ライブチャット AV

転職エージェントのいろは!~転職サイトやハローワークとの違いって?

転職支援サービスまとめ&おススメランキング

 

 

会社を辞めたいと考えている人は早めに転職活動をしておくのがおススメです。

 

そうすることで自分の転職市場における価値もみえてきて、「転職はかなり厳しそうだからもう少し頑張ろうとか「意外に早く転職できそうだから今の会社は早めに見切りをつけよう」など、会社を辞める or 辞めないの判断基準も増えるからです。

 

 

そこで今となっては転職活動を行うときに必須のサービスともいえる転職支援サービスですが、大きく分けて、サイトに登録してサイトに掲載されている求人に自分で応募する転職サイトと、専任のアドバイザーと相談しながら転職活動を進める転職エージェントの2種類が存在します。

 

また、民間ではなく国によって運営されているハローワークも転職活動には利用可能ですが、それぞれの特性をよく理解して利用することが最も大切です。

 

 

 

転職サイトと転職エージェント、それぞれのメリット&デメリットは?

おススメなのは転職エージェント?転職サイト?

 

転職活動に利用できる民間のサービスは大きく分けて2つ、転職サイト転職エージェントです。

 

転職エージェントに登録すると、求職者一人ひとりに担当者(キャリアアドバイザーなど名称は様々)がつき、様々なサポートが受けられます。

 

転職エージェント 転職サイト
求人数
情報収集力 ×
サポート力 ×
転職成功率
転職スピード
気軽さ ×
費用

 

転職サイトとは、サイトに掲載されている求人に自分で応募することで転職活動を進め、担当者がつくこともありません。両サービスの特徴を表した表が上のものですが、それぞれ詳しくご紹介させて頂きます。

 

 

求人数(転職エージェント:〇 転職サイト:△)

求人数は転職エージェントの方が上!

 

あなたは非公開求人という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

この言葉を聞いたら「一般的に公開されていない求人のこと?」と思われるかもしれませんが、それは違います。これは転職サイトに掲載されていない求人のことです。

 

 

転職エージェントは大きく分けて2つの活動を行っています。それは…

 

  • 営業が企業に求人をもらいに行く
  • 営業がもらってきた求人をキャリアアドバイザー(担当者)が求職者に紹介する

 

の2つです。そして営業が企業から求人をもらえたとして、「御社の求人を弊社の転職サイトの方にも掲載しますか?」と聞くわけですが、このときに企業がNoというとその求人は転職サイトには掲載されません。

 

これが非公開求人です。企業側からすると転職サイトに求人を応募すると候補者にもなりえない多数の応募者から連絡が大量に届くため、はっきりいって面倒なんですよね。

 

 

そこで転職エージェントの出番です。転職エージェントのキャリアアドバイザーが「この人は!」と思う人を厳選して企業に紹介してくれるので、企業側からすると求人に対する申込者を選ぶ手間が省けるメリットがあります。

 

逆にこちら側(求職者)からすると転職サイトには掲載されていない求人に申し込める(可能性がある)わけですから、これは転職エージェントを利用する大きなメリットで、非公開求人にも応募できる転職エージェントの方が求人数に関して多い傾向にあります。

 

 

 

情報収集力(転職エージェント:〇 転職サイト:×)

情報収集力

 

転職サイトではWeb上で公開されている情報しか閲覧することができず、それ以上のことは想像するしかありません。

 

ですが、転職エージェントなら実際に営業が企業に訪問し、具体的にどんな人物が必要とされているのかヒアリングしていることから「この企業には〇〇さん(←あなた)のこういった特徴を主にアピールすべきです」といった、より突っ込んだ提案が可能です。

 

 

そういった企業内部の情報に精通している担当者と転職活動を行えたとしたら、当然転職の成功率は上がります。これは転職サイトで自分だけで転職活動を行っている人はにはない大きなメリットと言えます。

 

 

サポート力(転職エージェント:◎ 転職サイト:×)

転職エージェントはサポート力に優れている!

