ライブチャット AV

残業多くてもう辞めたい!長時間労働から脱出する秘訣とは!?

残業多くてもう辞めたい!長時間労働から脱出する秘訣とは

 

残業が多くて仕事を辞めたいそもそもなんでこんなにも長く働かなければならないのか…。このように感じている社会人も多いのではないでしょうか。

 

労働生産性ランキングにおいて日本はOECD加盟国(35か国の先進国)の中で21位と低い水準にあることから、長く働くわりには成果を生まない国というような印象を海外からは持たれているようです。

 

 

このような事態をさすがに国も見逃せないためか、時間外労働や賃金不払いなどで不当に労働者を働かせている「ブラック企業」に対して対策を強めていますが、この対策によってあなたの職場がいつ、どれぐらい改善されるかなんて分かったものではありません。

 

 

では、あなたが今からできる残業などの時間外労働を減らし、労働時間を短くすためにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

”転職力”をつけていつでも転職できるようにする

転職力をつけて長時間労働の職場とはおさらば

 

もしあなたが「長時間労働なんて当たり前」と考える経営者のもとで働いていて長時間労働が普通になっているなら、社長が代わりでもしない限り職場が改善する望みも薄いでしょう。

 

なのでもしそんな職場で働いているのであれば転職して他の会社にいくぐらいしか長時間労働の問題を解決する方法はありまえせん。

 

もちろん、作業効率を上げて仕事を早く終わらせることができるようになってもそんな職場なら「はい、これ」と、新しい仕事を押し付けてくる可能性大です。

 

 

しかし、意を決して転職した転職先が「また長時間労働が普通の会社だったら…」。こう考えると転職するのも怖くなります。

 

おまけに今は大丈夫だったとしても会社の経営が悪化し、長時間労働を迫られる可能性だってゼロではありません。

 

「そんなの絶対に嫌だ!」と、長時間労働から脱出したい人に大切なのが転職力をつけるという考え方です。

 

この「転職力」という言葉は書籍、『君の働き方に未来はあるか?』で出てくる言葉ですが、同書籍内で転職力をつけるのに大切な要素として3つのスキルが紹介されています。

 

君の働き方に未来はあるか? 労働法の限界と、これからの雇用社会 (光文社新書)

新品価格
¥821から
(2016/12/5 21:29時点)

 

スキルには三つのタイプがあります。

 

一つ目は、どの企業であっても、仕事をしていく上で最低限必要なスキルです。社会人として備えておかなければならない当たり前の素養といってもよいでしょう。

 

中略

 

スキルの二つ目は、専門的なスキルで、どの企業でも通用する汎用的なものであり、三つ目はその企業でしか通用しないような特殊なものです。

P171 第六章「プロとして働くとは?」より引用

 

 

一つ目のスキルに関しては簡単に想像がつくでしょう。一言でいうなら「社会人としてのマナー」といったところでしょうか。

 

そして問題となるのが二つ目と三つ目のスキルです。同書籍内では転職力をつけるには2つ目の汎用的なスキルを高めることが重要とされています。

 

例えば、英語は海外の企業と取引しなければいけない機会が増えているグローバル社会において非常に汎用性の高いスキルの一つといえるのではないでしょうか。

 

あなたがもし営業として働いているのであればMBAをとるとか、他にもいろいろと選択肢は考えられます。

 

ここでは誰にでも分りやすいということで資格を例に挙げましたが、あなたの働いている業界で誰もが価値を感じるスキルであるなら商品知識でも人脈でも何でも構いません。

 

 

三つ目のスキルというのは先ほどの引用の中でも書かれているとおりその企業でしか通用しないスキルです。例えば、「その会社でしか扱っていない商品の知識」とか「社内でのコネクション」などがそうでしょうか。

 

あなたが働いている業界での二つ目のスキルが何なのか分かりませんが、他の企業でも魅力的に感じるスキルを身につけることであなたの転職力は上がり、もしも長い残業が求められるような職場で働くことになったとしても「長く働くのが嫌なら転職する」という選択肢をとりやすくなります。

 

なぜならあなたには他の企業が魅力的に感じるスキルがありますからね。

 

 

結局のところ、長く残業しなければ生きていけない今の会社にしがみつかなければいけない理由は次の転職先が無いかもしれないからです。スキルを磨き、転職力を高めることが残業だらけの職場に対する一番の対策になります。

 

もちろん、「まだ会社に入ったばかりだからすぐに転職はできない…」という新入社員の人もこのページを見ているかもしれません。

 

そんな人は少なくとも働きながらスキルを磨き転職力を高め、将来的には自分の理想とする職場で働ける転職力を身に着けるという計画性を持って行動すべきです。

 

 

ですが、「自分が将来何をしたいのかなんて分からない!」という人も多いと思います。自分が将来何をしたいのか分からないということは…

 

「将来どんな業界、どんな職種でどんな仕事をしたいか分からない」⇒「どんなスキルを身に着けていけばいいか分からない」⇒「転職力を上げることができない」⇒「長時間労働から逃れられない(可能性がある)」

 

 

となります。もちろん、自分が将来どんなことをやりたいかなんてちょっと考えただけでわかるものではありません。ですが、「なんとなく」でもいいので方向性ぐらいは持っておきたいものです。

 

誰でもできる!好きな仕事を見つけるための3ステップ!

