 

突然ある日から上司の私に対する態度が冷たくなったのでおかしいと思いました。本当に人間不信に陥りそうになりましたが、正面からちゃんと向き合いました。

 

「私のありもしない事、上司に言ってるんだよね。信頼していたんだよ。」と。はじめは苦笑いをしていましたが、それから少しずつ私から距離を置いていくことにしました。それでも時々そういう事があったので、結果的に仕事を辞めてしまいました。

 

 

 

 

入社当初は本社にて上司の元で仕事をしていました。しかし現場へ配属されることが決まり、上司の元を離れました。しばらくすると常務が「○○さん(私)は仕事できないから、新しい人を採用する」と周囲に話をしている、と同僚が教えてくれました。

 

話を聞いていると入社当初一緒に仕事をしていた上司が「○○さん(私)は仕事ができない」と常務に言っていたことが分かりました。

 

上司と共に仕事をしていた時には言われたことはやっていたし、特別トラブルになったこともありませんでした。なぜそのように言われているのか、理由が分かりません。常務も上司も挨拶すれば笑顔で返してくれますが、その笑顔が怖いです。

 

裏で何を言われているのか分かりません。現場の人が「次の現場でも一緒に仕事ができるように、掛け合ってみる」と言ってくれているのですが、それさえも本心かわからなくなっています。周りの人が怖いです。

 

 

 

 

人間”不信”で仕事を辞めたくなったときですが、「その人がいなくなった瞬間に、さっきまでいたその人の悪口大会が始まったこと」です。

 

入社当時女性ばかりの職場だったのですよね。だからというわけではないのですが、悪口がすさまじくって、それで辞めたくなりましたね。私はそれまで、どちらかといえば男性の方が多い学科にいましたので、女性特有の空気のないところだったのです。

 

しかし入社当時配属された部署は女子ばかりで、そして年齢関係なくして女子的な空気があったのですよね。そのひとつが「悪口大会」。しかも瞬時に言うって、「なんかすごいなー」と感心すらしてしまいました。しかし「この人たちを信用してはいけない」と思いましたね。

 

 

体験談を募集して最もおおかった”人間不信”になった理由「女性特有の人間関係」でした。

 

やはり女性特有の人間関係というのはかなり特殊なもので、男性にはなかなか分からないものですが、裏で陰口をいったりされることも多く、人間不信に陥りやすいといえるでしょう。

 

 

ではこういった女性特有の人間不信に陥ってしまったという人はどうすればいいのでしょうか。そんな人の場合、下記のページで紹介している「女性の人間関係の仕組み」を理解すれば、少しは人間不信もマシになるのではないでしょうか。

 

職場の女性の人間関係が理由で仕事を辞めたい!改善方法は?

 

 

もちろん、仕組みが理解できたからといってその人を許せるかどうかというのは別の話ですが、不信度が多少はマシになるかと思います。

 

 

2.上司(先輩)との人間関係で不信に

 

 

私はその職場に新卒で入ったのですが、上司の方がすごく優しくて、全然厳しく叱っても来ないですし、この人についていこう、と思っていました。

 

他の同僚の悪口とかも言わないですし、人のいいところをみつけて褒めて伸ばす、そして失敗やミスは自分が被って周りをかばってあげるタイプの人でした。

 

私は結構口も軽くて人の悪口を言ってしまうのです。だから上司を見習おう、いつかはあのように部下や周りを引っ張っていけるリーダーシップを持ちたいと思っておりました。

 

しかし、一人の先輩と話していると、あんまり私と印象が違うみたいで、その上司の人を良く思っていないようなのです。詳しく聞くとその上司は特定の人とだけ飲みに行き、その場では私含め部下をボロクソにけなしているようなのです・・・。

 

やはり人間裏があるんだな、とおもい人間不信チックになり、上司と顔を合わせたくなくなり辞めたくなりました。

 

 

 

 

とても気さくな上司でよく飲みにも行っていましたが、その人の気分次第で他愛もない話題で終わることもあれば、終始説教をされるということもありました。

 

仕事ができてない代わりにお酒を飲めと強要されることもあったり、説教も朝方5時まで続くこともありました。当然その日も仕事に行きます。

 

仕事ができてないのは自分に非があると思い、なんとか耐えていましたが、飲みに行ったときによく「財布を忘れた」、「お金おろすの忘れてた」と言われ、私が支払うことがありましたが、後から返してもらったことがありません。

 

よく説教されてたこともあり、仕事中は萎縮してしまい周囲との人間関係もあまり良くはありませんでした。上司との関係は改善できないと思っていたので転職も考えていましたが、その上司が先に退職しました。

 