 

転職エージェントに登録することであなたに担当者がつくわけですが、担当者はあなたの転職成功のために様々なサポートをしてくれます。

 

  • 希望キャリアのヒアリング
  • 履歴書、職務経歴書の修正
  • 模擬面接
  • 面接日程交渉、給与交渉

 

などなど。他にも選考が進むにつれて具体的なアドバイスをもらえたり、転職活動の様々な面でお世話になることになります。

 

特に転職エージェントに登録することで行われる担当者との初回面接ではどのような企業に転職したいのかヒアリングが行われますが、その際に「あなたの強みを活かすならこういった企業もありますよ」と、優秀な担当者なら自分の頭の中になかったものの、自分の希望にドンピシャな求人を紹介してもらえたりします。

 

これは一人で転職活動を進める転職サイトとは違い、転職エージェントを利用することによって得られる非常に大きなメリットです。

 

 

転職成功率(転職エージェント:〇 転職サイト:△)

転職エージェントは転職成功率が高い!

 

ここまで見てきた通り、転職エージェントに登録すると担当者から手厚いサポートを受けられるため、転職サイトで求人に申し込むよりも成功率が高いのは当たり前です。

 

ですが、結局のところ転職が成功するかどうかの大きな要素はあなたのスペック次第ということ。なので、あなたが大変優秀で転職力が高いのであれば、転職サイトを使ったとしても転職活動はスムーズに進むはずです。

 

逆にいくら転職エージェントを使ってもあなたのスペック次第では転職も難しくなります。なのでこの転職成功率はあくまで参考程度のものになります。

 

ちなみに”転職力を高める”話については長時間労働から脱出するには?のページにて解説していますので、興味のある方はよければ確認してみてください。

 

 

転職スピード(転職エージェント:〇 転職サイト:△)

転職スピード

 

担当者の手厚いサポートがあるため、転職に至るスピードに関しては転職エージェントの方が早い傾向にあります。

 

先ほども紹介した通りもちろん、あなたのスペック次第では転職サイトでもすぐに転職できるでしょうが、面接対策や情報収集力において優れている転職エージェントの方が転職までよりスムーズにたどりつけるはずです。

 

今の仕事を「辞めたい…」という方の場合、仕事を続けながら転職活動を続けられるぐらいの”辞めたい”度合いなら話は別ですが、「もう今すぐ辞めたい!」「というかもう辞めた!」という人の場合、生活のためにも早く次の仕事を見つけたい人もいることでしょう。

 

 

もちろん、これから自分のキャリアを大きく方向転換するというのであれば、これからのキャリアパスについてじっくり考える必要があるのであまり転職を急ぐべきではないです。

 

ですが、自分のやりたいことはよくわかっているのであれば、早くそのやりたいこを実現するための次の職場に転職したいところです。そんな人には転職エージェントは大きな力となってくれます。

 

 

気軽さ(転職エージェント:× 転職サイト:〇)

 

気軽さに関しては、登録した後にわざわざ担当者との面談にいかなければならない転職エージェントより、Web上ですぐに求人を確認できる転職サイトの方が上です。

 

なので、そこまで真剣に転職を考えていないのであれば「とりあえず転職サイトに登録してどんな求人があるのか確認してみるか…」なんて感じでいいでしょうが、もし真剣に転職を考え始めたのなら転職エージェントの利用も検討してみるべきでしょう。

 

 

費用(転職エージェント:〇 転職サイト:〇)

 

転職エージェント、転職サイト、どちらの利用も無料です。内定後にお金を取られることもありません。

 

両方とも代わりに企業側からお金をもらっています。ただ、企業側に利用料が発生するタイミングは違い、転職エージェントは「求職者が入社した」時点で、転職サイトは「広告を掲載した」時点で料金が発生します。(転職サイトでも「求職者が入社した時点」で費用が発生するものもあるようです)

 

どちらにせよ、求職者がお金を払うことはないということです。

 

 

転職エージェント&転職サイトとハローワークの違いって?

ハローワークとの違いって?

 

ちなみにハローワークと上記2つのサービスの違いはなんなのでしょうか?

