ライブチャット AV

「怒られる」から仕事を辞めていい人&ダメな人ケーススタディ

 

怒られるのが辛いから仕事を辞めたいという人は多いと思います。

まず、どんな時に私たちは怒られてしまうのでしょうか。 原因は大きく2つに分けられると思います。

 

怒られる側に問題があるとき

 

納期を守れなかった、大きな損失を出してしまった、コンプライアンス違反になることをしてしまったなど、こちらに明らかな非がある時は怒られても仕方がないでしょう。

 

どういう事情であれ、おとなしく怒られるしかありません。悪い結果が出ていなくても、普段から報告・連絡・相談をしなかったり、細かなミスを連発しても反省の様子がない場合なども怒られます。

 

【みんなの失敗体験談】ミスして仕事を辞めたいときの対処法

 

 

コミュニケーションが上手くいっておらず、上司からの印象も悪くなるのでそういう人は小さなことでも反感を買いやすいです。 そして、その状況が続くといずれ大きな失敗をしてしまいます。

 

 

報告・連絡・相談をきちんとしていても、その時の話し方やタイミングで相手を不快にして怒られる時もあります。 集中して何か作業している時に話しかけたりすると、相手もイライラしてしまいがちですので「普段なぜかよく怒られる」という人は相手に話しかけるタイミングにも注意したほうがいいです。

 

 

なかにはどんな話し方・タイミングでも快く話を聞いてくれる人もいますが、その人がたまたま優しくて態度に出さないだけだと思ってよいでしょう。

 

態度やマナーに関しては多少厳しめの言葉を言われても素直に受け入れて直す努力をしましょう。 言い方(怒り方)によっては厳しすぎてストレスを感じるかもしれません。

 

しかし、パワハラしてしまうのを恐れて何も言えない上司が少なくない中でも、部下を思って注意してくれる人は貴重です。

 

 

怒る側に問題があるとき

 

ただ、いつもと同じことをしているのにたまたま機嫌が悪いだけで周囲に怒鳴り散らしたりする人は迷惑なだけです。なので、 機嫌がいいときと悪いときの発言が違うと人に対しては(必要がないなら)できるだけ距離を置いた方がいいです。

 

また、怒るポイントがおかしい人もいます。 例えば、営業職の部下が早めに仕事を切り上げて勝手に帰ってしまった場合、 報告無しで帰ったことや、成績が悪いのに仕事を切り上げたことについて言及するのはまだ分かります。

 

ですが「俺一人で残って惨めな思いをした」「報告を受けていないことで俺が信頼されていないと思われる」などと長時間怒られるのは何だかずれていると思います。 自分のことしか考えていないんだな、と誰でも思います。

 

 

いくら怒るための真っ当な理由があっても、身の危険を感じさせるほど怒ったり(パワハラ)、人格を否定して自信を無くさせる(モラハラ)ような怒り方は問題があります。

 

今はニュースで話題になるなど、パワハラ・モラハラの理解が深まってきたと思いますが、職場によっては今も横行しています。 そして、上司から受けたパワハラ・モラハラのストレスを、その部下にぶつけるという負の連鎖が起こっています。

 

【もう辞めたい!】職場のパワハラ・モラハラの原因&対策!

 

 

 

「怒られた」から仕事を辞めるべきときって?

 

 

次に、どういう状況なら仕事を辞めた方が良いか、辞めない方が良いかを考えてみました。

 

 

辞めるべき時

 

そもそも今の仕事が嫌で、他にやりたいことがあるなど、怒られる以外に辞めたい理由がある人は辞めていいと思います。 怒られる上にやりたくもない仕事をしているなんて、時間がもったいないです。 早くより良い環境を探しましょう。

 

パワハラ・モラハラ文化が根付いていて上司が全員おかしい場合も早々に逃げましょう。 そもそも、暴力などが当たり前の会社がおかしいのです。 耐えられる人だけ残ればいいのです。

 

また、怒られるストレスでうつ病になってしまった場合、辞めて再就職するのは大変です。 できれば回復するまで休職し、それから退職するようにしましょう。 このような状態になってしまったのは仕事が原因なので、会社の制度を最大限利用しましょう。

 

 

怒る人が一人だけでも、異動がなくこの先何十年も一緒に仕事をすることが分かっている場合は アルバイトやパートならすぐに辞めるべきです。

 

