ライブチャット AV

誰でもできる!好きな(向いている)仕事を見つけるたのめの3ステップ!

誰でもできる好きな仕事を見つけるための3つのステップ

 

「自分にとって好きな仕事が何なのか分からない…」恐らくこのように感じている若い人は多いのではないでしょうか。

 

 

なぜ若い人なのかというと、これはマズローの欲求5段階説を参考にしたら分かりやすいのですが、人間は「生理的」や「安全」といった欲求を満たしたらより高い次元の「尊厳・評価」「自己実現」といった欲求を満たそうとするものです。

 

生理的な欲求、または「安全に暮らしたい」という欲求をかなえることは今の日本では簡単です。仕事を選ばず、普通に働いてさえいればお金がもらえて安全な暮らしは保証されるでしょうし、ご飯が食べれずひもじい思いをすることもほぼありません。

 

 

ですが、今の若い人たちは安全に暮らせて、毎日ご飯が食べられるだけでは満足できません。そんな欲求を満たすことが簡単だからです。なので自分が納得でき、他人からも尊敬される、つまり自分の理想をかなえられるような仕事を探そうとします。

 

お金さえもらえればいいのであれば仕事探しなんて簡単です。給料の高い職業はすでにデータで発表されていますからね。ですが、「自分が納得でき、他人からも評価され、自己実現ができる」、言い換えるとあなたの好きな仕事は自分で探し続けるしかありません。

 

 

ただ、そんな人たちにあわせて学校がどうやったら自分の好きな仕事を見つけることができるのか、なんてことを教えてはくれません。多くの人が途方に暮れているのか現状です。

 

では、どうすれば自分の好きな仕事を見つけることができるのでしょうか。また、「今の仕事が辛くて限界だから転職したい」と考えている人はどのような職場に転職すればいいのでしょうか。

 

 

自分の好きなことを追求することが最も「責任感」のある生き方

 

今回、自分の好きな仕事を見つける方法をご紹介するにあたり、参考とさせていただく書籍がこちら。

 

 

こちらは『ソース』という自分の好きな仕事を見つけるための具体的な方法が書かれた本になります。

 

その具体的な方法について簡単にこちらのページでご紹介させていただきたいと思いますが、その前にどうしてもお伝えしておきたいのが自分の人生の”好き”を追求することは決して間違っていないということ。

 

人が取るべき責任ある行動はただひとつ。自分が心からしたいことをすることである。それが人生で最も責任ある行動であり、その人が負う最高の責任である

『ソース』 P56 三章 「責任感の嘘」より参照

 

 

私たちの中にはどこかしら「いい大学を出て、いい会社に入り、いい給料をもらって、いい家庭を築く」というのが社会的に最も成功しているすばらしい人生、という意識付けがあるように思います。

 

もしも、友人の中に「一流大学を出て、一流企業に就職、高給をもらいつつ、美人の奥さん(or イケメン夫)と結婚し、最近、子供も二人生まれた」という人生を送っている人がいたとします。それをはたから見たときにあなたはなんとなく…

 

 

 

「なんだかいいな~」

 

 

と思ってしまう人もいるのではないでしょうか。しかし当然ながら、先ほどの「社会的に最も成功しているすばらしい人生」の定義の中にはその人の好きなことについて全く何も書かれていません。もしその友人が毎日、ワクワクすることが全くない人生なら、他の人からみたら幸せそうに見える人生を送りながらも強い虚しさに襲われてしまうのではないでしょうか。

 

そんな「虚しい」という気持ちは必ず他人に伝わり、そんな虚しさを常に感じている人と一緒になったパートナーや、パートナーとの間に生まれた子供はいったいどうでしょうか。その周りにいる人たちもきっと虚しさを感じてしまうのではないでしょうか。

 

 

何がいいたいのかというと、自分の好きなことを追求し、常にワクワクしながら生きるということは自分の最も身近な人を幸せにする生き方といえるのではないでしょうか。

 

人によっては好きなことを追求することを「なんだか悪いことをしている気がする…」と、罪悪感を感じてしまう人もいますが、親や身近な人から「遊んでばっかりいないで勉強しなさい!」、「好きなことを仕事にできるなんて一部の才能ある人だけだ」なんて言われて生きてきたのなら、そんな罪悪感を感じてしまっても仕方がないことです。

 

しかし、そのような考えは自分の好きな仕事を見つけようとするときのブレーキになってしまいかねません。なので、具体的な方法についてご紹介する前に少しそのことについて触れておきたいと思います。

 

 

 

ステップ.1~自分の好きなものを「全て」みつける

自分の好きなことをすべて見つける

 

では、どのようにすれば自分の好きな仕事が見つかるのでしょうか。書籍『ソース』にはその方法が具体的に事細かく書かれていますが、全てをご紹介することはできませんので、大まかにその方法についてご紹介したいと思います。

 

 

先ず、最初のステップとして自分の好きなものを”全て”みつけるということです。

 