理由ははっきりと聞いてはいませんが、役員や社長からの評判もあまり良くなかったそうです。今ではその上司を反面教師として日々、仕事をしています。

 

 

 

私はコンビニで働いていました。そのコンビニはレジのお金が不足すると、その時間帯レジに関わった人達が割り勘で支払い穴埋めをしていきます。

 

大きく合わないと出費が痛く、何の為に働いているのかと不満に思いました。その為、人間関係もギクシャクしてしまい「私は間違ってないよ、誰が間違えたの」と言いながら帰って行きます。

 

ある日、仕事に入って間もなく、レジのお金が3万円足りないと言うのです。私はビックリしてしまいました。しかもレジに関わったのが私一人だったのです。

 

店長は何度も繰り返し、事務所で私の写っているビデオを見ていたそうです。しかし私がレジからお金を出した所は写っていませんでした。だって私はレジのお金を取っていないのですから…。

 

犯人扱いされて3万円支払うように言われました。その後、店長のパソコンの事務ミスで3万円の不足が分かりましたが謝りもせず「あれ、分かったから」の一言でした。店長に対して人間不信になり、仕事を辞めたくなりました。

 

 

 

 

私は20歳からとあるテレビ関係会社に勤めていました。社員数は100人程のいわゆる中小企業といったところです。中小企業というと縦横のつながりが大企業と比べると当然強いものとなります。

 

勤務活動や状況なども皆、共通認識として全員が把握出来るような雰囲気であります。私は若い時分でありましたので本当にこの仕事をこれからも続けていくのかをすごく悩んでいたいました。

 

業界での拘束時間、労働条件の悪さは有名なものですから色々考えていましたので信頼のおける先輩にその旨を相談いたしました。

 

その方に話をすることによって私の心の中はすごくスッキリしたのを覚えております。ですがしかし次の日出勤してみると皆が僕を蔑む目で見つめていました。

 

そうです。社内の共通認識という風潮により私が辞職を考えているということを信頼のおける先輩が言いふらして言ったのです。今までとても信頼していましたので私は人間不信に。いても立ってもいられずすぐに退職願を提出しました。今は辞めて良かったと思っています。

 

 

今まで信頼していた上司や先輩から騙されたり、裏切られたりしたときのショックは大きいです。ですが、誰しも「ある程度は裏表がある」ぐらいに考え、過度に他人を信頼しなければ人間不信に陥ることもないのではないでしょうか。

 

また、これまでは仲が良かったといっても「仕事を辞める」など、職場に大きな影響を与えることになる相談を上司や先輩にするときはできるだけ慎重になりましょう。

 

もし退職話をばらされたら、その後職場の人とは気まずい関係になってしまいますので。

 

 

職場で人間不信になったらどうする?

 

先ず、職場で人間不信になったということは、誰かのことを信頼していたものの、その信頼を何らかの形で裏切られたということだと思いますが、先ずは「職場の全員に対して人間不信になるのは避ける」ということです。

 

あなたの信頼を裏切る人間もいれば、裏切らない人間もいます。一度、信頼を裏切られると「人間って信用できない…」と人間全般を信じられなくなりがちですが、それは結局のところ人それぞれです。信頼できる人もいるし信頼できない人もいることを思い出してください。

 

 

また、これからは「過度の信頼を他人に寄せることは避ける」ということも挙げられるでしょうか。人間、状況が変われば人柄が大きく変わる人もいます。

 

別に「人を信頼するべきではない」と言っているのではなく、「裏切られたら人間不信に陥ってしまう」ほど信頼すべきではないと言っているのです。

 

なので、「あの人は信頼できる人だろうけど、人間なに考えているか分からないものだからなー」ぐらいに考えておけば、自分の想像していたような人でないと分ったとしても、「そういう人もいるか」ぐらいで済みます。

 

 

このように考え方をかえ、人間不信に陥ってしまった人と距離をとり、その後も問題なく仕事を続けているのでは仕事を続け、距離をとることができずどうしても苦痛が続くのであれば退職という方向で動き出せばいいのではないでしょうか。

 

 

ただ、いきなり仕事を辞めて仕事を探しを始めるというのもリスクが高いので、できれば退職に向けて動き出したときから転職活動を始められた方がいいかと思いますが、働きながら転職活動を行うならDODAのような転職エージェントがおすすめでしょうか。

 

DODA

 

 

10万件以上の求人を保有しているDODAなら、登録し面接に行くことで希望にそった求人を紹介してくれるため、求人情報を効率的に集めるのに適しています。

 

働きながらの転職活動は負担も非常に大きいですが、DODAのような転職エージェントを利用すれば決してそれも不可能ではないと思いますので。

 

 

「人間不信で仕事を辞めたい…」と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

このページの先頭へ