でも、正社員の場合、たった一人のためだけにキャリアを捨てるのはもったいないかもしれません。 他に辞めたい理由はあるか、この会社に居続けることで自分にメリットはあるか、デメリットと天秤にかけてみましょう。

 

 

遅刻などのミスを何度も指摘されているにも関わらず直せないという人は、もしかすると発達障害などでその組織に適応するのが難しいのかもしれません。

 

今は発達障害も理解されてきて、適正に合わせた採用をしてくれる企業もあります。 そのように病院で診断され、今の会社で部署替えなどの対応ができない場合は、無理をせず自分に合った仕事や職場を探した方がいいかと思います。

 

 

辞めないべき時

 

異動などにより、怒る人が職場からいなくなる可能性があり、その人以外に辞めたい理由が無い場合は辞めないほうが良いです。 数年我慢すれば解放されます。

 

怒られる原因が自分にある場合は、失敗しないように行動したり、過去に怒られたパターンを学習してそれを避けるようにすれば怒られなくなります。

 

【みんなの失敗体験談】ミスして仕事辞めたいときの対処法

 

 

上司の機嫌を伺って、良いタイミングで話しかけたりするなどです。 怒られなくなる上、コミュニケーションがよく取れるようになり、仕事での評価がどんどん上がっていくはずです。 辞める理由も無くなります。

 

怒られると、大きな声に畏縮してしまったり、自分を責めてしまいがちです。 しかし、大事なのは、言い方、声の大きさなどは一旦無視して、怒られている内容を理解することです。

 

感情的になって、内容のないことを何回も言っている人は多いです。 また、優しく忠告する人、大声で怒鳴る人で受ける印象は大分違いますが、実は同じことを言っている場合もよくあります。

 

 

内容を理解し、自分のためになるアドバイスは素直に聞き入れましょう。 また、怒られたことで「この人はこうすると怒る」というデータを取ることができたと考えることもできます。 そのデータを蓄積していけば、今後怒られるのを回避することができるようになります。

 

また、怒っている人の背景や発言の真意を読み取るのも大事です。 いつもはいい人なのに、たまたま忙しくて強い口調で言っていることが分かれば、「今は忙しいから仕方がない」と思えるでしょう。

 

自分のためを思って厳しく指導してくれる人も、厳しいけれど愛があり、とてもありがたい存在ですが、怒っている時に「あなたのためを思って」と言っているけれど、実は自分の評価のことしか考えていないような人は発言と行動でなんとなく分かります。

 

そういう人の言動は信じてはいけませんし、真に受ける必要もありません。そんな人に対処するためには「すいませんでした」と体裁だけ誤っておき、内心はサラッと受け流せるだけの心の柔軟さが欲しいところです。

 

まとめ

 

怒鳴られたりすると、どういう状況であれ精神的にダメージを受けます。 全部自分が悪いと思い込むと病んでしまいます。

 

怒られた内容、事情を把握した上で、自分に非があるところは直し、それ以外の余計なところはスルーして心を守るようにしたいものです。

 

怒りがエスカレートして人格否定までしてくる人のことを全部真に受けてはいけません。 どんな事情があろうとも、あなたの人格を否定する権利は相手にはありません。

 

どんなことを言われても余計なところはスルーして組織の中で生き抜く強さを持つか、そこから逃げ出す勇気を持ちましょう。 日本企業の現在の法体制では、パワハラ・モラハラをすぐになくすことはできないのですから、自分の身は自分で守らなければなりません。

 

 

ただ、いきなり仕事を辞め、それから転職活動を始めるというのもリスクがあるため、多くの人が”不安”で行動に移せなくなってしまうのも事実です。そんなときは「働きながら」転職活動を始めてみてください。

 

転職活動といえば「まずは求人情報を集めるところから」始まりますが、最近ではDODAのような転職エージェントに登録しておけば求人情報を集めるのもそこまで難しくありませんので。

 

DODA

 

 

DODAは10万件以上の求人情報を保有している業界1,2をあらそう規模の転職エージェントです。登録し、面接に行けばこちらが希望した求人を10万件以上の求人情報から厳選して紹介してくれるため、転職活動の負担も大きく減らすことができます。

 

スグに転職先が見つかるかどうかは分かりませんが、千里の道も一歩からです。行動を起こさなければ何も変わりませんので、働きながら転職先を見つけたい方はぜひ有効利用してもらえればと思います。

 

 

「職場に怒鳴り散らす人(or 上司、社長など)がいて仕事を辞めたい…」と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

このページの先頭へ