 

 

もし、「どうやって将来の方向性を決めたらいいかなんてわからない!」 という場合、上のページが少しは参考になるかと思いますので、よければご確認下さい。

 

 

 

また逆に40代、50代になると、さすがに『君の働き方に未来はあるか?』で出てくる第二のスキルだけでは転職も難しくなってくるでしょう。

 

年齢に応じて転職時に持っておいた方がいいスキルや経験は変わってきますので、自分の転職力を高めるためにもマネジメントスキルなんかについてはよく学んでおくべきでしょう。

 

〇年目で仕事を辞めたい!転職におススメのタイミングは!?

 

 

転職時にそれぞれの年齢でもっていたほうがいいスキル、経験にいついては上のページでご紹介しています。

 

 

DODAで自分の転職力を確かめてみる!

DODA

 

 

 

派遣、限定性社員などの雇用形態で働く

 

ただ、このページを読んでいる人は今まさに長時間労働で苦しんでいる人だと思いますので、「こんな長い時間働きながらそんなスキルを身につけるなんて無理!」という方もいるのではないでしょうか。

 

そんな方に期間限定でおすすめなのが派遣限定性社員など、より自分の時間が確保しやすい働き方を一時的に選びスキルを身につけるための時間を確保することです。

 

 

長時間労働に対する解決策が”派遣で働く”といわれれば「そんなの受け入れられない!」と思うのが普通でしょう。

 

ですが正社員として働いているとどうしても企業の意図に逆らえず、ついつい残業させられがちなところ、派遣の場合は働いている企業との直接の契約ではないので、企業からの制約を受けずらいく残業時間も少ない傾向にあるのは事実です。(派遣でも残業をしているという方もいるでしょうが、正社員よりもその数は少ないでしょう)

 

この企業からの制約を受けずらいということを利用して「昔からやりたかった○○に挑戦する」など、すでにあなたの中で身に着けたいスキルがあるのだとすれば、派遣という働き方は人によっては非常におススメです。

 

 

また、最近増え始めている限定性社員というような新しい働き方も生まれています。

 

限定性社員とは「正社員でありがちな転勤、残業、職種の変更、といったものが無い、限定された形の正社員」で、最大の特徴はパートや派遣とは違い”無期限”の契約なので(正社員と同様の条件で)解雇される心配がないということ。

 

もちろん、無断欠勤や勤務態度が悪かったすると正社員同様、解雇されることはありますが、これまでの派遣やパート・バイトとして働いていた人にとって最大の不安である「いつクビにされるか分らない」という不安がなくなるのは大きなメリットといえるので、今注目を浴びている働き方といえます。(もしかするとあなたの企業でもそんな働き方を始めている人がいるかもしれません)

 

 

ただ、当然ながら正社員ほど手当てなどが待遇されないというデメリットもあります。

 

優遇されていないといっても社会保険や厚生年金といった仕組みは派遣も限定正社員も変わらないものの、やはり正社員だと勤務年数に従い給与が上がっていくのが普通ですし、ボーナスなどの特別手当ても出ますが、限定正社員のような働き方ではこういった面ではあまり期待できません。

 

どういった働き方をするかはもちろんあなた次第ですが、転職力を上げるスキルを学ぶため、もしくはとにかく労働時間を減らす短期的な作戦という意味で、こういった選択肢があることを知っておいてもらえればと思います。

 

 

転職力があるか確かめるには転職活動をしてみるのが一番

 

さて、ここまで長時間労働から脱出するための”転職力”というキーワードについて解説してきましたが、あなたのの転職力について測るには実際に転職活動をしてみるのが一番です。

 

そうすればすぐにあなたが転職市場においてどれぐらい価値のある人間なのかすぐにわかります。

 

正直、残念な結果となる方も多いでしょうが、もしそれであなたに転職力がありすぐに転職できそうなら、今の長時間労働を課せられる職場から逃れることもできます。

 

 

ただ、残業の長い職場で働いているなら「そもそも転職活動に割く時間がない!」という悩みもあることでしょう。

 

そこで利用して頂きたいのがDODAのような転職エージェントです。

 

DODA

 

 

 

DODAのような転職エージェントは初めての転職活動では時間がとられがちな履歴書、職務経歴書の書き方指南、面倒な面接日程の交渉などを代行してくれます。

 

要するに転職活動の負担が大きく減りますので、長い残業時間のなか転職活動を行いたい人には必須のサービスといえるでしょう。

 

 

国を頼る前に先ずは自己防衛を

 

正社員として働くことには本来企業が投資してスキルを身につけさせてくれるという大きなメリットも存在します。

 

正社員はその企業で必然的に長く働くことになるので、企業もそんな正社員には投資して成長させ、大きな戦力になってもらおうと考えるからです。

 

そのような企業なら社員とWin-Winの関係を築けるでしょうが、社員を長時間働かせなければやっていけないような企業ではそのような投資も期待薄です。

 

つまり、自分で自分を成長させない限りスキルは身につかない。結果、長時間労働から逃れることもできません

 

 

企業の経営者は労働者に対して長く働くことを求め、現状の法律では日本の長時間労働を防ぐことはできない(事実、防げいていない)ことからも法律(国)はあてにならない。となると、もはや自分の身は自分で守るしかないのです。

 

今、もしも「長く働かされ、成長も何も感じれない」という人はこのままでは一生、そんな長時間労働から脱出できないかもしれません。

 

転職して、長時間労働の職場から脱出できたとしても、(先ほどご紹介したとおり)またその職場が将来的に「長時間労働が強要されるような職場」にならないとも限りませんからね。

 

 

長時間労働に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

「まだ仕事を辞めたい理由が解決できない!」という人はこちら

仕事を辞めたい!~仕事を辞めるときに考えるべきこと!

 

 

 

 

 

このページの先頭へ