当然ながら自分の好きな仕事を見つけるためには、あなたが何を好きなのかということをはっきりさせる必要がありますが、ここで大切なのはあなたの好きなこと「全て」見つけることです。

 

多くの人が誤解しがちなのが「私は○○が好きだから△△という仕事が向いているのかもしれない…」というふうに、自分の好きなことを1つに限定し、それを直接仕事に結び付けてしまうということ。

 

そもそも人間はそんなに単純な存在ではなく、人によっては1020といった数の好きなことが見つかることも少なくありません。それを全てはっきりさせてください。例えば…

 

  • スポーツ観戦をして興奮するのが好き
  • 新しい人と出会うのが好き
  • 海外に行くのが好き
  • 自分の価値観に共感してくれる仲間とともに働くことが好き
  • 機械をいじっているときが幸せ

 

といった具合に自分の「好き」や「幸せ」と感じる瞬間、ものごとについて挙げていってください。

 

 

ただ、こう言うと必ず「でも私にはそんなに好きなことなんて無いし…」という方も出てきます。

 

そんな方は”今”だけでなく子供時代、例えば幼稚園のときに好きだったこと、小学校、中学校、高校、など過去の好きなことも思い出してみてください。今は仕事づくめで疲れ果て、好きなことなんて到底思いつくことはできないかもしれませんが、幼稚園児や小学生で「好きなことが無くて困っている」という子供は見たことがありません。あなたにもきっと何か好きなことがあったはずです。

 

また、考え方をあまり凝り固めず「自分の好きな音楽は?」とか「自分が好きな場所は?」など、”好き”を連想するものなら何でも構いません。とにかく好きなことをひたすら紙に書き出してください。

 

さらに、こちらのページで紹介しているストレングスファインダーを活用すれば、自分の好きなことの”傾向”も見つけやすくなるのでおススメです。

 

仕事の適性を知りたいならGallup社のストレングスファインダーがおススメ!

 

 

ステップ.2~自分の好きなものを「全て」生活に取り入れる

自分の好きなことをすべて生活に取り入れる

 

そして、ステップ2は「それらの好きなことを”全て”自分の生活に取り入れる」ということです。ここで重要なことが一番好きな一つのことに時間もお金も投資して楽しむのではなく全てを楽しむということです。

 

今書き出してもらったあなたの「好きなもの」は全て、あなたを構成する一つの要素です。その一つ一つの要素を無視していては、「なんか物足りないな…」と完全に自分を満たすことはできません。それはあなたの一部を否定してしまっているからです。

 

 

しかしここで問題となるのが「そんなの時間的に無理だ!」という方。仕事で1日10時間~12時間働き、休日も残った仕事を家で行っているという人の場合、あなたの好きなこと全部に同程度の時間をかけることは物理的に不可能でしょう。

 

なので、そんなときは同程度の”情熱”をあなたの好きなこと全てに注いであげてください。例えば「5分だけ」でも自分の好きな音楽を聴いて完全にリラックスする(聴いているときは他のことを何も考えない)、休日の夕方の1時間だけ友人とスポーツに打ち込む(スポーツに打ち込んでいるときは100%、完全に打ち込む)といった感じですね。

 

これなら例え時間が無かったとしてもあなたの好きなことを全て、生活に取り入れることは可能なはずです。

 

 

また、中には「日本で教師として子供達に英語を教える」ということと「アジアの恵まれない地域で英語を教える」という、同時には実現不可能な複数のやりたいことが見つかった方もいるかもしれません。

 

これでは一見、同時に自分のやりたいことを全て行うことは不可能に感じますが、そんなときはやりたいことの本質を探してみてください。

 

先ほどの方の例で言うと「英語を教える」ということが共通していますが、この人のやりたいことの本質は「何かを教える」ということなのかもしれません。

 

 

また、やりたいことの中に「ずっと夢だったサッカー選手になりたい!」という項目があったとします。もしあなたがこれまで全くサッカー経験がなかったのなら、これからサッカーを始めてサッカー選手になれる可能性はゼロに近いです。

 

そんなときも先ほどのやりたいことの本質を探ってみてください。単純にサッカー選手になりたいといっても「なんでサッカー選手になりたいのか?」という部分を考えると、「サッカーをやりたいだけ」だったり、「サッカーの試合を観るのが好きなだけ」、「体を動かすのが好きなだけ」など、様々な可能性が考えられます。

 

または「サッカーでお金を稼ぎたい」のかもしれません。そんな場合は「サッカーチームの監督を目指す」という方向性も考えられます。

 

 

とにかく何でも「こんなにも多くのやりたいことを同時にこなすのなんて無理だ!」と考えてしまうのではなく、「全てのもに同じだけの”情熱”を注ぐ」「明らかに不可能だと思えるやりたいことに関しては”本質”を探してみる」という2つのポイントを意識してみてください。

 

