ライブチャット AV

職場の女性の人間関係が理由で仕事を辞めたい!改善方法は!?

職場の女性の人間関係を改善するたった1つの考え方

 

 

「職場での女性の人間関係が本当に面倒くさい…」

 

この用に感じている方は女性、男性に関わらず非常に多いはずです。「仕事にだけ集中してくれればいいのに…」「これだから女って奴は…」と、考えたことも1度や2度では無いのではないでしょうか。

 

そんな職場の女性の人間関係に「巻き込まれたくない」、もしくは「改善、修復したい」と真剣に悩んでいる方がいまこのページを見られているのだと思いますが、そんな方にぜひ知っておいていただきたいのが彼女たちの背景についてです。

 

”彼女たち”というのはもちろんのこと…

 

  • すぐに敵と味方を作りたがる。なので職場では自然と「勢力争い」のような状態に…
  • 男性社員の前だけ「かわいい女」を演じて、女性社員には厳しい
  • 陰口を言うのが大好き。いつも誰かの悪口を言っている

 

といったタイプの女性のことです。もちろん、例を挙げればキリがありませんが、同じ女性からみたら「できたら距離を置きたい…」と思ってしまうようなタイプですね。男性社員からみたら「頼むから仕事に集中してほしい!」と思ってしまうのではないでしょうか。

 

では彼女たちは「なぜ、職場でそのような態度を取ってしまう」のでしょうか。

 

 

彼女たちは”傷”を癒そうとしている

 

彼女たちの言動の背景を知るために非常に参考となった書籍がこちら

 

 

女子の人間関係』という、先ほど説明した女性特有の行動についての原因&対策について事細かく書かれた書籍です。

 

 

彼女たちがなぜ、先ほど紹介したような女性特有の行動をとるのか?その全ての行動の根本には「心の傷を癒そうとしている」という理由が挙げられます。

 

『女子の人間関係』にはこのように記されています。

実は「女」が持つ特徴の多くが、虐待やいじめなどにより他人から傷つけられてきた人たちに見られる特徴と共通しているのです。もちろんその強度や、付随して見られる他の特徴は一概に「同じ」といえないのですが、似たような傾向があることは確かです。

 

現在の日本は「女性の活用」を政府が成長戦略に挙げるぐらい、いまだに男性中心社会です。会社の役員はいまだに圧倒的に男性が多いですし、東京都議会で起こった「セクハラやじ問題」はまだ記憶に新しいですが、東京都という日本の中心地である都市であのようなことが起こること自体、男性中心社会の証拠といえるでしょう。

 

 

このような男性中心社会に生きる日本の女性は必然的に傷つく場面が多いといえます。

  • 「女なんだから」家事をしなくてはいけない
  • 「女なだんから」働きたくても子育てはしっかりしないといけない
  • 「女なんだから」結婚するのが一番の幸せ

 

このようにして女なんだからという周囲の目(社会の目)のせいで自分を殺した(=傷つきいた)としても、多くの女性はその傷にも気づかないで生きています。しかし、そのような心の傷を抱えていると冒頭でご紹介したような女性特有の行動をとってしまいます。

 

女なんだから子育ては当たり前」という価値観に基づき、本当はやりたいことがあるのに我慢して子育てをしている(傷ついた)女性は子育てもせずにやりたいことをやっている女性を憎みます。

 

女なんだから結婚するのが一番の幸せ」という価値観を回りの人間から与えられて育った(傷ついた)女性は、自分が好きな仕事に熱中している間に、同僚や後輩が結婚していく姿をみると妬みます。

 

子供のころから親に「女性なら気が利くようになりなさい!」といわれながら育った(傷ついた)女性は、「女性なら気が利いて当たり前=相手(女性)には、はっきりと自分の気持ちを伝えなくても分かって当たり前」 と考え、それが分からない女性に対しては「なんであんな常識的なことも分からないんだろうね~」と、裏で陰口をいうよになります。