 

最大の違いは国が運営している職業斡旋サービスなので、企業側にお金がかからないという点です。つまり、どれだけ経済的に余裕のない企業でもハローワークに求人を出すことができるため、求人の質に関しては玉石混合です。

 

 

転職エージェントに人材を紹介してもらって入社した場合、企業はその人の年収の20~30%ぐらいのマージンを転職エージェントに支払ことが多く、つまり一人あたりの採用費用にだいたい100万円ぐらい掛かっているということですね。

 

決して小さくない額です。これだけの費用をかけるだけ経済的に余裕のある企業ということは、企業規模もそれなりに大きなものになってきます。なので転職エージェントには大企業含め、大きめの規模の企業求人も多いですが、逆にハローワークには零細企業中小企業の求人が多いです。

 

 

このため、転職エージェントや転職サイトを利用する以上に注意したいのが「この企業に就職して将来倒産したりしないんだろうか…?」という視点をもって転職に挑むことです。

 

経済的な余裕のなさから「せっかく転職したのに1年で倒産してしまった!」なんてことになったら、また転職活動を再開しなければなりませんし、面接時に「どうしてそんな会社に入社したのですか?」と、見通しの甘さを指摘されることになりかねません。

 

 

もちろん、ハローワークでは転職エージェントや転職サイトは求人が載っていないあなたにとってピッタリな企業が見つかる可能性もあります。ですが、上記のようなリスクがあることもしっかりと覚えておいてください。

 

 

ここだけは注意!転職エージェントを利用する上での注意点!

ここだけは注意!転職エージェント利用時の注意点!

 

ここまで転職エージェントと転職サイト、またハローワークのそれぞれのメリットとデメリットをご紹介しましたが、転職エージェントを利用する上で最大の注意点が担当者の質です。

 

というのも、上の表で紹介した転職エージェントのメリットは”あなたが優秀な(もしくは普通以上の)担当者に巡り合えたら”という前提条件のもとで紹介しているからです。

 

となると気になるのが優秀じゃない担当者ってどんな人なのかということですが、下記のような担当者には要注意です。

 

  • 高圧的、横柄な担当者
  • 紹介した求人に無理やり応募させようとする
  • 紹介する求人が的外れ
  • 仕事中に電話をかけてきたり、会社のメールアドレスに連絡されたり…

 

 

高圧的、横柄な担当者

 

高圧的、横柄な担当者というのは説明するまでもないですよね。話していて「なんだか上から目線で不快」に感じたりする人と、一緒に転職活動を進めても精神的に負担となるだけです。

 

紹介した求人に無理やり応募させようとする

 

また担当者のなかには自分が紹介する求人になんとか応募、内定させようとする担当者もいます。彼らにもノルマがあり、それを達成するために転職を成功させようとする気持ちは分からなくないですが、それが明らかにわかるような担当者はアウトです。

 

もちろん、担当者によっては「本当にあなたにとってメリットの大きな求人だから」親身に提案してくれているパターンもあるでしょう。どっちか分からないときは「なぜ自分にそこまでおススメなのか?」具体的に質問して判断するようにしてください。

 

紹介する求人が的外れ

 

担当者の質は紹介してくれる求人内容でも判断することができます。

 

例えば、とにかく希望にあっていそうな求人をとにかく手当たり次第に渡してくるような担当者。それら希望にあっていそうな求人の中から特におすすめのものを精査するのも担当者の役割で、そういった紹介の仕方をしてくるぐらいなら転職サイトを利用して自分求人を選んだほうがいいぐらいです。

 

また、紹介される求人が自分の希望に合っていないようなものばかりの場合も、担当者の都合(ノルマの達成など)で求人を紹介していると考えられますのでよくありません。

 

 

もちろん、「こういった理由であなたにはこっちの求人の方がおススメだから…」と、しっかりこちらを納得してくれた上で、もともと希望していた求人とは違うタイプのものを紹介してくれるのならOKですが、上記2タイプのような求人の紹介をされた場合は注意が必要です。

 

仕事中に電話をかけてきたり、会社のメールアドレスに連絡されたり…

 

担当者の中には仕事中にも関わらず遠慮なく何度も電話をかけてくるようなタイプの人もいます。

 