こうしてあなたの全てのやりたことがはっきりしたら少しずつで構いません。ストレスに感じることなく、毎日ワクワクしながら好きなことを追求していっていただければと思います。

 

 

ステップ3~あなたにとって最高の仕事が見つかる

あなたにとって最高の仕事が見つかる

 

そして、『ソース』によると、こうしてワクワクする自分の好きなことを毎日の生活に”全て”取り入れることで、自然と「あなたにとってベストな仕事が見つかる」と書かれています。

 

気づかれた方もいると思いますが、決していきなり仕事選びから始めるのではないということです。もしもあなたが自分の好きなことすらよく分からずに仕事を選んでみたところで失敗する確立のほうが格段に高いですからね。

 

おまけにあなたにとってベストな仕事があなたの知っている仕事の中には無いかもしれないのです。もしもそうなら、あなたの頭の中にある仕事の中から仕事を選んだとしても確実に失敗します。

 

 

また、なぜ最初のステップで自分の好きなことを全てはっきりさせたのかというと、あなたにとっての好きな要素を全て含んでいるのがあなたにとってベストな仕事だからです。

 

例えば、あなたが今仕事をしているのならきっとその仕事の中でも”好きな作業”と”嫌いな作業”があるのではないでしょうか。

 

そういうときに人は「この仕事って悪くはないんだけど、なんだか違うんだよな…」と感じがちです。それはあなたの”好き”の要素が全て入った仕事ではないからです。

 

 

しかし、ステップ1で自分の好きなことを”全て”はっきりさせ、その全ての好きなことを生活に取り入れているあなたは「全ての”好き”の要素を含んでいる(もしくは多くの”好き”の要素を含んでいる)仕事を引き寄せやすい」状態といえるのです。

 

なので、毎日ワクワクする自分の好きなことを追いかけて、ある意味「向こうから仕事がやってくるのを待つ」ぐらいの方があなたにとってベストな仕事が見つかりやすくなります。

 

 

自分の「好き」がより多く含まれている仕事に転職しよう

自分の好きがより多く含まれている仕事に転職しよう

 

と、ここまで書籍『ソース』に書かれていることを個人的にまとめてみました。(もっと詳しく知りたい方はぜひ書籍のほうでご確認を。一読の価値ありです)

 

 

しかし、当サイトに訪問している方の中には「いますぐ仕事を辞めたい!向こうから仕事が来るのを待ってなんていられない!」なんて方も多いです。

 

  • 上司からパワハラ(or セクハラ)を受けてうつになりそう…
  • 毎日残業で体が辛い…
  • 営業のノルマが厳しくて病みそう…
  • 給料が低くて生活が維持できない…

 

 

ここまでソースで書いたとおりのアドバイスをするのであれば、自分の好きなことを全て生活の中に取り組み、好きな仕事を引き寄せるという感覚が大切なのですが、「仕事のせいでそんなことを言っていられる状況じゃない!」という場合、より多く、自分の”好き”な要素が含まれている仕事に転職するのがおススメです。

 

例えば、今あなたが何らかの仕事をしているのであれば、きっと”好きな仕事内容”と”嫌いな仕事内容”があると思います。(それすらよく分からないという場合、先ずはそこをはっきりさせる必要がありますね)

 

 

そしてはっきりした”自分の好きな仕事内容”+”今回判明したあなたの好きなこと”がより多く含まれている仕事に転職すれば、理論的には今の仕事よりも充実感を感じられるはずです。

 

ただ、もちろん仕事内容については事前に「本当に自分が想像しているような仕事内容なのか」確認する必要はありますが。

 

 

自分の好きな仕事を見つけるには時間がかかる

 

ここまで、自分の好きな仕事を見つけるための方法についてご紹介しましたが、これは当然ながら一朝一夕で見つかるようなものではありません。

 

人によっては「これが自分にとっての最高の仕事だ!」と思えるような仕事に巡り合うまで何年もかかることもあると思います。しかし、時間をかけて自分の「好きな要素」をより明確にしていくことで、あなたの好きな仕事が見つかる確率も上がっていきます。

 

なので焦らず、じっくり自分自身と向き合ってあなたにとっての好きな仕事を見つけて頂ければ幸いです。

 

 

ただ、「今の仕事についている以上、とてもじゃないけど好きなこと探し何て無理!」という方もいるかもしれません。そんなブラック企業で働いている人は一度、まともな企業に就職して正常な思考力を回復させてから、じっくり考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

もちろん、いきなり仕事を辞めてしまうのはリスキーですから、先ずは働きながらでも転職エージェントに登録し、少しずつ求人情報を集めてみてはどうでしょうか。

 

DODA

 

転職エージェントでも1,2を争う規模のDODAで、数多くの求人情報を集めたい方におススメです。仕事を探しながら転職先を見つけたい人はぜひうまく活用してみてください。

 

 

「自分の好きな仕事(向いている仕事)ってなんなんだろう…」と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