ライブチャット AV

【問答無用】絶対に仕事を辞めるべきタイミングについての話!

絶対に仕事を辞めるべきタイミング

 

「仕事を辞めたい…」

 

仕事をしている人の中で果たしてどれだけ「これまで一度も仕事を辞めたいと考えたことが無い」と言い切れる人がいるでしょうか。恐らくですが、ゼロに限りなく近いのではないかと思います。

 

「それだけ仕事って厳しいものだから。仕方がないよね」という人もいますが、疲れがたまって過労死してしまったり、精神的に疲れて自殺してしまうほど仕事で追い込まれてしまうようでは、一体なんのために仕事をしているのか分からなくなります。

 

 

ただ、「そんなに仕事が辛いなら辞めてしまえばいい」と気軽にいう人もいますが、働いている本人からしたら…

 

  • 「でも、今のこの状況って本当に辞めるべきなんだろうか…」
  • 「単純に甘えてるだけじゃんじゃないんだろうか…」

 

 

といった疑問がどうしても思い浮かんでしまうものです。それも当然で、私たちはそもそも仕事の大切さは嫌というほど教わる機会があるものの、どんな時に仕事を辞めるべきなのかなんて誰も教えてくれません

 

では「こんな時には仕事を辞めなければいけない」というような判断基準となるものはあるのでしょうか。このページではそんな仕事を辞めないといけないタイミングについてご紹介したいと思います。

 

 

仕事を辞めないといけない具体的なタイミングって?

 

 

結論から申し上げると、仕事を辞めなければいけないタイミングというのは仕事が原因による…

 

  • 肉体的な痛み
  • 精神的な痛み

 

上記どちらかの痛みが「どんな対策をとってもあなたの体に継続してあらわれてしまうとき」。それが仕事を辞めなければいけないタイミングといえます。

 

ながい説明になってしまいましたが、グラフで表すとこんな感じです。

 

辞めるタイミング

グラフの縦軸が仕事の痛みによる症状の重症度、横軸が時間経過を表し、時間が進むにつれて症状もどんどん悪化していくことを表しています。

 

ここで注目して頂きたいのが仕事は”限界まで頑張る”のではなく、限界の一歩手前までに辞めなければいけないということ。

 

 

なぜ”限界”まで働いてはいけないのか?

仕事を辞めなければいけない痛み

 

まずは先ほど出てきた肉体的&精神的痛みについての話です。

 

肉体的な痛みと聞いてもっともわかりやすいのが例えば「介護士として長年働いてきたものの、要介護の人を持ち上げたりして、腰がそろそろ限界…」といったようなケースでしょう。

 

 

腰痛を抱えたまま腰に負担を強いるような仕事を続けていては激痛で腰を動かせなくなるまで悪化することもあります。まさに先ほどのグラフにおける限界まで働いてしまったケースです。もう介護職のような仕事を続けることはできないでしょう。

 

限界まで働くのはだめ

それどころか腰に思い障害をかかえてしまう可能性すらあります。なので、「とりあえず限界まで働てみるか」なんて考えず、時間経過とともに症状がどんどん悪化していってしまうなら対策を考えてみる、もし対策できないなら真剣に仕事を辞めることを考えるべきです。

 

 

また、肉体的な痛みにはストレスによっておこるものも考えられます。例えば…

 

  • 頭痛
  • 胃潰瘍
  • 不眠
  • 円形脱毛症
  • (免疫の低下により)風邪を引きやすくなる
  • 自律神経失調症

 

なども考えられます。

 

 

ただ、肉体的な痛みに関しては自分自身で痛いと感じれたり、何らかの異常が体の外見から判断できたりするので、自分がどのような状態かはまだ把握しやすいです。

 

しかし厄介なのが精神的な痛みです。精神的な痛みについては肉体的な痛みほどはっきり自分で感じることができず、自分でも気づかないまま限界を超えてしまうケースがよくあります。

 

精神的な痛みの限界を超えてしまうと、鬱病、パニック障害などを発症してしまったり、ときにはそこも通り越して「自殺」してしまう人もいます。

 

自殺はもはや説明する必要はないですが、うつ病やパニック障害などを患ってしまうと、ひどい場合なら数年間、もしくはそれ以上の期間、仕事に復帰できなくなります。

 

精神的な痛みには要注意

 

なので肉体的な痛み以上に精神的な痛みには注意が必要です。

 

自分の精神的な痛みについて最も確実に把握する方法といえばやはり心療内科やメンタルクリニックなどで、専門医に診てもらうことでしょう。

 

会社を辞めるべきうつ病についての話

 

 

ただ、仕事の都合上どうしてもすぐに病院には行きづらい人も多いでしょう。そんな人向けに上のページでうつ病についての基本的なこと、そしてうつ病を(簡易的に)自己診断できるサイトへのリンクを貼っていますのでぜひ確認してみてください。

 

もし、うつ病の初期症状のような状態が続き、一向にそれが改善される様子もないのであれば、それはまさに仕事を辞めるべきタイミングといえます。

 

 

先ずはしっかり対策することが大切

先ずは痛みに対する対策を行う

 

ただ、ちょっと体や心に異変が起こったからといってすぐに仕事を辞めるわけにも行きませんよね。なので大切なのが先ずは痛みを減らすための対策をすることです。

 

 

例えば仕事における「肉体的・精神的な痛み」が起こる原因についてですが…

 

  • 上司とウマが合わずに辛い
  • 同僚から嫌われていて辛い
  • 職場のパワハラ・モラハラ・セクハラが辛い
  • 残業時間が長くて辛い
  • 仕事が面白くなくて辛い
  • 会社の将来が見えなくて辛い
  • 給料が安く、生活ができなくて辛い
  • 仕事で結果が出せなくて辛い

 

など。仕事において精神的・肉体的な痛みを感じる理由というのは仕事内容やあなたのおかれている状況、あなたの性格、考え方で異なります。ここで大切なのは、まずはその痛みの原因を取り除く努力をするということです。

 

 

さすがに、「上司とウマが合わなかったから1日で仕事を辞めた」なんて言っていては仕事を転々とし続けることになりかねません。なので、とりあえずその痛みを生み出している原因に対処してみるべきです。

 

トップページへ(仕事を辞めたい!辞める時に考えるべきこと!)

 

 

仕事における痛みの原因別の対処法については上のページでご紹介していますので、仕事において何か問題を抱えている場合、参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