 

 

このように女性特有の行動は、彼女たちが抱えている心の傷が原因で発生しているものであり、そのような行動をとることで「自分を正当化=心の傷を癒している」わけです。

 

 

大切なのは「巻き込まれない」&「心の傷を癒してあげる」こと

 

では、そんな”彼女たち”にはどのように対応すればいいのでしょうか。まず大切なことは彼女たちに巻き込まれないことです。

 

そもそも、彼女たちの行動は全て「自分は正しいんだ!」という心の傷を癒そうとする行為。なので一番いけないのは相手を否定する=傷つけるような行為です。

 

「いやそれは違うと思うけど…」なんてことを言っては逆効果。相手を否定(傷つける)ことになってしまい、せっかく心の傷を癒そうとしているところさらに傷をえぐる結果となり、彼女たちの行動はエスカレートしていきます。

 

そもそも彼女たちの行動には自分を正当化する以上の意味はなく、そもそもその人の本当の考えで無い(ただ他人から植え付けられただけの)可能性すらあります。そんな行動に対していちいち、こちらが真面目に受け答えする必要はありません。相手を否定せず、また深入りしないように「そうだね、そうかもしれないね」と中立的な立場をとりつつ、うまくスルーすることが一番です。

 

 

そして余裕があれば、相手の傷ついた心を癒してあげる努力をしてみてください。(本当に余裕があれば、の話ですが…)

 

いつも敵か味方か白黒はっきりさせようとしている人は、誰かに傷つけられながら成長してきたからこそ「この人は自分を傷つける人なのか、そうではないのか」という視点でしか相手をみれないのかもしれません。そんな相手には「私はあなたを傷つけませんよ」という態度をはっきり示すことが重要です。

 

結婚したら急に態度が急変し、パートナーとの関係性ばかりに重きを置くようになった人の場合、その人はこれまで結婚が人生の中で一番大切という価値観を回りの人から自分でも気づかない間に植えつけられ育った人なのかもしれません(何が人生で一番大切なのかは本来、自分で決めることです)。そんな人には先ず「おめでとう!」と伝えて、「人生で一番大切なものが手に入ってよかったね!」と認めてあげることが傷を癒すことになります。

 

常に同僚と自分を比較しないと気がすまない女性は親から年下の妹と常に比較され、傷ついて育ってきた人なのかもしれません。そんな人には無条件で相手の価値観を認めてあげるということで、とても安心感を抱いてくれるはずです。

 

 

相手の心を癒すために、その人がどのような傷を抱いているのかをしっかりと見極める必要があります。(書籍『女子の人間関係』には「○○のような行動をする女性は、○○のような傷を抱いている可能性が高い」というケーススタディの形で数々の例が解説されていますので、「もっと実例含め、対応方法をお具体的に知りたい!」という場合はそちらでご確認頂ければと思います)

 

 

 

あなた自身のことも考えてあげて

 

また、これまで挙げてきた例はそっくりそのままあなた(女性と仮定して)にも当てはまることです。

 

例えば「同僚が結婚したら、急に友人のことが疎ましく思えてきた」り、「男性の前でだけかわいく演じる女の後輩を見ているとやけにイライラしてしまった」り…。

 

そんな女性特有の嫉妬や妬みを感じるとき、実はあなたの心も傷ついているのです。そのような感情を感じたときは一度立ち止まり、「なんでそんな風に感じてしまったのか」ということを一度じっくり考えてみてください。もし、その原因がつかめたならあなた自身であなたを認めてあげることで傷を癒すことができます。

 

このような女性特有の感情を抱きながら生きていくことは、つまり「傷ついたまま生きていく」ということに他なりません。(肉体的にもそうですが)傷が癒えないまま生きていくというのは「つらい」ことです。

 

傷を癒し、より「生き易い」あなたなりの人生を築いていただければと思います。

 

 

このページの先頭へ