もちろん、緊急で伝えたいことがあるためやむおえなく…というのであればまだいいのですが、何度もかけてこられたら仕事の邪魔です。

 

また、あなたが働きながら転職活動をしているのなら社内の人にはできるだけバレずに進めたいはずです。上司にバレでもしたらトラブルのもとになりかねませんからね。

 

そんな状況で会社のメールアドレスに連絡をするというのはご法度です。あまり相手のことを考えられない担当者と考えられ、転職活動を一緒に進めるパートナーとしてはあまり適していません。

 

 

レベルの低い担当者に当たってしまったときの解決策

質の低い転職エージェントに当たってしまったときの対処法

 

それではこういったレベルの低い担当者に当たってしまった場合、どうすればいいのでしょうか。考えられる解決策は2つです。

 

  • エージェントごと変更する
  • 担当者を変更する

 

先ず一つ目のエージェントごと変更するという解決策について。

 

あまり気にする必要はないのですが、人によっては「担当者の変更を告げるのはなんだか気まずい…」と感じる方もいます。正直、向こうからしたら”あなたが転職に成功してなんぼ”の世界なので、担当者を変更してあなたが転職してくれるなら願ったりかなったりです。

 

ですが、どうしても気まずいという場合、エージェントごと変えてしまうのが一番です。なんの後腐れもありませんので。

 

 

ただ、「このエージェントに紹介してもらったこの求人にどうしても申し込みたい!」、でも担当者がいまいち…というときは担当者の変更を要求するしかありません。

 

例えばDODAなんかはご親切に「担当キャリアアドバイザー変更フォーム」なるものが用意されていて、このフォームを通して簡単に担当の変更依頼を行うことができます。

 

他の転職エージェントにもこういった仕組みが用意されていることもあるので、担当を変更したくなった際はぜひ確認してみてください。(「転職エージェント名+担当変更」と検索すれば関連ページがトップに表示されるはずです)

 

 

また、もしそのようなフォームが用意されていなかったとしても、各社用意しているお問合せフォームから担当を変更したい旨を…

 

  • あなたの名前
  • 担当者名
  • 変更したい理由(業界知識の乏しさ、返答の遅さなど)

 

など書いてメールを送ればだいたいの転職エージェントは対応してくれるはずです。

 

とはいうものの、いくらこちらがお客だからといって「単純に気に入らないから!」といった理由で担当者をころころ変えていたら、エージェント側から面倒な客と認識され、今後ろくに相手にされないことも考えられます。

 

なので、担当を変更する際はあくまで礼儀正しく、相手はビジネスパートナーなのだということを忘れないようにしてメールを送りましょう。

 

 

おススメの転職エージェントランキングは?

 

では、転職エージェントを利用する上での注意点も把握したところで、具体的にどんな転職エージェントに登録すればいいのでしょうか?

 

「転職エージェントランキング」を確認する!

 

 

上のページでおすすめの転職エージェントをご紹介していますので、よければ参考にして頂ければと思います。

 

 

ちなみにですが、転職エージェントに登録する際は働きながらなら1~2社、辞めてからなら3~5社、複数のエージェントを同時に登録して併用しながら利用するのがおススメです。

 

エージェントが保有している求人しかり、「どっちの担当者の方がいいか」など、各エージェント毎のサービスの質を比較しながら転職活動を行えるのがその大きなメリットです。

 

一つの転職エージェントしか利用しておらず、求人の質や担当者の質、どちらもなんだかイマイチに感じるものの「転職エージェントなんてこんなもんだよな…」と妥協してしまったものの、実は他のエージェントならもっと求人を紹介してもらえたり、質の高い担当者のもとより理想的な転職を実現できていた、なんてこともあります。

 

 

転職というある意味これからの人生を左右しかねない一大イベントですからね。転職活動を一緒に進めるパートナー選びもまさに結婚相手を選ぶぐらい慎重に選んでもらえればと思いますが、そのために複数利用して比較してみるのが一番ですので。

 

転職エージェントを利用して理想の転職先を見つけるための手助けになれば幸いです。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